チョークアートが苦手な人に裏技!好きな文字をたくさん詰め込むだけ♪ショップ風黒板をDIY☆

カフェやお店で見かけるオシャレな黒板。
アートな文字や字体、イラストのバランスが絶妙でかっこいいですよね!
そんなかっこいい黒板を家に置きたいけど、チョークアートは苦手…。
イラストが苦手な人でも、かっこいい黒板を作るコツはイラストや文字を黒板いっぱいにちりばめること!
全体に文字や絵が入ることで見ていてワクワクするような黒板ができあがります。

大きめのベニヤ板を使って黒板を作り、お部屋に飾ればインテリアがワンランクアップしますので参考にしていただれば嬉しいです(^-^)

  • 10001
  • 64
  • 0
  • いいね
  • クリップ

材料

910ミリ×600ミリサイズのベニヤ板にダイソーの黒板塗料を二度塗りします。
塗料を塗ると薄いベニヤ板は反ってしまいますが、あとから木枠を固定するので反りは気にしなくて大丈夫です!

ベニヤ板だけだと少し貧相な感じがするので木枠用に板を用意します。

木枠は45度カット

木枠に使う板は、ホームセンターで購入した角度切りができる便利アイテムを使って45度にカットしました。
磁石がついているので鋸を磁石にくっつけながらカットすると好みの角度に切ることができます。

少し手間ですが、木枠を45度にカットして組む事で完成度がグッと上がります♪

組み立て

木枠はWOODLOVEのオイルステイン(けやき)を塗りました。黒板の黒との相性がとてもいい色です。

木枠の板はボンドを塗って黒板と合わせます。クランプなどがあればしっかり圧着できますが、手持ちが少ないので雑誌類を乗せて乾かしました。

ネジでさらに固定

雑誌を乗せて圧着した程度なので、やはりベニヤ板の反りが修正できず、写真のように板が浮いてしまいました。

裏側から木ネジを使って、しっかりと固定します。

チョークアートが苦手でも大丈夫♪

私自身、チョークアートは苦手…。
全体に波打つようなアート的なものは書けないので、文字やイラストを黒板いっぱいにたくさん書いていきます。

全体的に書けたら、チョークでなぞって文字を濃くして遠くからでも見えるようにハッキリとさせていきます。

さらにメリハリを

下半分には山の絵を書いてみたので、チョークを寝かせて色を塗るようにします。
全体にメリハリが出ました。

完成

ちょっと大きめのショップ風黒板の出来上がりです。
ところ狭しと全体に文字やイラストを描けばチョークアートが苦手でもなんとかなりますし見ていて楽しい印象に♪

好きなテーマで統一したり、季節に合わせたりと書き直しOK。書いていて間違ってしまってもすぐ消して直せるのがチョークのいいところ。
思いきって好きな英文などをたくさん書いてオリジナルの黒板作りを楽しんでみてください(^-^)/

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 10001
  • 64
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード