加賀まりこ、パートナーの息子が自閉症と明かす 「出会ったら微笑んで」

21日、東京・渋谷のユーロライブにて映画『梅切らぬバカ』トークイベントが開かれ、主演の加賀まりこが登壇。同作の見どころや作品のテーマである障害、そしてパートナーの息子について語った。■プライベートでも…映画『梅切らぬバカ』(配給:ハピネットファントム・スタジオ)は、母親と自閉症を抱える息子が、社会の中で生きていく様を温かく誠実に描く人間ドラマ。加賀が母・山田珠子役を、“ちゅうさん”の愛...

  • 11
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

21日、東京・渋谷のユーロライブにて映画『梅切らぬバカ』トークイベントが開かれ、主演の加賀まりこが登壇。同作の見どころや作品のテーマである障害、そしてパートナーの息子について語った。

■プライベートでも…

映画『梅切らぬバカ』(配給:ハピネットファントム・スタジオ)は、母親と自閉症を抱える息子が、社会の中で生きていく様を温かく誠実に描く人間ドラマ。加賀が母・山田珠子役を、“ちゅうさん”の愛称で呼ばれる自閉症の息子・忠男役をドランクドラゴン・塚地武雅が演じる。

加賀は、作中のエプロンや割烹着の似合う珠子とはかなり印象の違う黒い華やかな衣装で登場。

劇中で自閉症の息子を慈しみ、そして未来を案ずる優しい母親を演じている加賀だが、プライベートでも「(18年間事実婚を続ける)パートナーの息子が、自閉症」だという。

「私、自閉症の息子が近くにいるもんですから、そんなに違う日常でもなかったので。多分やれるかもしれないなって。映画の中で淡々と日常があるわけですから、その中で母として生きていられればいいなって思いで引き受けました」と、オファーを引き受けた気持ちを振り返る。

関連記事:「玲空斗は自然が好きだったから樹海に埋めてあげよう」口にタオルをくわえさせ後頭部で縛り殺害…“鬼畜夫婦”の残酷な犯行

■視線が気になる…

パートナーの息子とは、散歩に行ったり、ご飯を食べに行ったりして接しているそうだが、「その子が急に大きな声を出したりすると、散歩している時にすれ違う人たちがちょっと引きつった…引いた感じでこっちをご覧になる。その視線が冷たいなっていうのは感じていました」と明かす加賀。

そして「この映画を見て、ちゅうさんを好きになってくれたらいいなっていうのはずっと…。心のなかで念じるのが私の役作りでした。本当にそれだけ。ちゅうさんみたいな人に出会ったら、皆さん微笑んでねっていうのが願いですね」とうっすら目に涙を浮かべて語る。

■ノックして5年

そんなパートナーとの交際当初について話を振られると、「もう18年も経つので、すっかり忘れましたけど」と、ちょっと恥ずかしそうな表情に。

「彼は自閉症の子供を抱えていたので、まずそっちが一番大変。仕事もしているし、恋愛どころじゃなかったんだと思いますね。15年ぶりくらいに一緒に仕事して『なんでこの人、いい顔になったんだろう?』 っていうのが、ノック(アプローチ)したいなと思った理由。なかなかOKしてくれなくて、5年かかりました」と振り返り、「でも、良かったと思います。毎日とても穏やかに暮らしていますので」と照れた笑みを浮かべていた。

映画『梅切らぬバカ』は、11月12日(金)よりシネスイッチ銀座ほかにて全国ロードショー。

©2021「梅切らぬバカ」フィルムプロジェクト

■写真ギャラリー


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

月間1500万ユーザーが読むニュースサイトSirabeeの公式アカウント。 8万人を超える調査パネルを元にしたデータや独自取材で、 世の中の話題や気になるニュー…

Sirabeeさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード