ジャムの空き瓶で虫除けルームフレグランスを作ってみよう

本格的な夏の到来。そして夏といえば、楽しいだけじゃないヤツラの季節でもある……そう、虫!ジャムの空き瓶で虫除けを作りましたよ。

  • 87113
  • 1072
  • 3
  • いいね
  • クリップ

【使えるリサイクル】空き瓶リメイクで春の収納インテリア

ジャムや調味料の空き瓶、捨てるには「もったいないな」と思う時があります。ちょっと瓶のデザインが可愛かったりすると、何かに使えないかなーって。そんな時、簡単リメイクで使える何かに変身させてしまいます。 そんな私流の(まあ大雑把なアレです)空き瓶リメイクの基本編をご紹介っ!

こまどりや/Chiyoko

空き瓶があったらそこには無限の可能性!

暑いですね、どうもどうも。

先日、ガタガタと片付けをしていましたら娘(6歳)が食べ残しを隠していた家具の隙間に蟻を発見しました。
バレたら怒られるとか思ったらしいのですが、なんとも……脱力です。

さすがに食べ物がこんな風に放置されていれば、いくら虫除けがあっても虫たちは入り込んできてしまうかもしれません。
しかしまあ、なにかしらの対策はしたいと思ったわけです。

ついでに言えば、お部屋の香りも爽やかになってくれたら尚嬉しい。

猫がやってくる前はアロマを焚いていたんですが、エッセンシャルオイルが猫には宜しくないと聞いてから焚いていないのです。なんとか猫の口には入らず、虫も香りも対策ができないものか……

そう考えたところで、そう言えばと思い出したのがジャムの空き瓶でございます。

理想とするのは、アロマオイルを使ったルームフレグランスで、なおかつ虫除けの効果があるもの。
そして猫の口には入らないもの、です。

ジャム瓶はガラスですから……

これは、なんとかなるかもしれない。

そんなわけで、作ってみましたよ。

準備するのはこちら!

材料:

ー 空き瓶
ー つまみ(取手・セリア)
ー プラントビーズ(セリア)
ー エッセンシャルオイル(レモングラス、スペアミント、ティーツリー)

準備するもの:

ー ドライバー
ー キリ
ー グルーガン

作り方:

1)蓋に穴を開ける

基本的な作り方は、以前に紹介した空き瓶リメイクと同じです。

【使えるリサイクル】空き瓶リメイクで春の収納インテリア

ジャムや調味料の空き瓶、捨てるには「もったいないな」と思う時があります。ちょっと瓶のデザインが可愛かったりすると、何かに使えないかなーって。そんな時、簡単リメイクで使える何かに変身させてしまいます。 そんな私流の(まあ大雑把なアレです)空き瓶リメイクの基本編をご紹介っ!

こまどりや/Chiyoko

ただし、今回は中のアロマを放出させないと意味がありませんので、キリで蓋に穴を開けてゆきます。
この辺りは、大人がやったほうが良いかなと思いますよ。

キリで穴を開けましたよ。中心の大きめな穴はつまみを取り付けるためです。

2) つまみを取り付けます

なんとも簡単なのですが、ここでセリアのつまみを取り付けます。
今回使用した空き瓶は、蓋が金色と銀色の一色でしたので、特別ここをデコる必要もなく進めています。が、もしこの蓋部分に印刷などがあって隠したい場合は、空き瓶リメイクの作り方を参考にしてください。

3) プラントビーズを入れて、エッセンシャルオイルを投入。

プラントビーズの量はお好みですが、だいたい2/3くらいは入れた方が見栄えが良いように思います。
そこに、エッセンシャルオイルを入れてゆくわけですが、(あくまでもただのアロマ好き素人の知識ですが)私は虫除け効果のあるレモングラス、ゴキに効くと言われるスペアミント、抗菌作用のあるティーツリーの三つを使いました。
それぞれ、10滴ほど入れたら、あとは蓋をするだけでございます。

すでにキラキラ感が出てきました。

4) デコる。そして完成!

ここで、最終的に蓋の方をデコってゆきます。
(ここはもう、お好みの世界です)
なぜ蓋だけなのか、というと本体の方はいずれ洗浄すると思いますので、デコってしまうともう洗えなくなっちゃって大変なことになります。ので、瓶の本体部分は洗えるようにデコらず行きます。

完成! 簡単な上に、良い香り……キラキラで夏らしいですよ。

光にキラキラ、綺麗です!

プラントビーズはいろんな色が売っていますし、いろんなインテリアにも似合うかなと思います。
最大のオススメポイントは香りを選べることです。
私は市販の芳香剤の香りがとにかく苦手で、柔軟剤などの香りもちょっと……なんですが、こうやって自分の好きな香りを探りながら作るのがとても好きです。

水分が減ってきたら、精製水を足してあげてからエッセンシャルオイルを足してください。

水道水、井戸水などは時にカビの元になりますので、ご注意を。

綺麗にタグをつけたら小さなギフトにもいいかも、と思います。ちょっとした魔法の小瓶を作った気分で楽しんでくださいませ。
お子さんやペットが近くにいる場合は、くれぐれもエッセンシャルオイルらを口に入れたりしないようにご注意くださいね。

追記:
アロマオイルの猫への危険性は獣医師としても、どのような毒性があるか分かっていないようです。ですので、これに関しては個人の判断で行なって頂くようお願いします。

ちなみに、写真は室内で撮っていますが、実際はトイレ(猫が立ち入れない部屋)などに置いていますよ。

ではでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

猫さんの安全第一。と、うめ社長が言ってます。(作業は立ち入り禁止で行いました)

  • 87113
  • 1072
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード