シミ落としに使うだけじゃない! 洗濯漂白剤の基礎知識と正しい使い方

『漂白剤』というと、「シミや汚れを落とすときに使うものでしょ」と思っていませんか。でも、実は、それだけじゃないんです。漂白剤のことを知って、上手に使えるようになると、洗濯がもっとキレイで快適になります。洗濯漂白剤の基礎知識と正しい使い方を紹介します。

  • 11056
  • 98
  • 0
  • いいね
  • クリップ

漂白剤には、どんな効果があるの?

漂白剤というと、食べこぼしや襟袖の皮脂汚れ、泥汚れといった普通の洗濯では落とせないシミに使うものと思っているかもしれません。でも、その他にも知っておくと便利な使い方があります

漂白剤というと、「シミや汚れを落とすもの」「色落ちしてしまうから、色柄ものには使えない」と思っていませんか。もちろん漂白剤には、普通の洗濯だけでは落ちにくい頑固な汚れを落とす漂白効果がありますが、それだけでなく、除菌・消臭といった効果もあります。また、漂白剤にも種類があって、色柄ものに使えるものもあります。

汚れのひどい特別なときに使うものではなく、日常の洗濯で使用することで、より洗濯が快適になることも。例えば、洗濯を繰り返すことによる洋服の黄ばみや黒ずみを防いだり、部屋干しのときの嫌なニオイを減らしたりする効果などがあるんです。

漂白剤には、どんな種類があるの?

洗濯に使われる漂白剤には『塩素系漂白剤』と『酸素系漂白剤』の二種類があります。

塩素系漂白剤というと、キッチン用のものが一般的。塩素系は白物しか使えないため、使用頻度は高くありません。洗濯用の塩素系漂白剤もありますが、成分はあまり変わりませんので、兼用してもOK。

まず塩素系漂白剤とは、ざっくり言うと、真っ白にしてしまう漂白剤です。『漂白剤』というと、この塩素系漂白剤のイメージが強いようです。

漂白力が強く、色のある洋服に少し垂らすだけでも、その部分だけ色が抜けてしまいます。綿や麻、ポリエステルなどの水洗いできる白いものだけに使えます。除菌・消臭力も強力ですが、それだけに生地を傷めてしまうこともあるので、どうしても落ちない汚れを落とす場合だけに使うことをおすすめします。直接手で触れると、手がヌルヌルしたり、荒れたりすることがあるので、注意してください。

粉末の酸素系漂白剤。漂白力が高く、つけ置き洗いに便利です

一方、酸素系漂白剤は、色柄ものにも使える漂白剤。通常の洗濯ではこちらを使用します。

粉末と液体があり、粉末の方が漂白力は高く、水に溶かしてつけ置き洗いするのに効果的。例えば、屋外の部活で使ったユニフォームなど、洋服全体にシミや汚れがあるときには、粉末が使いやすいです。

毎日の洗濯に使いやすいのが液体の酸素系漂白剤。きちんと洗濯していても、いつの間にかついてしまう黄ばみや黒ずみを防ぐ効果があります

液体は漂白力が粉末より穏やかで、水洗いできるウールやシルクなどにも使えます。部分的なシミや汚れに直接塗って使ったり、洗剤と一緒に毎日の洗濯で使用すると、衣類全体の黄ばみや汚れを落としたり、除菌力を高めることで部屋干しのときに起こりやすい嫌なニオイを防ぐことができます。

なお、酵素系漂白剤は基本的に色落ちはしませんが、色の濃い衣類などは水気をつけるだけで色落ちにつながることがあります。商品の説明をよく読み、使用できる素材の確認をし、目立たないところで色落ちのチェックをすることをおすすめします。

洗濯の前? 後? 漂白剤はいつ、どんなふうに使うの?

漂白剤にどんな効果を期待するかによって、使用するタイミングは変わります

漂白剤をどのタイミングで、どんなふうに使うと効果的なのかは、その目的によって変わります。

例えば食べこぼしのシミなど、部分的についた頑固な汚れを落としたいときには、液体の酸素系漂白剤を直接汚れに塗って、そのまま洗濯機に入れて洗いましょう。そのときに注意したいのは、漂白剤を塗ったら、すぐに洗濯機を回すこと。乾いてしまうと、余計に頑固なシミになってしまうことがあります。

漂白剤を溶かしたお湯につけ置きすると、洋服全体についてしまったシミや汚れに効果があります

また、時間が経ってしまった頑固な黒ずみや黄ばみ、洋服全体についてしまったシミや汚れには、液体もしくは粉末の酸素系漂白剤と洗濯洗剤を40℃程度のお湯に溶かし、30分程度漬け込みます(粉末の漂白剤の場合は、洗濯洗剤はなしでも漂白効果が十分にあります)。あまり長時間つけ置きすると、色落ちや素材の痛みの原因になることがあるので、長くても2時間程度にしておきましょう。つけ置きに使う漂白剤の分量は、洗剤の説明記載の指示に従ってください。その後、つけ置きした水ごと洗濯機に入れて、洗います。

部屋干しのニオイを防いだり、衣類の黄ばみや黒ずみに対し予防的に使うときには、洗濯洗剤と一緒に液体の酸素系漂白剤を入れて、洗濯機を回します。洗剤だけでは汚れが残っているように感じるときにも、漂白剤を使うと、さっぱりと洗い上がることがあります。

いろいろとある漂白剤、全部揃えなきゃダメ?

塩素系漂白剤、粉末および液体の酸素系漂白剤の特徴と使い方を紹介しましたが、これらを全部揃える必要はありません。

まず塩素系漂白剤は白物以外には使えませんので、あまり使用頻度は高くありません。日頃から洗濯用として揃えておく必要はないでしょう。むしろ塩素系漂白剤はキッチン周りの除菌に使われることが多いです。成分はあまり変わらないので、キッチンで使っているものを洗濯に兼用してもOK。

シミ落としはもちろん、全体の汚れを落とすとき、部屋干しのニオイを防ぐときなど、全般に使えて使い勝手がいいのは液体の酸素系漂白剤です。日常用に一本揃えておくのがおすすめ。屋外作業や泥や食べ物など、落としにくい頑固な汚れがつくような生活をしているのであれば、粉末も備えて、つけ置き洗いができるようにしておくと便利です。

最近の洗濯洗剤は洗浄力や除菌力も高まっていますが、それに加えて、漂白剤の使い方をマスターしておくと、より衣類を長く気持ちよく着ることができるはずです!

  • 11056
  • 98
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード