木目に馴染む色遣いがモダンなチェスト。

天然木を感じられるモダンインテリアのブランド’’Cadenza''より、『Contorno』のご紹介です。

  • 4637
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

差し色で軽快感を感じさせる『Contorno』

左:『Contorno』
右:スツール『Nana stool』

『Contorno』はホワイトオークのボディと、大胆な色遣いを施した引出しの前板が特徴的な、3段引出しのチェストです。
大胆、とはいえその色合いは木目によく馴染む色をチョイスしました。そのため、単調になりがちな木目柄のインテリアコーディネートの中などにこういった色を差し込むことで、空間のバランスを取る良いアクセントになります。

引出しを閉めた時に引手部分がフレームと同化するデザインにすることで、すっきりとした印象に仕上げています。
引手部分には無垢材を使用しており、引き出す度に指先から天然木の持つ温かみや優しさを感じることが出来ます。
段によって引出しの深さが異なっているため、背の高いものは下に、低いものは上にといったように、効率の良い収納をしやすい作りになっています。

ふたつのカラーバリエーション

上段はミッドグレー色、下段はホワイトオーク色となっており、中段引出しの前板のカラーはカデンツァレッド(赤)とフェルメールブルー(青)の2色からお選び頂けるようになっています。

カデンツァレッドはブランド’’Cadenza''のロゴマークにも使われているブランドカラ―です。

フェルメールブルーは画家のフェルメールがよく使用していた鮮やかな青をイメージした青です。

どちらも自然に木目コーディネートに馴染みやすいカラーです。
お好みや、目指すお部屋のイメージに沿ってお選びください。

左:『Contorno』
右:スツール『Nana stool』

中段に限らず、全ての前板にはホワイトオーク材にウレタン塗装を施したものを使用しています。
木の表面の導管を残しつつ、しっとりとした美しい塗装仕上げとなっています。

様々な生活シーンにマッチする『Contorno』

チェスト『Contorno』
ダイニングテーブル『Cross』
スツール『Nana stool』

『Contorno』は様々な空間でお使い頂けます。
リビングに置いてチェストとして使って頂くのも良いですし、写真のようにダイニングテーブルの横に置いて食器などを入れてお使い頂くこともできます。

生活空間のLDKで、リビングにはチェストやリビングボードがあり、キッチンには食器棚やキッチンの収納が豊富にある中、ダイニングや、リビング~ダイニング間には収納が不足することが多いと思います。
そこにひとつ、このような収納を置いて頂くことで、それぞれの空間での生活にワンランク上の上質さを生みだすことができます。
『Contorno』は裏面にもホワイトオークの化粧が施されているので、空間同士の間仕切りとしてもお使い頂けるようになっています。


本体の横幅を160センチ、120センチのふたつから選ぶことができます。
お部屋の間取りや必要な収納量によってお選びください。






パモウナのInstagramアカウント 続々更新しています。

パモウナの3ブランド Pamouna bellacontte Cadenza のプロダクト写真を中心に公開しています。
Instagramが初公開となる写真も公開していますので、まだチェックしていない方も是非一度ご覧いただけると幸いです。

Facebookページ 続々更新中です。

パモウナの3ブランド Pamouna bellacontte Cadenza の様々な情報を発信しています。

パモウナ リンク

ここでは紹介しきれなかった情報などはCadenzaのホームページに詳しく載っているので、下のリンクからそちらもご覧ください。

  • 4637
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード