新築を建てる上で知っておきたいお金のお話 ~自己資金編~

家を購入するとき、自己資金がどのくらいあったほうがいいのでしょうか?そのようなお悩みをよくお受けします。そこでアイムの家では、コラム「新築を建てる上で知っておきたいお金のお話 ~自己資金編~」を公開しました。ぜひご覧ください!

  • 2415
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「頭金0円でもマイホームを買うことはできますか?」と、
お客様から聞かれることがあります。
最近では、建物価格の100%やなかには諸経費分を上乗せして
借りられる住宅ローンもあり、頭金0円でも購入はできますが、
後々の住宅ローンの返済を考えると、
少しでも自己資金が多い方が安心です。
今回は自己資金についての基礎知識を説明したいと思います。

自己資金は20~30%あると安心です

「フラット35」など建設費の100%まで融資する住宅ローンの登場で、
最近では自己資金10%でも購入可能な住宅もありますが、
戸建て住宅を新築するならば、支払い期限や諸経費を考えると、20~30%あると安心です。

自己資金が少ないからといって理想の住宅購入をあきらめる必要はありません。

返済計画を立て、無理なく返していけるのであれば、頭金にこだわり過ぎず、
物件を探してみるのも一つの選択肢といえるでしょう。

また、よく混同されがちなのが「頭金」と「自己資金」。

頭金は、そのまま建築費(土地取得費)に含まれるもの。
頭金が多ければ多いほど、住宅ローンの借入額は少なくてすみます。
いっぽう「自己資金」は頭金に諸経費(手数料、保険料、税金等)を加えたものをいいます。

借入金額は「返済額」を想定して設定しましょう。

自己資金の目安がある程度ついたら、
次は借入金額について考えていきましょう。

ここで大切になってくるのが、「いくら借りられる」ではなく「いくら返せるか」です。
毎月のローンの返済額のほかにも、教育費、保険料、
車のローンなど毎月の支払はたくさんあります。

毎月の支払額を考慮して、「余裕を持った返済額」を探るのがポイントです。

また一般的には、返済額の限度は年収の25%以下に抑えることが
望ましいといわれていますが、年収によって家計の余裕度が異なるため、
自分にあった返済額を見据えて、借入金額を算出しましょう。

「アイムの家」では、家を建てるだけでなく、建ててからの
お客様の人生設計にもしっかりと向き合って、家づくりをサポートしております。

また、定期的に資金セミナーも開催しております。
少しでも気になることがあれば、まずはご連絡くださいませ。

  • 2415
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

完全自由設計で理想のマイホームを実現するアイムの家です。当社の大きな特徴が、専任の女性インテリアコーディネーターが打ち合わせから完成まで家づくりを担当します。お…

おすすめのアイデア

話題のキーワード