キャスターボックスをDIYして便利な収納を手に入れよう!アイデアや作り方をご紹介

キャスターボックスをDIYするアイデアをご紹介します!ボックスはキャスターを付けることによって更に便利になりますよ。ここではキャスターボックスの作り方やキャスターを取り付けるアイデアを大公開します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 55475
  • 567
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カラーボックスをリメイクしてキャスターボックスをDIY

narumintさんは、カラーボックスをアンティーク風にDIYされました。

こちらが完成品です。
擦れたテイストのカラーボックスが、どことなくアンティーク感を漂わせています。
白ベースなので、どのようなお部屋にも合うのがうれしいですよね。

【材料】
・カラーボックス…1個
・リメイクシート…1枚
・キャスター…4個
・取っ手…3個

2段カラーボックスに、リメイクシートを貼ります。
narumintさんはセリアのリメイクシートを使用し、リーズナブルかつお手軽にアンティーク風に仕上げています。

電動ドリルで穴を開け、ネジでキャスターを取り付けましょう。
ストッパー付きのものを選ぶと安心ですよ♪

これまた電動ドリルで穴を開け、アンティーク取っ手をネジで固定すれば完成です。
ちなみに、写真のアンティーク取っ手もセリアの商品なのだそう。
100均でそろえられるので、かなりリーズナブルにカラーボックスDIYが楽しめますよ♪

▼narumintさんのアイデアはこちら▼

ゴミ箱もキャスターボックスとして便利に!

hitominさんは、ゴミ箱を隠すシャビーシックなキャスターボックスをDIYされました。

完成品はこちらです。
ゴミ箱らしからぬ、とってもおしゃれで素敵なインテリアに仕上がっていますね♡

【材料】
・キャスター付きすのこ…1枚
・木板…4枚(9mm or 12mm)
・1×4材の板
・端材
・金具
・塗料

キャスター付きすのこの周りを覆うように、木板を取り付けていきます。
キャスター付きすのこがないという場合には、普通のすのこでも代用可能です。
カットしたすのこに木板を取り付け、すのこの裏にキャスターを取り付ければOKです♪

蓋の裏はこんな感じです。
1×4材を少し大きめにカットし、ボンドと金具でつなぎ合わせます。
キャスターを動かしてもズレないよう、蓋の4カ所にゴミ箱サイズにぴったりカットした端材の留めを取り付けてください。蓋と本体に色を塗った後、ヤスリがけをしてシャビーシックに仕上げます。
おしゃれなシールを貼れば完成ですよ。

▼hitominさんのアイデアはこちら▼

サイドテーブルにもなるキャスターボックスをDIYしてみた

KOROMOTANKOさんは、セリアの材料を使ってミニ引き出しワゴンをDIYされました。

こちらが完成品です。
シンプルかつ程よいサイズ感なので、キッチンや寝室などのちょっとしたスペースの収納に重宝しそうですね。

【材料】
・ウッドボックス…4つ(約25cm×21cm)
・すのこ…3枚(40cm×25cm)
・天板用のMDF材…1枚
・丸棒…2本
・キャスター…4個
・底板用の木板…1枚
・塗料

すのこを2枚向き合うように立て、天板と底板を取り付けていきます。
天板の奥行きはすのこに合わせてカットし、横幅はウッドボックスよりも数mm程度大きくカットしましょう。

残りのすのこを使い、引き出し部分の段を作っていきます。
すのこは解体し、釘で固定しましょう。
その際、ウッドボックスが入るかどうかを確認しながら、固定してくださいね。
ちなみに、すのこではなくセリアの木製角材でも代用が可能とのことです。

解体して余ったすのこ部分を使用し、背板を取り付けていきます。
KOROMOTANKOさんは、家にある余ったベニヤ板を使用したとのことです。背板を取り付ける理由は、引き出しが奥に行き過ぎるのを防ぐためなので、すのこでもベニヤ板でもどちらでも問題ありませんよ。

すのこの上部両端に丸棒を取り付ければ、大枠は完成です。

セリアの水性塗料を使って、色を塗っていきます。
色はお好みで構いませんよ♪

乾いたら底板にキャスターを取り付け、完成です。
なお、セリアのキャスターは金具のほうが大きいとのことなので、ネジ留めする際にはワッシャーを噛ませることをおすすめします。

▼KOROMOTANKOさんのアイデアはこちら▼

おもちゃの収納キャスターボックスをDIY

makkyfoneさんは、キャスター付きのおもちゃ収納をDIYされました。

こちらが完成品です。
シンプルで可愛いおもちゃ収納ですね。
お部屋のインテリアを邪魔しないのも高ポイントです♪

【材料】
・木材(SPF材・角材など)
・塗料
・キャスター
・持ち手
・紐
・ボンド

木箱の枠になる木材は、ヤスリがけをしてオイルステインで色付けします。
写真のように並べ、ビスで固定していきます。

四角い枠になるように組み立てたら、底板をビスで固定します。
四隅にキャスターを取り付けるので、その分のスペースをしっかりと確保しておいてくださいね。

持ち手を取り付け、紐でつないだら完成です。
列車のように引っ張りながらお片付けできるので、子どもが喜ぶこと間違いなしですね。

▼makkyfoneさんのアイデアはこちら▼

つなげて、引っ張って、子供が楽しく片付けできるおもちゃ収納DIY

春に向けての、新生活シーズン。収納を見直したい方もいらっしゃるかと思います。我が家は子供部屋の収納にずっと悩まされています。でも、ふときづいたのは、収納も、子供目線になれば、子供ももっと片付けしやすくなるのかなーと笑、とりあえず放り込むだけ、入れてくれたらOK!ぐらいの気持ちで、今回の収納方法を思い付きました!どうせなら、楽しくできたらと、子供が喜んでくれそうな、木箱を列車のように、つなげて稼働できるようにもしてみました(*^^*) これで「片付けなさ~い!」のストレスからも、すこしは解放されたらいいな笑 そんな思いからできた、今回のDIYです(*^^*)最後までお読みいただけたら、うれしいです。

makkyfone

キャスター付きストックボックスの作り方は?

HANDWORKS*RELAXさんは、OSB合板を使って端材をストックするキャスターボックスをDIYされました。

こちらが完成品です。
端材入れなのに、とってもおしゃれです!
お部屋のインテリアとも相性が抜群で、素敵な仕上がりですよね。

【材料】
・OSB合板
・角材
・キャスター
・持ち手
・セリアのナンバープレート

OSB合板はホームセンターなどで購入できるので、その場でカットしてもらうと作業が楽ですよ。

合板の両端に、ビスを使って角材を固定します。
そのまま合板にビスを打つと割れてしまうことがあるので、必ず角材でクッションしてくださいね。

側板と底板もビスで固定すれば、9割方完成です。

持ち手やキャスター、ナンバープレートなどを付けることで、よりオリジナリティのあるストックボックスに仕上がりますよ。

▼HANDWORKS*RELAXさんのアイデアはこちら▼

まとめ

キャスターボックスは、さまざまな場面で役立つアイテムです。
ぜひ、これらのアイデアを参考にしてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 55475
  • 567
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード