空いてる隙間は逃さない!収納アイテムをDIY

  • 131
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

収納スペースは広ければ広いほどよいものです。しかし、実際に家具を配置してみると、あちこちに隙間があることがわかります。そのような隙間には収納グッズをDIYして置いてみませんか?賃貸でも使える隙間収納のDIYアイデアを集めてみました。

キッチンの隙間収納をDIY

キッチンには冷蔵庫や食器棚など、大型の家電や家具がいくつも置かれています。しかしそれらのアイテムは、必ずしもピッタリとキッチンに収まっているわけではありません。家電と家具の間などの数ある隙間を、DIYで収納スペースに変えましょう。

 
【冷蔵庫横の隙間収納をDIY】

冷蔵庫の横には通常隙間があります。冷蔵庫内部を冷やすために必要な隙間ですが、空気が循環するように十分な隙間を残せば、収納棚などを置いても問題ありません。

 

そこでホームセンターなどで売られている板材とキャスター、アイアンバーなどを使い、隙間にピッタリな収納ラックをDIYして、デッドスペースを有効活用しましょう。

 

隙間と同じ幅の板を四角に組み、適度な空間ができるように気をつけながら、横板を渡して棚を作ります。棚にのせたものが落ちないように片方に背板をつけ、さらにそこにアイアンバーを取り付けてください。

 

後は移動しやすいよう底にキャスターを、引き出しやすいように横に取っ手を取り付けます。ラックの上に天板を取り付ければ、簡易の作業台としても使えるのでおすすめです。

 

収納するものが予備のキッチンペーパーなどの軽いものならば、隣の家具や壁との間につっぱり棒を渡してその上に薄い板を置き、棚を作ってもよいでしょう。つっぱり棒の耐荷重に気をつければ、隙間の幅を測らずとも簡単に棚をDIYできます。

 
【カウンター下の隙間収納をDIY】

カウンターの下に隙間があるなら、冷蔵庫横と同じ要領でラックをDIYするのもおすすめです。冷蔵庫の横よりもカウンターの下の方が奥行きがあることが多いので、より大きくてしっかりしたラックを置くことができます。

 

また、ラックの棚の高さに変化をつければ、サイズの違うさまざまなアイテムを収納しやすくできるのも、DIYならではのメリットです。カウンターの下に収まるよう、天板の高さも計算に入れて設計するのを忘れないでください。

 
【引き出しの隙間収納をDIY】

食器棚やシステムキッチンなどの引き出しは、高さや深さがまちまちです。「必要な食器しか置いていないせいか、食器の上に余裕がある」「引き出しが深く、上が空きスペースになっている」といったことはありませんか?

 

そんな時には食器や引き出しの上の空きスペースにつっぱり棒を渡し、新しく棚をDIYしましょう。耐荷重の高いつっぱり棒を使って棚板を渡せば、ちょっとした食器や鍋の内ぶたといったアイテムを、より効率よく収納できます。

 

 

洗面所の隙間収納をDIY

洗面所もキッチンと同様に、洗濯機や洗面台など大型の家電や家具が置かれています。大きい家電や家具が置かれているということは、それらの間に隙間があるはずです。さっそく隙間収納をDIYして、空きスペースを有効活用しましょう。

 
【洗濯機と洗面台の間の隙間収納をDIY】

洗濯機と洗面台の間にも、微妙な幅の隙間がよくあるものです。そこで冷蔵庫脇の隙間収納を作った要領で、洗濯機と洗面台の間にも収納ラックをDIYしましょう。

 

洗面所用の収納ラックも、湿気の多い場所で使う以上、通気性のよいものが適しています。そこでDIY初心者でも簡単に作れるおすすめのラックは、2枚のすのこを使ってDIYする収納ラックです。

 

まずは同じすのこを2枚用意し、板を支える木材を内側にして並べてください。後は隙間の幅に合わせた棚板をすのこの板を支える木材の上に固定し、底板にはキャスターを取り付けます。底板には棚板よりも大きい負荷がかかるため、丈夫な板を使いましょう。

 

すのこの構造を利用すれば、これだけで棚ができてしまいます。DIYに抵抗がある方は、この方法から試してみてください。きっと苦手意識も薄れるはずです。

 

また、冷蔵庫の隙間やカウンターの下でも使える方法ですが、ディアウォールを使って棚をDIYすることもできます。ディアウォールはつっぱり棒の要領で、天井と床の間に設置するアイテムなので、賃貸でも安心して使うことができるのが特徴です。

 

1本のディアウォールを隙間に設置して、後はディアウォールに棚を固定していくだけ。使いやすさと収納予定のアイテムのサイズを考えて、棚の高さを決めてください。隙間がやや広いようならディアウォールを2本にすれば、より収納力のある棚ができます。

 
【シンク下の隙間収納をDIY】

家庭によっては、洗面台のシンク下にも隙間があるのではないでしょうか?シンク下のスペースが露出した状態で空いている場合は、そこにも収納ラックを置くとよいでしょう。

 

すのこと同様に、DIY初心者でも扱いやすいのがカラーボックスです。さまざまなサイズがあるので、シンク下よりやや低めのカラーボックスを用意しましょう。ほかにキャスターと取っ手を用意したら、まずはカラーボックスを組み立ててください。

 

カラーボックスが組み上がったら、リメイクシートなどでアレンジしてもよいでしょう。後はカラーボックスの底にキャスターを、横に取っ手を取り付ければ、誰でも簡単に収納ラックをDIYできます。棚の高さも調節しやすいので、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

リビングの隙間収納をDIY

リビングは家族がくつろぐ場所のため、テレビや本棚などを置いている家庭も多いことでしょう。壁際には隙間もいっぱいあるのではないでしょうか?そんな隙間も収納スペースに変えてみましょう。

 
【家具と壁の隙間収納をDIY】

リビングではゆとりをもって家具を配置している家庭が一般的です。そのため壁と家具の間に、中途半端な隙間ができてしまうこともあるのではないでしょうか?部屋の雰囲気のバランスを取る効果も期待できるため、収納棚をDIYして隙間を埋めるのもおすすめです。

 

すのこを横板としてだけではなく棚板にも使って組み立てて、底板代わりのすのこにキャスターを取り付ければ、そのままの外見でもおしゃれな可動式のシェルフが完成します。すのこでできているのでやや小ぶりですが、小物を収納するには十分です。

 

一方で、「あからさまにすのこのままの見た目では部屋の雰囲気に合わない」という場合には、DIY初心者でも扱いやすいリメイクシートで色や柄を変えてみたり、ステンシル加工を施して字や模様を描いたりする方法もあります。

 

棚板にあえて色付きの板を使っても、雰囲気がガラッと変わるのでおすすめです。

 

もちろん棚に収める収納ボックスにもこだわりましょう。扱いやすいのはもちろんのこと、リメイクシートを使ってリメイクしたり、取っ手も柄のついた幅広の布を使うなどの工夫を凝らしたりしても、部屋の雰囲気づくりに貢献してくれます。

 

また、あえて棚幅を狭く作った、どんなスペースにも収まるスリムシェルフもおすすめ。角材で骨組みを組み立てたら棚を取り付け、収納したアイテムが落ちないよう横棒も渡せば完成です。デザインボードやネットを裏板として取り付けてもおしゃれに仕上がります。

 
【家具と家具の隙間収納をDIY】

木製の家具の間にできた隙間は、同じ木製の収納棚をDIYして埋めましょう。同じ素材でできた収納棚は、見た目にも統一感が出るのでおすすめです。収納棚の背面にネットを取り付け、あえて後ろの壁が見えるようにすれば、独特なコントラストも楽しめる家具ができます。

 

もちろんキッチンや洗面所でも活躍している隙間ラックもおすすめです。ただし、窓の近くに置く時には、ラックの高さにも気を配るようにしましょう。窓から差し込む光を遮ってしまわないように収納棚を低めにDIYすれば、リビングが暗くなることもありません。

 

 

まだある隙間収納をDIY

家の中にはまだまだ隙間のある場所があります。せっかくなので隙間収納をDIYして、空間を上手に活用しましょう。周囲の家具の質感や見た目にも気を配った、おしゃれで機能的な隙間収納をご紹介します。

 
【玄関に隙間収納をDIY】

靴箱の周囲には隙間がいっぱいあります。まずは靴箱の下に収める隙間収納をDIYしましょう。

 

まずは靴箱の下に収まる大きさのすのこを用意します。小さめのすのこは板も薄めで、釘は使うと割れてしまうため使えません。代わりに強力な両面テープを用意してすのこの下にキャスターを取り付ければ、引き出すだけで物が置ける隙間収納の完成です。

 

靴箱の中にも隙間はあります。靴の上にスペースが開いていませんか?靴箱の大きさに合わせてコの字の形をした棚をDIYすれば、収納棚を簡単に増やせます。子供の靴のほか、玄関で使うけど外に出しておきたくない物などを、隠して収納するのにもピッタリです。

 

また、靴箱の横にある隙間には、自作の傘立てを設置しましょう。隙間の幅に合わせて縦長の箱をDIYして、周囲のインテリアとも統一感が出るようアレンジするだけです。

 

縁に傘をかけて収納できるように、わざと傘の長さよりも深い箱になるよう設計すれば、傘が目に付かないようにスッキリと収納できます。傘の柄が玄関の雰囲気を壊すこともなくなり、まとまった印象のスペースにすることができるおすすめのアイデアです。

 
【トイレに隙間収納をDIY】

トイレはタンク横など、隙間の多い場所です。予備のトイレットペーパーやトイレの掃除グッズなどを置ける収納ラックをDIYして、空いている隙間を有効活用しましょう。

 

縦長のハンガーネットを4枚用意して、そのうちの2枚を家具の角を利用してS字型に曲げます。残りの2枚で曲げた2枚を挟み、結束バンドを使って重なる部分を固定してください。底の部分にキャスターを結束バンドで取り付ければ、簡単に収納ラックをDIYできます。

 

また、ラックの上にプラダンの天板をつければ、ちょっとしたサイドテーブルとしても活用可能。重いものはのせられませんが、トイレ以外の場所でも活躍してくれます。結束バンドの色や天板の色にこだわれば、インテリア性も高まるのでおすすめです。

 

このほかにもトイレタンクの上につっぱり棒を取り付け、その上にリメイクシートを貼った棚を取り付けるだけという、手軽に使えるアイデアもあります。貼りつけるリメイクシートによってトイレ内部の雰囲気づくりもできるので、気軽に試してみてはいかがでしょうか?

 

ちょっと大胆な隙間収納としては、リンゴ箱を重ねて棚にする方法もありです。リンゴ箱は大きいので必要とする空間は広めになりますが、複数の木箱を重ねて崩れないよう固定するだけなので、DIY初心者でも気軽に挑戦できます。

 
【寝室に隙間収納をDIY】

寝室のベッド下には隙間がいっぱいあるだけでなく、作ることもできます。そこでまずはベッド下に収納スペースをつくってみましょう。

 

手順はいたって簡単。ベッドの大きさに合う縦長のカラーボックスを用意したら、横に寝かせてベッドの下に置くだけです。これだけでベッド下に収納スペースをDIYできます。

 

カラーボックスに入れる引き出しやケースには、キャスターと取っ手を取り付けると取り出しやすいのでおすすめです。普段使いがよくなるだけでなく、ベッド下を掃除したい時にも作業が楽になります。

 

引き出しは、通気性のよいすのこを使ってDIYしてもよいでしょう。すのこと角材で木枠をつくり、そこに丈夫な底板を取り付けます。寝室の雰囲気に合うように塗装しても、木製ならではのナチュラルな雰囲気を活かしてもよいです。

 

塗装した場合には塗料が完全に乾くのを待ってから、底にキャスターを取り付けてください。これで引き出しは完成です。ベッド下に置いても、すのこを使っているので湿気がこもることもありません。リビングのソファーの下に置いても便利です。

 

 
【おわりに】

家の中には、あちらこちらにデッドスペースとなっている隙間があります。これらの隙間には、既製品の家具はなかなかスッキリとは収まりません。

 

そこでアイデアを活かした収納グッズをDIYすることで、これらの隙間も有効活用しましょう。DIYだからこそのインテリア性も魅力です。

 

特に収納に困っているという方は、ぜひ隙間収納を見直してみてください。きっと思っている以上に、収納スペースを確保できることでしょう。

おすすめ記事

作り方も公開!キッチンの収納棚をDIYするポイントは?

ちょうどいいサイズの食器棚がいい、食器はすぐ使える場所に置きたいけど、スペースがないなど、自分の希望通りの収納棚を見つけるのは意外と難しいですよね。そんな時は、キッチンや好みにあわせた収納棚のDIYがおすすめです。今回は収納棚をDIYするときのポイントを大公開!

「作り方も公開!キッチンの収納棚をDIYするポイントは?」を読む

この記事を書いたのは

暮らしの冒険Webマガジン Pacoma


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 131
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード