寝室に観葉植物をプラスしてみませんか。おしゃれに飾るアイディアをまとめました

賃貸インテリアのアイディア集

  • 215
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

観葉植物を置く際に注意すること

多くの観葉植物が「日当たり」のいい場所を好みます。さらに光合成をするのに必要なのが「風(二酸化炭素)」。そのためなるべく窓際に置いてあげるといいですよ。また、「水のやりすぎ」は枯れる原因にもなるので、気をつけたいポイント。

窓が少なく、日当たりの悪い寝室の場合は、切り花や枝もの、ポトスやモンステラといった、日陰でも育ちやすい種類を選ぶのがおすすめです。

それでは、素敵な実例を紹介していきます。

そのまま床に置いてみる

まずはシンプルにそのまま床へ。お部屋のテーマによって植物の種類や、植物×鉢の組み合わせを考えるのも楽しみの一つにいかがでしょうか。

植物×花瓶の種類にこだわる

線の細い枝ものだと繊細で柔らかな雰囲気に。透明な花瓶との相性がいいですよ。

雰囲気にあった植物をチョイス

ボヘミアンテイストのお部屋ならパンパスグラスなど、テーマに合わせて植物を選びたいですね。悩んだらお花屋さんにイメージを伝えてみるのも手です。

背の高いもので空間を分ける

背が高く、大きな種類だとパーテーションのような役割にも。こちらはベッドとリラックススペースの間に置くことで空間を緩く分けています。

テーブルやラックなどの上に並べる

ベッドのヘットボードやミニテーブルなどに並べれば、足元より上になるので、うっかり倒してしまう心配も少なくなります。

長テーブルにアロマと一緒に

ヘッドボード代わりに長テーブルを配置しています。観葉植物とアロマ、ランプが並べてあると、寝る前に心が癒されそうですね。

ラタン家具をプラス

ラックや床など、いたる所に植物があるお部屋。ラタンのチェアーの上にのせてベッドサイドに置けば、ボタニカル感が増しますよ。

小さな植物はワゴンにまとめて

IKEAのワゴンを活用して、小さな鉢植え置きにしています。日当たりのいい場所にすぐ移動できて楽々。さらに霧吹きなどのお手入れアイテムも一緒に収納できるのは助かります!

吊るして空間を彩る

朝目覚めた時にグリーンがパッと目に入るので、爽やかなスタートを切れそうですね。また、コンパクトな賃貸ルームでも生活同線を保てるのが嬉しいポイント。吊るす際は耐荷重量なども要チェックです。

日当たり・風通しのいいカーテンレールへ

「プラントハンガー」で検索すると、植物を吊るすアイテムが出てきますよ。プランターの重さは土や水の入った状態で900gほどがいいそう。あらかじめご自宅のカーテンレールの強度をご確認ください。

ピクチャーレールに吊るす

シュガーバインやアイビーなど、つるの長い植物を選ぶと、長く垂れ下がって豪華な印象ですね。

ライティングレールに吊るす

こちらはビカクシダを吊るしています。夜になるとライトのおかげで、くっきりとしたフォルムが浮かび上がりますよ。紐や鉢の耐熱性にはご注意を。

気軽にドライフラワーやフェイクグリーンから始める

お世話が苦手、寝室の日当たりがよくなくて心配という方は、お世話いらずのドライフラワーやフェイクグリーンを。環境を選ばず気軽に取り入れやすいですよ。

ドライフラワーをモビールにアレンジ

普通に飾るだけでも素敵ですが、こちらはドライフラワーにテグスを通してモビールにアレンジしています。風が吹くとゆらゆら揺れて可愛らしいです。

ベッドサイドにフェイクグリーンを添えて

ニトリで購入できるフェイクグリーンのエアープランツ。29cmと大きめなので存在感がありますね。

アイディアを取り入れて、よりリラックスできる寝室に仕上げたいですね。植物の鮮やかなグリーンとお世話で、お家にいながらも心癒されそう。

こちらもおすすめ

部屋が華やぐ。おしゃれなフラワーベースの選び方・飾り方実例まとめ

初心者でも大丈夫。インテリアにもなる、花や観葉植物の基本を知ろう

おしゃれなインテリア実例いっぱい。 goodroom journal

  • 215
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸情報サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど…

goodroomさんの他のアイデア

おすすめのアイデア