その悩みの原因もしかして……決して放っておけない「家の傾き問題」とは?

「家の傾き」と聞いて、何を想像しますか? 「いまいち、ピンとこない……」。大半の人が、そう思うでしょう。今回取り上げるのは、家の傾きが他人事とはいえなくなる、“あるお話し”です。本来、リラックスできる場所であるはずの家が……もしかしたら、不安をつくり出す空間になっているかもしれません!

レフトハウジング

決して他人事ではない! 家の傾き

家の傾きといっても、深い関心を持っていない人が大半でしょう。自宅で暮らしていて「自分の家が傾いている!」なんて感じることも、友達の家に行って「この家、結構傾いてるなあ」と感じることも、めったにありません。私たちは、知らず知らずのうちに、「家は水平で”当たり前”」だと考えているのです。

しかし、日本が地震大国であることも確か。土地によっては、地震が地盤沈下や液状化現象を引き起こしてしまうことも……。地震の多い国だからこそ、家が傾いてしまう可能性も高いということは頭に入れておくべきことでしょう。

なぜ、家が傾いてるとダメなのか?

そもそも、なぜ家が傾いているとダメなのでしょうか? 弊害がなければ、放っておけばいいはず。けれども、そうはいかない2つの理由があるんです。

■理由その① 「精神的にストレスの原因になることも?」

平らなところが傾いていると、平衡感覚が狂ってしまいめまいや吐き気、頭痛を起こすこともあるそうです。

それだけでなく、丸いものが転がってしまったり、ドアが自動で開いてしまう・閉まってしまうということがあると、それがものすごく気になってしまいますよね……。気を休める場として「家」はとても重要な場所。そこでリラックスできないのは辛いことです。


■理由その② 「資産価値が大幅に下がってしまうかも……」

「家を今すぐに売りたい」人でなければ、すぐに困ることはないかもしれません。しかしながら、自分の大事な資産である「家」の価値が大幅に下がってしまう可能性もあります。将来は家を売ることを考えていたり、賃貸にしたい……といったことを考えている人にとってはもちろん、多くのご家庭にとって大きな資産である家の価値が下がってしまうことは、重大な関心事ですよね。

家の傾きって自分で測れるの?

結論からいえば、「測れます」。具体的には、ビー玉を転がしたり、水準器(ホームセンターで購入可)を用いたりする方法があります。しかし、精度的に正直、不十分なことも。水準器を用いたとしても、ミリ単位で正確に把握することは難しいです。

そこで今回おすすめするのが、〔レフトハウジング〕の《無料レーザー診断・測量サービス》! 何と、「完全無料」で受けることができるんです。

〔レフトハウジング〕が選ばれている理由とは?

〔レフトハウジング〕の《無料レーザー診断・測量サービス》は、次の3つの理由から、現在多くの方たちに支持されています。

選ばれる理由その①「確かな“高い技術力”を持った専門スタッフがいるから」

まず一つめに挙げられるのが、〔レフトハウジング〕の持つ技術力。累計工事数は「700棟」を超え、行政からも依頼があるほどなんです。せっかく任せるなら、やはり技術に詳しい”専門家”にお願いしたいですよね。工事経験の多い〔レフトハウジング〕なら、安心! 経験豊富な専門スタッフが親切かつ丁寧に相談に乗ってくれます。

選ばれる理由その②「本格的なレーザー診断・測量サービスが“完全無料”だから」

〔レフトハウジング〕の《無料レーザー診断・測量サービス》は、レーザーによる本格的なミリ単位の測量が可能。また、下の写真のような「詳細な測量図」を「完全無料」で作ってくれるんです! 自宅のどの部分がどれくらい沈下してしまっているのかを、素人でもすぐにわかるような資料で把握できるのは、ありがたいですよね。

「0」と書いてある箇所が家の中で最も高い場所。そこを基準にどのくらい家が沈下しているかを記した詳細な測量図をもらうことができます(単位はmm)

選ばれる理由その③「測量は“約30分”! ちょっとの空き時間に依頼できちゃう」

ここまで読んで、「そうはいっても、どうせ手間がかかるんでしょ」とお思いの方……それは、違います。実はこの《無料レーザー診断・測量サービス》は“約30分”で完了するんです! これなら家事やお仕事などで忙しい平日でも頼みやすいし、ゆっくりしたい休日の時間を邪魔することもありません。

ちょっとした空き時間で頼むことができるのは、うれしいポイントですよね。

まずは、無料お問い合わせ♪

家の傾きが完全無料で調べられる、〔レフトハウジング〕の《無料レーザー診断・測量サービス》。本格的な診断と測量をしてもらえるので、ぜひ活用してみてくださいね!

  • 21047
  • 38
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー