お月見は日本のハロウィン!?由来や歴史も紹介

  • 11
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お月見は日本に古くから伝わる文化なので、子供と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。由来や歴史を知り、子供に伝えるのも行事ごとの一行です。由来や歴史の他に、お供え物や「お月見どろぼう」についても紹介しています。

 

お月見ってどんな行事?歴史や風習を紹介

 
【実はお月見って満月じゃないことも…】

お月見は十五夜の夜に、美しい満月を観賞する行事と思われがちですが、実は必ずしも満月であるとは限りません。旧暦の8月15日が十五夜とされているので、現在の暦では毎年十五夜の日は変わります。

 

旧暦は月の満ち欠けをもとに決められていましたが、現在の暦は太陽の動きが基準になっています。そのため、十五夜の日が、満月ではないことがあります。しかし、1日~2日程度しかかわらないので、満月に近い美しい月を観賞できます。

 
【子供にも伝えたい、お月見の本当の意味や歴史】

十五夜のお月見は芋の収穫時期にあたり、芋の収穫に感謝する行事です。「芋名月」と呼ばれることもあります。旧暦は月の満ち欠けを基にしており、昔の人々の生活は、月と深い関係にあることがうかがえます。

 

お月見には、月の神様である「月読命」(ツクヨミノミコト)に収穫物をお供えし、収穫への感謝と、お祝いをしていました。特に農業や漁業をしていた方は、月の満ち欠けを頼りにしており、五穀豊穣、豊漁守護の神様としてあがめられています。

 
【お月見を楽しむのは、十五夜だけじゃない!】

十五夜のお月見は、芋の収穫を感謝する行事でしたが、他にもお月見をする行事があります。豆や栗の収穫を祝う十三夜、稲の収穫を祝い、田の神様に感謝する十日夜(とおかんや)にも、お月見をする習わしがあります。

 

十五夜ほど一般的ではありませんが、「片見月」といって十五夜か十三夜どちらかだけお月見をするのは、あまり縁起が良いものではないとされています。

 

十三夜は、少し欠けた月になりますが、十五夜に並び美しい月といわれています。家で過ごす時間が増えた今、十五夜だけでなく、十三夜にもお月見をしてみてはいかがでしょうか。

 

十五夜、十三夜、十日夜は「三月見」(さんつきみ)と言われ、三月見の日すべて、月を見ることができると、良いことがあるといわれています。十三夜は旧暦の9月13日、十日夜は旧暦の10月10日です。十五夜と同様、現在の暦では毎年月日が変わります。

 

2021年の三月見

十五夜…9月21日(火)

十三夜…10月18日(月)

十日夜…11月14日(日)

2022年の三月見

十五夜…9月10日(土)

十三夜…10月8日(月)

十日夜…11月3日(祝)

2023年の三月見

十五夜…9月29日(金)

十三夜…10月27日(金)

十日夜…11月22日(水)

2024年の三月見

十五夜…9月17日(火)

十三夜…10月15日(火)

十日夜…11月10日(日)

2025年の三月見

十五夜…10月6日(月)

十三夜…11月2日(日)

十日夜…11月29日(土)

 

 

 

お月見の由来は?お供え物について

 
【お月見の由来について】

お月見は平安時代に中国から伝わり、平安貴族の間で広まった文化とされています。和歌やお酒を楽しみながら、月を観賞していたようです。

 

江戸時代に入ると、庶民の間でもお月見を楽しむようになりました。収穫を祝う行事へと変化し、現在のお月見へと受け継がれています。十五夜は中国から伝わったお月見ですが、十三夜のお月見は、日本で誕生した文化といわれています。

 
【お供え物、お団子やすすきの他にもある?】

お月見団子

お月見団子は地方によってさまざまな形で作られているようです。「芋名月」でもある十五夜では、お団子を里芋のような形にして、お供えする地域もあります。

 

丸い形は、お団子を月になぞらえています。十五夜には15個、十三夜には13個、お供えします。お月見団子は健康や幸せを得られるとされているので、お月見が終わったらいただきましょう。

 

すすき

すすきをお供えするのは、神様の依り代(ヨリシロ)である稲穂の代わりです。お月見の時期は稲穂が実る前なので、すすきを稲穂になぞらえて、お供えするようになったといわれています。すすきには魔除けになるといわれており、すすきを軒先や庭に吊るす地域もあるそうです。

 

旬の野菜や果物

お月見は収穫に感謝する行事なので、十五夜には里芋やサツマイモをお供えします。十三夜は豆や栗をお供えしましょう。他にも旬の野菜や果物をお供えします。特にぶどうのようにツル植物は「神様とつながる」とされ、縁起がよいです。

 

 

月の神様もにっこり、お月見どろぼう

 

「お月見どろぼう」を知っていますか?一部の地域では、現在もおこなわれているお月見行事です。日本版ハロウィンのような行事で、とてもすてきな行事なので紹介します。

 
【お月見どろぼうはどんな行事?】

お月見どろぼうは江戸時代からおこなわれていた行事で、お供え物を子供たちがこっそり盗んでいきいきます。子供たちは月の使者とされ、お供え物を盗まれると「お月様が食べてくださった」と喜ばれます。

 

多く盗まれると「豊作になる」と、言い伝えがあり縁起がよいそうです。現在では、住宅事情や防犯面から、よそ様の敷地に入るのは、難しいことも多いです。

 

しかし今でも、小分けしたお菓子を玄関先や庭先に用意して、「お月見どろぼう」がおこなわれている地域があります。現在では、「お月見どろぼうです!」や「お月見ください」などと、子供たちが声をかけながら町内を回るそうです。

 

まるで、日本版ハロウィンですよね?最近ではお月見どろぼうが見直され、復活に取り組む地域も増えているそうです。ハロウィンも楽しいイベントですが、日本の風習が受け継がれていくのは、喜ばしいことではないでしょうか。

 

 
【おわりに】

お月見の日は毎年変わりますし、平日なので縁遠い方も多いかもしれません。しかし、日本に古くから伝わる風習なので、おうち時間が増えた今こそ、お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

今さら人に聞けない!中秋の名月とは?由来や風習を紹介

中秋の名月を愛でる行事は、日本だけではありません。日本の中秋の名月の由来や風習とは?世界は中秋の名月を、どんな風に楽しんでいる?そんな中秋の名月にまつわる色々を紹介します。中秋の名月とは?のウンチクを、一緒に楽しんでみてくださいね。

「今さら人に聞けない!中秋の名月とは?由来や風習を紹介」を読む

この記事を書いたのは

暮らしの冒険Webマガジン Pacoma


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード