牛糞使用のフィルターで海水を真水に 世界的な飲料水不足を解決できるか

海水を飲料水に変える技術は、これまでも多くの研究者たちが挑んできたテーマである。このたびアメリカの研究者グループが発表した牛糞を使用したフィルターが、積年の課題を大きく前進させる一歩になるかもしれないと、『Daily Mail UK』など海外メディアが報じている。■世界的な飲料水不足に対処ユニセフの発表によれば、現在世界で14億以上の人々が水不足に悩む地域で生活しており、地球上に存在する水のわずか...

  • 8
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

海水を飲料水に変える技術は、これまでも多くの研究者たちが挑んできたテーマである。

このたびアメリカの研究者グループが発表した牛糞を使用したフィルターが、積年の課題を大きく前進させる一歩になるかもしれないと、『Daily Mail UK』など海外メディアが報じている。

■世界的な飲料水不足に対処

ユニセフの発表によれば、現在世界で14億以上の人々が水不足に悩む地域で生活しており、地球上に存在する水のわずか3%しか飲むことができないという。これまで多くの研究者たちがこの問題に対処するため、海水を真水に変える研究を絶えず続けてきた。

そしてこのたび、アメリカ・ノースイースタン大学の研究者たちが、そのままでは飲むことのできない水を浄化するため、牛の糞便を用いたフィルターを作成するプロセスを開発したと発表。世界的な飲料水不足への対策になるのではないかと、期待されている。

関連記事:「玲空斗は自然が好きだったから樹海に埋めてあげよう」口にタオルをくわえさせ後頭部で縛り殺害…“鬼畜夫婦”の残酷な犯行

■サスティナブルな方法を模索

現在、海水を真水に変えるための方法として、海水淡水化というろ過方法が用いられているが、ノースイースタン大学のイ・ジョーン教授によれば、これには難点があるという。使用する素材の高額な費用やサスティナブルでないこと、さらに電力が必要な点だ。

そこで、よりサスティナブルな方法を模索した結果、低コストでかつ簡単に手に入るもので、簡単に製造できる方法を開発したと発表したのだ。

■バクテリアを死滅させてから

ノースイースタン大学の研究者たちは、地元の農家から牛糞を回収し、華氏3,092度(摂氏1,700度)の熱を当て全てのバクテリアを死滅。バクテリアが除去された牛糞は炭素粉末となり、それを利用し海水を飲料水に変えることのできるフィルターを開発した。

フィルターを通した水はとても新鮮で、アメリカ合衆国環境保護庁による飲料水のナトリウム濃度基準をはるかに下回ったという。

■田舎町でも取り組み可能

フィルターは牛糞と木の葉があれば作成可能で、電力ではなく太陽光を使用する。

現在の海水淡水化施設のように大規模なナノファブリケーション(ナノ構造物や生物学的材料の調査・分析)施設を造ることが難しい田舎町でも、それぞれのコミュニティの中で海水を淡水化するシステムを構築することができるのだ。

世界的な飲料水不足に対処するため、そして飲料水への平等なアクセスを実現するための救世主となるべく、研究者たちは牛糞フィルターに大きな期待を抱いているそうだ。


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

月間1500万ユーザーが読むニュースサイトSirabeeの公式アカウント。 8万人を超える調査パネルを元にしたデータや独自取材で、 世の中の話題や気になるニュー…

Sirabeeさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード