キャスターDIY8選!カラーボックスや収納ボックスを便利なおしゃれ家具に

カラーボックスや収納ボックスにキャスターを付けるDIYアイデアを8つ紹介。カラーボックスを収納ベンチやプレイテーブルに変えるリメイクアイデアや、収納ボックスをサイドテーブルや大容量ゴミ箱に変えるDIYアイデアを解説しています。キャスターを使った簡単アイデアばかりをピックアップしたので、ぜひ参考にしてください♪

  • 72524
  • 581
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キャスターを使った簡単DIYでカラーボックスや収納ボックスが大変身

カラーボックスや収納ボックスは機能性の高いリーズナブルな収納アイテム。ご自宅にひとつはあるのではないでしょうか? ここでは、カラーボックスにキャスターを付けて便利な収納家具にリメイクする方法や、キャスター付き収納ボックスのDIYレシピを8つ紹介します。

〔ニトリ〕のカラーボックスを応用したアイデアや100均アイテムを使ったDIYレシピなど、簡単なアイデアばかりを集めたので、DIY初心者の方も気軽に挑戦してみてください♪

カラーボックス×キャスターDIYアイデア4選|ベンチやプレイテーブルなど

まずは、市販のカラーボックスを応用したDIYアイデアを4つ紹介。カラーボックスはリーズナブルな価格で、リメイクもしやすいアイテムなので、DIY好きの方に人気のアイテム。ここでは、キャスターボックスや収納ベンチ、プレイテーブルなどのDIYアイデアを解説します。

①カラーボックスにキャスターをつけるシンプルDIYアイデア

最初に紹介するのは、カラーボックスにペイントして、キャスターをつけたシンプルなDIY。yokochinさんはご自宅のカラーボックスをインテリアにあわせて白単色のキャスター付きカラーボックスにリメイクしています。

材料

●油性ペンキ(ホワイト)
●杉板……2枚
●〔ダイソー〕のキャスター……4個

作り方

まず、カラーボックスにお好みのカラーの油性ペンキを塗ります。ちなみに、yokochinさんが使用するローラーや、はけも〔ダイソー〕で購入したそうです。カラーボックスの内側も裏面もムラなくきれいに塗りましょう♪

続いて、カラーボックスの横幅に杉板をカットして、カラーボックスの床面に釘打ち。重ねた杉板のすみ4点にキャスターをビス留めして完成です。カラーボックスが機能的でおしゃれなアイテムになりました♪

▽yokochinさんのアイデア詳細はこちら

②カラーボックスをリメイクしてアンティーク風キャスターボックスにDIY

narumintさんは、カラーボックスをアンティーク風にDIYしています。上記の画像が完成品です。擦れたテイストのカラーボックスが、どことなくアンティーク感を漂わせています。白ベースなので、どんな部屋の内装にも合わせやすいですよね。

材料

●カラーボックス……1個
●リメイクシート……1枚
●キャスター……4個
●取っ手……3個

作り方

まず、2段カラーボックスにリメイクシートを貼りつけ。narumintさんは〔セリア〕のリメイクシートを使用し、リーズナブルかつお手軽にアンティーク風に仕上げています。電動ドリルで穴を開け、ネジでキャスターを取り付けましょう。ちなみに、キャスターはストッパー付きのものにすると、さらに使い勝手がいいそうです。

同じように電動ドリルで穴を開け、アンティーク取っ手をネジで固定すれば完成です。ちなみに、写真のアンティーク取っ手も〔セリア〕の商品なのだそう。100均でそろえられるので、リーズナブルにカラーボックスDIYが楽しめますね♪

▽narumintさんのDIYアイデア詳細はこちら

③〔ニトリ〕のカラーボックスにキャスターを付けてプレイテーブルにDIY

Rさんは、〔ニトリ〕の扉付きカラーボックスを使って子ども用のプレイテーブルをDIYしています。ちなみに、扉部分の装飾に使用されるコースターや天板に貼られているクッションバーはすべて100均で購入したそうです。

材料

●〔ニトリ〕の扉付きカラーボックス(3段)……2個
●〔セリア〕コースター(1セット4枚入り)……6セット
●〔ダイソー〕のアクリル絵の具
●〔セリア〕のキャスター(1セット2個入り)……4セット
●〔セリア〕のカラークッションバー……6本
●〔セリア〕のコーナー用カラークッションバー(1セット4個入り)……1セット

作り方

まず、〔ニトリ〕のカラーボックスを組み立てて、カラーボックスの扉材にホワイトの水性塗料を塗ったコースターをボンドで接着。ボンドを乾かす間に、カラーボックスの底面4箇所にキャスターをビス留めして、扉部分を組み立てます。

続いて、カラーボックスの縁にクッションバーを貼っていきます。このクッションバーは安全対策と、レゴなどのブロック落下防止の土手になっているそうです。なお、クッションバーはお好みの長さにあわせてカッターで簡単にカットできます。

クッションバーを貼り付けたら完成♪ 普段はカラーボックスを壁際に並べておいて、遊びの時間だけキャスターで動かして、プレイテーブルにしているそうです。

▽Rさんのアイデア詳細はこちら

④カラーボックスにキャスターを付けて収納ベンチにDIY

同じくRさんのカラーボックスを使ったアイデア。今度は〔ニトリ〕の扉なし2段カラーボックスを使って、収納付きベンチをDIYしています。カラーボックスがベンチの代わりになったら、機能性もコスパも最高ですよね♪ 

材料

●〔ニトリ〕のカラーボックス(2段)……1つ
●キャスター……6個
●木板
●コルクボード

作り方

作り方はとっても簡単。〔ニトリ〕のカラーボックスを組み立て、床面にキャスターを4隅と中央に計6個取り付けます。なお、100均のキャスターは耐荷重が10kgだったそうなので、ホームセンターで耐荷重30kgのものを買ってきたそうです。

続いて、座面に補強として木板を敷いたら完成。Rさんは、さらにカラーボックス裏面にコルクボードを貼って、来客時など、収納を見せたくないときは後ろ向きにしているそうです。

▽Rさんのアイデア詳細はこちら

収納ボックス×キャスターDIYアイデア4選|大容量ゴミ箱やサイドテーブルなど

カラーボックスを使用したアイデアに続いて、今度は収納ボックスにキャスターを付けた“キャスターボックス”のDIYアイデアを紹介します。なお、今回は収納ボックスもいちからDIYするアイデアをまとめたので、すべてDIYで作れますよ♪ 

①ゴミ箱もキャスターボックスとして便利に!

hitominさんは、ゴミ箱を隠すシャビーシックなキャスターボックスをDIYしています。完成品はこちら。ゴミ箱らしからぬ、とってもおしゃれですてきなインテリアに仕上がっていますね♡

材料

【材料】
●キャスター付きすのこ…1枚
●木板…4枚(9mm or 12mm)
●1×4材の板
●端材
●金具
●塗料

作り方

キャスター付きすのこの周りを覆うように、木板を取り付けていきます。キャスター付きすのこがないという場合には、普通のすのこでも代用可能だそうです。

続いて、カットしたすのこに木板を取り付け、すのこの裏にキャスターを取り付けます♪

フタの裏はこんな感じです。1×4材を少し大きめにカットし、ボンドと金具でつなぎ合わせます。

キャスターを動かしてもズレないよう、フタの角4カ所にゴミ箱サイズにぴったりカットした端材の留めを取り付けましょう。フタと本体に色を塗った後、ヤスリがけをしてシャビーシックに仕上げます。最後に、おしゃれなシールを貼れば完成ですよ。

▽hitominさんのアイデア詳細はこちら

②サイドテーブルにもなるキャスターボックスをDIY

KOROMOTANKOさんは、〔セリア〕の材料を使ってミニ引き出しワゴンをDIYしています。シンプルかつほどよいサイズ感なので、キッチンや寝室などのちょっとしたスペースの収納に重宝しそうですね。

材料

●ウッドボックス……4つ(約25cm×21cm)
●すのこ……3枚(40cm×25cm)
●天板用のMDF材……1枚
●丸棒……2本
●キャスター……4個
●底板用の木板……1枚
●塗料

作り方

すのこを2枚向き合うように立て、天板と底板を取り付けていきます。天板の奥行きはすのこに合わせてカットし、横幅はウッドボックスよりも数mm程度大きくカットしましょう。

残りのすのこを使い、引き出し部分の段を作っていきます。すのこは解体し、釘で固定しましょう。その際、ウッドボックスが入るかどうかを確認しながら、固定してください。ちなみに、すのこではなく〔セリア〕の木製角材でも代用可能だそうです。

解体して余ったすのこ部分を使用し、背板を取り付けていきます。KOROMOTANKOさんは、家にある余ったベニヤ板を使用したとのこと。背板を取り付ける理由は、引き出しが奥に行き過ぎるのを防ぐためなので、すのこでもベニヤ板でもどちらでも問題ありません。

すのこの上部両端に丸棒を取り付ければ、大枠は完成です。

セリアの水性塗料を使って、色を塗っていきます。色はお好みのもので構いません♪

乾いたら底板にキャスターを取り付け完成です。なお、〔セリア〕のキャスターは金具のほうが大きいとのことなので、ネジ留めする際にはワッシャーを噛ませることをおすすめします。

▽KOROMOTANKOさんのアイデア詳細はこちら

③シンプルなおもちゃの収納キャスターボックスをDIY

makkyfoneさんは、キャスター付きのおもちゃ収納をDIYしています。シンプルでかわいいおもちゃ収納ですね。お部屋のインテリアを邪魔しないのも高ポイントです♪

材料

●木材(SPF材・角材など)
●塗料
●キャスター
●持ち手
●紐
●ボンド

作り方

木箱の枠になる木材は、ヤスリがけをしてオイルステインで色付けします。続いて、写真のように並べ、ビスで固定していきます。

4角い枠になるように組み立てたら、底板をビスで固定しましょう。4隅にキャスターを取り付けるので、その分のスペースをしっかりと確保しておいてくださいね。

持ち手を取り付け、紐でつないだら完成です。列車のように引っ張りながらお片付けできるので、お子さんもきっと喜んでくれるでしょう。

▽makkyfoneさんのアイデア詳細はこちら

④木材も収納できるキャスター付きストックボックスをDIY

HANDWORKS*RELAXさんは、OSB合板を使って端材をストックするキャスターボックスをDIYしています。こちらが完成品です。端材入れなのに、とってもおしゃれ! お部屋のインテリアとも相性が抜群で、すてきな仕上がりですよね。

材料

●OSB合板
●角材
●キャスター
●持ち手
●セリアのナンバープレート

OSB合板はホームセンターで購入できるので、その場でカットしてもらうと作業がラクに済むそうです。

作り方

合板の両端に、ビスを使って角材を固定します。そのまま合板にビスを打つと割れてしまうことがあるので、必ず角材でクッションしてくださいね。

側板と底板もビスで固定すれば、9割方完成です。

持ち手やキャスター、ナンバープレートなどを付けることで、よりオリジナリティのあるストックボックスに仕上がりますよ♪

▽HANDWORKS*RELAXさんのアイデア詳細はこちら

お手軽なキャスターDIYで便利な収納家具を作ろう!

カラーボックスや収納ボックスにキャスターDIYを施せば、さまざまな収納アイテムができます。カラーボックスをリメイクしたいと思っている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 72524
  • 581
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード