ゴタゴタの洗面所はグッズで整理!収納アイデアを一挙大公開【洗面所の収納・後編】

何かと物であふれがちな洗面所は、グッズを使うとスッキリと片付けることができます。前編で明らかになった洗面所における収納の悩みを踏まえ、主婦が活用している便利なグッズを紹介。綺麗な洗面所を保つためのアイデアも必見です!

  • 90822
  • 182
  • 0
  • いいね
  • クリップ

タオルにドライヤー、掃除用具、洗濯用品……。限られたスペースの中にたくさんの物を収納する必要がある洗面所。前編では「洗面所収納の悩み」についてのアンケート結果を見てきましたが、かなり多くの人が洗面所の収納について悩みを抱えていることがわかりました。

後編では、「洗面所の収納で工夫していること」というアンケートの結果を見てみましょう。洗面所の収納を便利にするアイデアが見つかるかもしれません。

■目次
1. カラーボックスが便利。空間を上手に使うには?
2. 人気の収納グッズは“突っ張り棒”
3. “当たり前”を心がけるだけで洗面所は綺麗になる
まとめ

1. カラーボックスが便利。空間を上手に使うには?

最も人気だったのが、「ラック・カラーボックス」。低価格でありながらシンプルで使いやすいことが人気の秘訣です。また「洗面台の収納」と「ランドリーラック」も人気を集めました。

それでは、アンケートの中から気になるアイテムを紹介していきます。お金も手間もかからないものが多いので、すぐに実践できますよ。

■カラーボックスは手軽に収納を増やす定番アイテム!

■「カラーボックスは安くて手に入りやすいので、脱衣所にも置いています」(30代・パート)

■「収納スペースの中にラックを入れています。さらにカゴを使って要素別に入れる物を分けています。だいぶスッキリ片付きました」(30代・パート)

■「洗面台の横の隙間にカラーボックスを2段重ねして、その上に洗濯カゴを2段重ねで置いています」(40代・主婦)

DIYでも人気の収納グッズ、カラーボックスが人気を集めました。低価格でシンプルな造りをしているので、ほかのグッズと組み合わせて使うこともでき、洗面所の収納でも活用されています。

LIMIAではカラーボックスのDIYアイデアを多数紹介しているので、ぜひ収納作りの参考にしてみてください。


■壁や天井近くのデッドスペースを上手く使う


■「壁面収納をつけたら収納場所が増えて便利になりました」(30代・主婦)

■「足元は広くとっておきたいので、頭上の空いたスペースに収納を付けています」(50代・主婦)

■「家を作る際、洗濯物関係の置き場として壁面収納を充実させました。正解でした」(40代・主婦)

壁や天井近くを活用すると、収納スペースがグッと増えます。最近は女性でも簡単に取り付けられる壁面収納や棚も販売されているので、床面に新しい収納棚を置けないときは検討してみるとよいでしょう。

2. 人気の収納グッズは“突っ張り棒”

次は「洗面所で役立つグッズ」です。ラックやカラーボックスのような大きな物ではなく、簡単に使える小さめのグッズが対象になっています。

一番人気は「つっぱり棒」でした。天井や棚の中など、使う場所を選ばない便利さで人気を獲得しています。

そのほかにも、定番アイテムのカゴやS字フックが人気になっています。それぞれのグッズを使った収納アイデアも合わせて聞いてみたので、参考にしてみましょう。


■デッドスペースを収納に変える“つっぱり棒”

■「とにかく脱衣所がせまいので、つっぱり棒にかごをぶら下げて、小物をいれています」(40代・主婦)

■「洗濯機の上のスペースがもったいなかったので、つっぱり棒で棚を作りました。そこにカゴを置き、ハンガーなど上手に片付けられないものを置いています」(40代・主婦)

■「天井近くに1本通しておくだけで物干し竿として使えますし、ハンガーがひっかかるので服の一時的な置き場所にも使えて便利です」(40代・パート)

アイデア次第でさまざまな活用法ができる、つっぱり棒。天井近くに使っても床の近くに使ってもいいですし、引っ掛けるのも上に物を置くのもいいという便利さ。

実際に使っている人も多いのではないでしょうか。有名な使い方は天井近くに2〜3本使って棚を作る方法です。壁面収納よりも手軽に収納を作れるのが嬉しいですね。

脱衣所の収納に便利な突っ張り棒は通販でも買うことができます。通販で購入する際はサイズなどに注意しましょう。

■おしゃれなものも多い“カゴ”

■おしゃれなものも多い“カゴ”

■「最近はネットや雑貨屋さんでおしゃれなランドリーボックスが販売されている。洗濯物を無造作に入れても絵になるので重宝している」(30代・パート)

■「小物類はカゴがあると便利。小さな物はなくしやすいので、まとめてカゴに入れておけば安心です」(40代・主婦)

■「百均やホームセンターなどで大小色々なサイズのカゴを買って、ざっくりと物を分けるだけでも、大分見た目が違うので」(40代・主婦)

カゴはもともと便利な収納グッズですが、最近は低価格でもおしゃれなカゴが多くなってきており、さらに使いやすくなっています。大きさの違うカゴを用途別に分けて使うことでより整頓され、使いやすさも見た目も格段に良くなります。

3. “当たり前”を心がけるだけで洗面所は綺麗になる

収納を増やすことも大切ですが、1番大切なのは普段から綺麗に保とうとする心がけです。そこで、最後に「洗面所や脱衣所のスペースを活用し、綺麗に片付いた状態を保つためのコツ」について聞いてみました。その中からいくつかアイデアを選んで紹介します。

■必要以上に買わない・増やさない

■「まずは極限まで物を減らすこと。物が少なければ掃除もスムーズにできます」(40代・主婦)

■「あまり必要以上にものを置かないようにする。買い置きも収納に入るだけしか買わない」(40代・パート)

特に多かったのが「物を増やさない」という意見です。洗剤などを安いからといってたくさん買い溜めせずに、収納量に見合った量だけにおさえると、洗面所が物であふれずに済みます。


■使ったらすぐに片付ける

■「基本的なことですが、必ず置く場所を決めておくことだと思います」(30代・パート)

■「外に物は出さない、汚れたらすぐに拭く、決まった場所にすぐに戻す、が1番」(30代・主婦)

同じくらい多かった意見が「収納場所を決める、使ったらすぐ戻す」という意見です。本当に基本的なことですが、実践し続けるのは簡単ではありません。

いろいろなグッズを駆使して使いやすいレイアウトを作ることが、「使ったら戻す」の習慣化を助けてくれるはずです。ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ

後編では「洗面所の収納で工夫していること」についてのアンケートをご紹介しました。収納に悩むことが多い洗面所ですが、女性の皆さんはいろいろな工夫をして悩みを解決していました。

最近はホームセンターや100円ショップでも便利な収納アイテムが販売されているので、しばらく足を運んでいなかった人は一度訪れてみると、悩みを解決するグッズが見つかるかもしれませんよ。


アンケート実施期間:2017年6月2〜3日
対象:20〜50代の専業主婦、パート・アルバイト、正社員、派遣社員、個人事業主の方
アンケート総数:50


LIMIAからのお知らせ

プロパンガスの料金を一括比較♡
・毎月3,000円以上のガス代削減で光熱費をお得に!
・今なら契約切替完了で10000円分のクオカードプレゼントキャンペーン実施中!

  • 90822
  • 182
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード