焼杉の家 ~野津のリノベーション~

道路沿いに建つ、築40年を迎える木造住宅のリノベーション。
ご両親が想いを込めて建てられた住宅は、
2世代→4世代へと家族の形態が変わってゆくなかで手を加え住んでこられました。

4世代ご家族が共に過ごす家として、これまで以上により良く住めるように、
現在そしてこれからの家族の変化に合った住まいを求め、設計が始まりました。

土地の傾斜に合わせて田畑が広がり、隣家と程よい距離を保つ長閑な地域でありながらも、
道路に沿って建つため交通量も多くなったこと、時代の変化に伴い道路の高さが上がるなど、
建物だけでなく敷地の隣地との関係を含め見直していくことにしました。

建てた時からの焼杉と、今回のリノベーションで新たに貼った焼杉。
新旧の板壁が、40年の時の流れを穏やかにとどめています。

家の歴史をひとつひとつ紐解いて、
家族の思いやりが、こまやかに宿る家となりました。

  • 7548
  • 61
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 7548
  • 61
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

山道勉建築は大分県を拠点に、住宅を主に設計・監理を専業とした設計活動をしています。クライアントとじっくりお話しながらつくることを大事にしてきました。ともに「丁度…

おすすめのアイデア

話題のキーワード