ビルトインタイプの食洗機の交換。 パナソニック製。 旧型との交換であれば、自分で取り付け出来ます。

ビルトイン食洗機は交換であればDIYで取り付きます。

  • 31501
  • 26
  • 1
  • いいね
  • クリップ

以前使っていた食洗機が故障したので業者に見積もりを依頼したらなんと20万円近くかかるらしい。

本体だけならネットで売っているので自分で取り付けをする事にしました。
7万円くらいで仕上がりました。

案外簡単です。
洗濯機が交換出来る腕があれば自分で出来ます。

但し簡単に出来るのは交換時のみです。
新規に設置する場合は、電源、給水、排水の引き伸ばし工事が要りますので、業者さんに依頼して下さい。

取り付けた製品は
Panasonicのビルトインタイプ食洗機
型番 NP-45MS6S です。

フロントパネルは化粧合板がオプションで取り付け可能ですが、純正品はびっくりするくらい高価ですのでホームセンターで黒のアクリルパネルを購入してセットしました。

食洗機の下側

食洗機の下のスペースに給水、排水、電源があります。
交換であれば全て備え付いていますので、繋ぐだけです。

給水ホース接続(室内作業)

給水部分です。

オレンジ色のホースが床下から上がってくる給水ホースです。
我が家はエコキュートなので温水65℃接続しています。

給水は冷水接続でも問題は無いようですが、熱湯接続は不可ですのでご注意下さい。

食洗機から出ている白いホースを水栓に繋ぎます。
交換であれば金具部分までは既設配管が来ているので、スパナかモンキレンチねじ込むだけです。

水栓金具の天井部分に水栓止めがありますので、作業の際はマイナスドライバーで締めておいて下さい。

排水ホース(床下作業)

床下の状態です。

排水ホース(白いホース)を排水管(黒いパイプ)に接続するために、床下収納スペースから床下に潜って繋ぎます。

排水側は水圧が掛かりませんので締め付けは不要です。

差し込んでクランプで止めるだけです。

床下に潜る作業は、ちょっと面倒かも知れません。

本体固定(室内作業)

食洗機本体の固定は、この金具(シルバーの部品)をネジで取り付けて固定します。

本体の下に左右2箇所あります。

取り付けに関する詳細な手順は設置説明書が入っていますので、読んで頂ければ分かると思います。

  • 31501
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

その他

インテリアもエクステリアも機能的でシンプルなデザインがお気に入りです。暮らしを便利に快適にアレンジするために、これまでいろいろ作ったり買ったりしたものを紹介して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード