お菓子のアドベントカレンダー|かまゆみ【工作玉手箱】vol.6

  • 27
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

季節のイベントを親子で知って、作って、 楽しめる、隔月連載コラム&工作レシピ。

かまゆみ
アートクリエイター&子供絵画工作専門家。メディアの工作監修、制作、執筆のほか、企業や教育現場などで講師を務める。

お菓子のアドベントカレンダー

【用意するもの】

●梱包用ダンボール箱
●色画用紙
●茶封筒
●デコレーションボール
●マスキングテープ
●両面テープ
●クリスマス飾り
●お菓子
●はさみ
●鉛筆
●シール
 
【作り方】

①ダンボールでA3サイズぐらいのカレンダーの土台を作ります。A4ぐらいの大きさを2枚、貼り合わせる時は両面テープを使うと、しっかり貼り付けられるのでおすすめ。

②今回は、画用紙で屋根とえんとつを作って「サンタさんがやってくるおうち」にデコレーション。両面テープを使って屋根やえんとつを土台に貼りつけます。

③茶封筒を半分に切って、クリスマスまでの日数分の小さな袋を用意。お菓子や小さなおもちゃなどを袋の中に入れます。今回は12月1日から24日まで24個用意!

④マスキングテープで巾着風に袋に封をすれば、サンタさんの袋みたい!日付を書いたシールとデコレーションボールなど、好きな材料を使って1個ずつデコレーション。

⑤カレンダーの土台に1~24まで数字を書いて、袋を貼る場所を準備。両面テープで袋を貼り付けます。袋を貼ったら最後に土台に仕上げのデコレーションをして完成!

 
【クリスマスまでカウントダウン!】

クリスマスを待つ間をもっと楽しくワクワクと過ごしたい!ということで、今回は「アドベントカレンダー」の工作をご紹介します。

「到来」を意味するラテン語「アドベントゥス」に由来する「アドベント」は、キリスト教のイエス・キリストの降誕を待ち望む期間を表現する言葉。具体的には11月30日に最も近い日曜日から、クリスマスイブまでの約4週間。2021年は11月28日(日)から12月24日(金)までです。

私が通っていたミッション系の学校では「アドベント」中チャペルにろうそくが4本立てられ、1週間ごとに炎を灯していました。

このように、クリスマスイブまでの間、毎日、カウントダウンを楽しむために作られたのが「アドベントカレンダー」です。カレンダーの「今日」の窓や袋を開け、中に入っている小さなお菓子やおもちゃを、1つずつ楽しみながらクリスマス当日を迎えます。

家族でぜひ、作ってみてくださいね。

 

かまゆみさんのこれまでの記事はこちら

次回のかまゆみさんの連載はPacoma2月号(1月10日発行)掲載です。お楽しみに!

この記事を書いたのは

暮らしの冒険Webマガジン Pacoma


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 27
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード