「人間の親指が太い理由」をチコちゃんが解説 脳の大きさにも関係していた

22日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「親指が太いのはなぜ」が注目を集めている。■「石を握りしめるため」動物の中でも親指だけが太いのは人間だけなのだという。人間に近いチンパンジーも親指は小さく細い。この理由をチコちゃんは「石を握りしめるため」だと答える。大昔、人間を襲った食糧危機から生き延びるために食料を追い求める中で進化が始まったようだ。また、この親指...

  • 10
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

22日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)で扱われたテーマのひとつ、「親指が太いのはなぜ」が注目を集めている。

■「石を握りしめるため」

動物の中でも親指だけが太いのは人間だけなのだという。人間に近いチンパンジーも親指は小さく細い。この理由をチコちゃんは「石を握りしめるため」だと答える。

大昔、人間を襲った食糧危機から生き延びるために食料を追い求める中で進化が始まったようだ。また、この親指の進化によって、人間が動物界を支配するに至った理由とのこと。

関連記事:「玲空斗は自然が好きだったから樹海に埋めてあげよう」口にタオルをくわえさせ後頭部で縛り殺害…“鬼畜夫婦”の残酷な犯行

■動物の骨まで食べるために

およそ440万年前、人類の祖先な森の中で果実や葉っぱなどさまざまなものを食べて生活していた。しかし、その頃に起こった地殻変動によって森が乾燥地帯に激変。

食料が激減することとなった。時は流れ370万年前、アウストラロピテクスの時代になると食べ物を求めた人類の祖先は森から出て草原に進出。新たな地で食料としたのが肉食獣が食べ残した動物の骨。

当時の人類は狩りをする能力が低く、逆に肉食獣に襲われるようなか弱い存在。飢えをしのぐ手段として、食べ残しに注目。特に骨の中の骨髄を食べるように。食べるのが難しい大きくて硬い骨を食べるために人類は骨を砕くことに。

草原に転がっている石を活用しようとした。硬い骨を割るためには、石を強く握りしめる必要があったため、人間の親指は握ることに適した形へと進化していった。

■脳が成長

人間が食べ始めた骨髄には、脳の発達や機能に関わる脂肪酸が豊富に含まれていて、骨を食べる以前と以後で人類の脳のサイズは2倍以上に変化。

その後、脳が成長したことによってさらに高度な道具を作れるようになった人類は180万年前に草原で狩りをはじめ、現代まで成長を続けた。

■他の動物も

番組では、人類と同じように食べ物を求めて指の形が変化していった例をほかにも紹介。アイアイの中指だけが針金のように細長いのは、ラミーという硬い果実に穴を開けてほじくるためである。

人間が食べ物を求めて進化した結果、副産物として脳も進化。人類の進化の意外な一面を紹介してくれたチコちゃんだった。


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

月間1500万ユーザーが読むニュースサイトSirabeeの公式アカウント。 8万人を超える調査パネルを元にしたデータや独自取材で、 世の中の話題や気になるニュー…

Sirabeeさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード