中野坂上のガレージハウス/建築家と建てる30代の家

―建築面積約7.8坪という狭小ガレージハウス―

土地探しから家づくり計画がスタート。
クルマを愛するご主人は、家の中でクルマのメンテナンスができる、ガレージハウスをご希望でした。

その為、クルマの出し入れが行いやすい土地を検討。
設計を担当した建築家によるラフプランを用いながら、その土地にどのくらいの面積の家が実現できるのかなど、じっくり検討しました。

―北接道の土地でもしっかりと光と風を届ける工夫―

建設地の北側に道がある土地。南側に道路がある土地に比べ、採光に課題がありました。

LDKに大きな窓を設置して採光を確保。しかし、大きな窓ではプライバシーが心配・・・そこで、外部からの視線を遮断するためにアルミ製ルーバーを取り付ける工夫をしました。

また、階段とリビングの上に吹抜けを設け、生活空間に光と風が届き、明るく風通しのよい空間になっています。

北接道の土地だと部屋が暗くなるからと諦めずに、明るくするための建築家のアイデアを生かした設計のガレージハウスです。

-------- D A T A --------
プロデュース/ザウス東京店(0120-054-354)
設  計/建築家 濱里豊和
規  模/地上3階建て
構  造/木造
敷地面積/43.1m2 (約13.0坪)
建築面積/25.8m2 (約7.8坪)
延床面積/74.9m2 (約22.7坪)
施  工/株式会社 ラムズカンパニー
撮  影/アトリエ・フロール㈱ 他

  • 12765
  • 14
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 12765
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

\ 建築家の住まいの事例集 無料プレゼント中! /\ Instagramやってます:zaus_producer /ただいま、資料請求にて「建築家と建てた住ま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード