一手間加える価値あり!セリアの木製ボックスをかっこいいスチールロッカー風にリメイク☆

100円ショップで様々なサイズが揃うウッドボックス。
シンプルな形に飽きてしまったら、思いきって形を変えて組み合わせてみるとステキなボックスに大変身♪

今回、セリアのパーテーションボックス2つを使ってスチールロッカー風にリメイクしてみました。
ノコギリで丁寧にカットして、組み合わせてペイントするだけ。夏の工作にもおすすめなアイデアです(^-^)/

  • 48826
  • 269
  • 0
  • いいね
  • クリップ

セリアの木製パーテーションボックス

セリアのパーテーションボックス2つをリメイクしてロッカー風にしていきます。
箱の大きさや仕切り板の位置に若干個体差があったので、お店でよく比べて見て買いました。

ガイドをつける

ボックスはそのままの形で組み合わせるのではなく、2つのボックスをカットして一体感ある形にしていきます。

出来上がりのイメージを決めて角度を考え、ガイドになる線を引きます。

線を引いた通りにボックスをカットしていきます。
薄い板なのでノコギリで簡単に加工できますが、あまり力を入れてしまうと板が外れたりするので、ゆっくり丁寧にカットしました。
横幅の長さ分残った板は後で使うので捨てずにとっておきます。

組み立て

断面は紙ヤスリを使ってキレイにし、2つのボックスを合わせます。
接着する面にボンドを塗り、クランプやクリップを使って圧着します。

念のため、下のボックスの内側から短いネジを使ってボックス同士をさらに固定しました。

ボックスとボックスの継ぎ目、正面から見た部分を隠すように、先ほど取っておいた横幅の長さの板をボンドで取り付けます。

カットがまっすぐではなかったのか、板が浮いてしまったので、釘を打ってしっかりと固定しました。

カットした2つのボックスを組み合わせてこのような形になりました。

ペイント(下地)

最終的には全体をスチール風に、シルバーにしようと思っていますが、下地としてグレーのペンキを全体に塗ります。
ペイントするときはボックスの内側や背面などの塗りにくいところから先に塗っていくと手も汚れずに塗装できます。

アクリル絵の具

グレーのペンキが乾いたら、ダイソーのシルバーのアクリル絵の具を使って全体を塗ります。

スプレーペンキ

アクリル絵の具を塗り終わりましたが、絵の具だけでは光沢があまりなかったので、よりスチールっぽい感じを出すためにシルバーのスプレーペンキを吹きかけます。

絵の具だけの時よりも光沢が出て、色味は納得です!

仕上げ

使い込んだヴィンテージ感を出すために、セリアのアクリル絵の具(ローアンバー・焦げ茶色)を角の部分に塗ります。

絵の具を筆の先に少量つけ、ステンシルをする時のようにトントンと叩きながら色を塗るとグラデーションになってよりリアルになります。

完成

フェイクグリーンや雑貨を飾って完成です!
シルバー+ヴィンテージ加工にしたので、ノスタルジックな雰囲気も出て雑貨やグリーンが引き立ちます。

シンプルなボックスも、カットして形を変えてペイントすれば100円ショップのものとは思えない仕上がりに♪

鋸と塗料など、手に入りやすいもので作れるので夏の工作におすすめ☆

置くだけでオシャレなボックスは、雑貨を飾ったり撮影の背景に使ったり色々な使い方ができます。

ちょっと一手間加える価値あり!ワンランクアップするボックス作りの参考になればと思います(^-^)

閲覧いただきありがとうございました☆


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 48826
  • 269
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード