ビルトイン家具の取り入れ方 [リビング・ダイニング・キッチン編]

今回はビルトイン家具に注目!

D.KANZAKI Carpentryでは新築工事にもリフォームにもビルトイン家具を数多くプランに入れています。
ここにこんな棚があったら・・・
ちょっとしたパソコンスペースがほしい・・・
圧迫感なく間仕切りをしたい・・・などなど。

第一弾はリビング・ダイニング・キッチンに焦点をあてご紹介したいと思います。

リビングにあるテレビもできる限りインテリアに組み込みたい!

階段下のスペースを利用して壁をくりぬきテレビ台を作りました。
ほしいところに配線孔も作ることが出来るので線もすっきり片づけられます。

テレビ台の横に収納スペース!

本やDVD、ブルーレイを置くだけでなくディスプレイコーナーにも。
ついついものがあふれてしまうリビングをすっきりさせてくれます。

TV台をシンプルなデザインにすることで壁のスプリットマーブル(石)が映えてます!

キッチンの横にダイニング。
家具選びに悩むコンパクトなスペースも無駄なく使えます。

忙しい朝ごはんもキッチンからさっと準備。
こどもたちの宿題もキッチンで作業しながらみることができますね。

台所しごとの合間にちょっとお茶でも・・・
窓からのやわらかな光を感じながら、ゆったりとした午後を。

ソファを置くと場所を取るし、移動もお掃除も大変。
作り付けカウチで悩みも解決です。

季節ごとにクッションを変えても楽しいですよ。
背中の部分は少し深めに、コーヒーカップを置けるように計算しています。
こだわってます。

カウチ内の空間も無駄なく、収納スペースです!

デスクで勉強スペース、ウィンドゥシートでくつろぎスペースをダイニングに。
家事をしながらこどもとの時間も過ごせます。

細かく空間を区切ると圧迫感が・・・

そういう時はオープン棚を仕切り代わりに部屋を区切ってみては?
家族がそれぞれの時間を過ごしながら、顔が見えるので家族団らんのスペースになります。
お客様にも開放的な空間にすることでよりくつろいでいただけますね。

デザイン、サイズを考えながら本棚を選ぶのはなかなか大変です。
リビングの一角に棚を取り付ければ本棚になります。
ロッキングチェアを置いて、読書コーナーにしても。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー