鉄骨造ビルへブレースでなく新特許:粘性耐震スタッド工法ご提案

■予算の範囲ならば耐震補強を切望されているケースが非常に多い。適価で短期間に耐震業務完了し、耐震不安解消をお考えの際は当チーム可能です!         
■これまでの大手ゼネコン等による無理な「非常に割高な工事費提案」若しくは「安易な解体提案」に対し、無理ない範囲の予算を提示でき、ビルの長寿命化「空室無し」を目標に掲げます!                                  
■実現可能な予算の範囲でで耐震補強設計から耐震工事まで一連で行える様、直属の耐震工事専門チームを組織しました!
■特許申請工法②「粘性耐震スタッド(鉄骨造用)」を新開発。ブレース配置で無く、伸縮性固定端間柱配置にて耐震性確保可能です!テナント入居済みのまま、重機利用せず建物外部工事は一切無く、短期間での工事が可能です!
■基本的に、東京都内物件に限り「東京都耐震改修済マーク」取得まで行います。

  • 981
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 981
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建替え提案せず、あくまで空室無しを究極目標に、テナント入居のまま、独自の2つ特許工法にて旧耐震オフィスビル中心に耐震診断から耐震補強工事まで行います。補強は全て…

おすすめのアイデア

話題のキーワード