理想を叶える!ウォークインクローゼットのつくり方

収納力のある家を建てたい方、自宅に合ったウォークインクローゼットの最適な大きさをご存知でしょうか?家族の人数・家の広さで使い勝手が変わります。そこでアイムの家では、コラム「理想を叶える!ウォークインクローゼットのつくり方」を公開しました。ぜひご覧ください。

  • 15691
  • 87
  • 0
  • いいね
  • クリップ

最近の新築戸建てはもちろん、分譲マンションでも多く採用される
「ウォークインクローゼット」は、今や収納の新定番。
1か所にまとめて収納できることで、管理しやすくなるのが特徴です。

失敗しないウォークインクローゼットを作るには、
押さえておくべきポイントがいくつかあります。

必要寸法をチェックしておこう

ウォークインクローゼットをつくるうえで、必ずチェックしておきたいのが「寸法」です。
寸法が変わってくるだけで、使いやすさも大きく変わってきます。
「実際に服を入れたら、狭くて使いにくかった・・・」ということにならないよう、
何にどれだけのスペースが必要なのか、一般的な寸法をまずは知っておきましょう。

●間取りの目安
家族の人数、クローゼット内に収納する物の量によって変動しますが、

一般的に以下のサイズを目安に考えてみてください。

●一般的な洋服の幅
ハンガーにかけたときの服の寸法。
トップスやジャケットは55~60㎝、ボトムスは40㎝が必要です。

●歩くのに必要な幅
最低でも60cmは必要と言われています。
50cm以下になると、服で圧迫されかなり窮屈に。

●使いやすい高さなど、
パイプを上下2段にする場合、上段のパイプは手を伸ばしてギリギリの高さに、
下段のパイプは持ち服を想定し設定。

吊るさないものの収納は、市販の収納ケースを利用するとよいでしょう。

また、ウォークインクローゼット内は引き出しや収納棚などを造りつけず、
固定棚1枚とハンバーハイプ程度にしておくことをおすすめします。
その方が臨機応変に使えます。

  • 15691
  • 87
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

完全自由設計で理想のマイホームを実現するアイムの家です。当社の大きな特徴が、専任の女性インテリアコーディネーターが打ち合わせから完成まで家づくりを担当します。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード