夏にやっておくべき!家があっという間にきれいになる使い捨てワックスシートのすすめ

真夏になると裸足で歩くことが多くなるフローリング。実はフローリングの掃除は季節家電や絨毯が出ていない、夏に掃除をするのがオススメなのをご存じですか。リビングに物が少ないと、移動させる手間が減り掃除がはかどるからです。

そして使い捨てのワックスシートでワックスをかけてしまえば、床があっという間にピカピカによみがえります。

夏休み、家族と協力して家じゅうの床のワックスがけを行うのはいかがですか?

床の物をどかす

移動できる家具を他の部屋や廊下へ移動させましょう。なるべく引きずらないように家族と協力して行うとスムースです。

一度にすべて移動させるのは難しいので、まず半分移動させて、残りの半分はあとからワックスをかけると良いですよ。

そうじ機をかけて水拭きする

そうじ機をかけてゴミを吸い取りましょう。その後、水拭きをして細かい埃を拭き取ります。この一手間があるとワックスがきれいに仕上がります。水拭きは、濡らした雑巾をワイパーに挟んで拭くと、時短になります。

ワックスをかける

水拭きが乾いたら、ワックスがけです。
手持ちのフローリングワイパーに取り付けられる、使い捨てワックスシートがオススメです。一枚で拭ける範囲が記されているので、家の広さにあった量を購入するようにしましょう。一枚ずつ封がされていないタイプは、余らせると乾いて使えなくなります。

ワックスをかけた場所を踏まないように、部屋の奥から後ずさりしながら進んでいきます。ゴールは部屋の出入り口になるように、板目に沿ってワイパーを動かのがコツです。

ワックスシートを取り換える時に、外して細部にワックスをかけていきます。部屋の角や扉の近くはかけにくいので、手でかけると隅まで綺麗に仕上がります。

乾かして二回目をかける

ワックスが乾くまで待ちましょう。シートタイプは10分~30分ほどで乾きます。時間があるのであれば、2度塗りすることをお勧めします。むらが減ってツヤツヤに仕上がり、長持ちします。

おわりに

ワックスシートは床の種類によって使えない物もあります。購入時に説明書をよく読んで、ワックスがかけられるか確かめましょう。

ワックスをかけると見た目だけでなく、掃除がしやすくなり、床に埃が付きにくくなります。メンテナンスもかねて、この夏ワックスがけ、いかがですか。

  • 30885
  • 82
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー