TOTO・DAIKEN・YKK AP共同リリース「TDY札幌コラボレーションショールーム」7/29(土)グランドオープン

TOTO、DAIKEN、YKK APの3社は、リモデルに関する情報発信拠点として、北海道内で初となる「TDY札幌コラボレーションショールーム」を2017年7月29日(土)にオープンしました。

  • 1611
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「水回り→内装→ドア・窓」ワンステップで見れるショールームが登場

「TDY札幌コラボレーションショールーム」は、大型商業複合施設「サッポロファクトリー」の隣接エリアに移転しグランドオープンします。2009年から運営するTOTO、DAIKEN2社による「TD札幌コラボレーションショールーム」に、今回新たにYKK APショールームが加わりました。

3社一体のショールームは、水まわり(TOTO)、フローリングや内装ドア(DAIKEN)、窓や玄関ドア(YKK AP)などTDY商品をワンストップで確認できます。また、北海道の気候にあわせた商品紹介や展示コーナーも設置されます。

新ショールームは、TDYの連携強化による、規模拡大と機能拡充を図り、環境に配慮しながら快適な暮らしを実現するグリーンリモデル(※)に取り組みます。

道内初のTDY3社のコラボレーションショールーム「TDY札幌コラボレーションショールーム」の特長

TDY3社によるコラボレーションショールームは道内初。ロードサイド型のTDYコラボレーションショールームとしては、全国で最大の展示面積となります。人気の高い大型商業複合施設「サッポロファクトリー」向かいの好立地であることから、多くの方々のお車での来場を想定し、50台以上駐車できる大型駐車場を設置。また、2階のTDYショールームフロアにある37坪のイベントスペースは、2部屋に分割することができるため、様々なイベントにも柔軟に対応することができます。

各社の展示内容

●水まわり(TOTO)

清潔で快適な最新水まわり商品の機能性やデザインを分かりやすく展示しています。浴室コーナーでは、洗面化粧台とのコーディネートを紹介する空間展示や、システムバスルーム「サザナ」の最新機能「お掃除ラクラクほっカラリ床」、「お掃除ラクラク鏡」などの体感キットを用意。調理のしやすさにこだわったスイスイ設計のシステムキッチン「クラッソ」も多数展示されます。トイレコーナーには、優美な曲線を描き極上のおもてなしを提供する2017年8月発売の「ネオレストNX」を北海道で唯一展示されています。また、体験トイレには住宅向け商品に加え、パブリック向けの商品も設置しTOTOのトイレ技術を体感することができます。

●内装建材(DAIKEN)

お部屋のイメージを膨らませやすいよう、玄関やリビングの空間提案コーナーに加え、書斎・ペット・子ども部屋など、様々な暮らしのシーンに応じたテーマ別の展示コーナーも設置されています。さらに、本格的なホームシアターが体感できるサウンドルームや、大容量の壁面収納「ミセル」をはじめとする、収納製品の使いやすさを実感できるコーナーもあります。また、新しい和の空間のコーナーでは、2017年の6月新発売の壁材「ハピアウォール」や機械すき和紙製の畳などを組み合わせた、高級感のある空間展示も設置されています。

●窓、玄関ドアやエクステリア(YKK AP)

全国のショールームで初めて“玄関ドアの断熱実験機”を設置。北海道の冬(外気温-25℃~-5℃)を再現し、窓だけでなく、玄関ドアにおいても高断熱商品の効果を実感できます。さらに、北海道の気象条件に合わせ、積雪対応のカーポートや、風除室、サンルームなどのエクステリア商品のほか、凍害の恐れの無い金属サイディングを、トータルコーディネートで空間展示。また、“北のブランド”にも選ばれた高断熱樹脂窓「APW430」を中心にした高断熱窓はもちろん、「かんたん マドリモ」「かんたん ドアリモ」などの窓・玄関リフォーム商品の展示コーナーも充実しています。

「TDY札幌コラボレーションショールーム」概要

<名称>
TOTO・DAIKEN・YKK AP 札幌コラボレーションショールーム

<所在地>
〒060-0033 北海道札幌市中央区北3条東4丁目1番地10

<交通案内>
JR札幌駅より 徒歩12分
札幌市営地下鉄東西線 バスセンター前より 徒歩5分
道央自動車道札幌北ICより 約10分

<電話番号>
TOTO: 0120-431-010
DAIKEN: 011-207-4440
YKK AP : 0120-4134-55

<営業時間>
10:00~17:00

<休館日>
毎週水曜日(但し、祝日の水曜日は開館)、夏季休暇、年末年始

<展示面積>
約522坪 (TOTO約243坪、DAIKEN約130坪、YKK AP約149坪)

※グリーンリモデルとは
2008年から提唱している、TOTO、DAIKEN、YKK AP 3社共同のコンセプトです。各社それぞれの技術を活かしコラボレーションすることで、「健康配慮」「長もち住宅」「CO2削減」の3つのテーマを実現する商品・空間づくりを提案。家族それぞれのライフスタイルや暮らしの夢に応えながら、人にも地球にもやさしい住まいを実現する取り組みです。
*詳しくは「リモデル.jp」を参照


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 1611
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家族でお得に出かける旅情報!人気の温泉宿やテーマパーク近くのホテル、観光スポット、交通機関の利用方法など、思わず「おでかけ」したくなるような情報をLIMIA目線…

おすすめのアイデア

話題のキーワード