生活感のない部屋をつくる。シンプルでおしゃれを目指す6つのコツまとめ

賃貸インテリアのアイディア集

  • 1000
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1. ベッドリネン、カーテンは「白」を選ぶ

部屋の中で大きな面積を占めるカーテン、ベッドのファブリックは、なるべく白を選ぶのが正解。ホテルなどのベッドリネンもほとんどの場合、白が使われています。生活感なく、清潔感ある部屋にする第一歩です。

白いファブリックは、部屋を広く、明るく見せてくれる効果もあります。

2. 日用品のパッケージを変える

まずは日用品のパッケージをシンプルなものに変えるところから。パッケージの柄や文字がなくなるだけで、ぐっとシンプルなお部屋になります。素材にもこだわった、おしゃれなものを選びたいですね。

洗剤やファブリックミスト、アルコールスプレーなどのボトルも、デザインが揃ったものに変えましょう。詰め替えボトルを買うのもいいですが、初めからデザインにこだわったアイテムを選ぶ手も。

3. ごちゃごちゃしたケーブルを隠す

コンセント周りのごちゃごちゃとした配線も、専用のボックスなどを使って隠しましょう。こちらはナチュラルな雰囲気のケーブル専用ボックス。ルーターも隠せます。

「延長コードの電源タップがごちゃごちゃしてる」場合は、おしゃれで壁掛けできるこんな電源タップを使う手もありますよ。

4. 床やテーブルの上にものを置かない

床やテーブルの上につい出しっぱなしにしてしまうものは、専用の置き場所をちゃんと作りましょう。床とテーブルに常にものがない状態を保つことで、暮らしやすく、生活感のないお部屋になります。

カバンなど、つい出しっぱなしになってしまうアイテムを、アウトドアのランタンハンガーに引っかける、こんなアイディアも。

5. 収納ボックスは色、素材、サイズを揃える

収納ボックスはなるべく同じデザインのもので揃えましょう。色と素材、大きさが揃っていると、とても整って見えます。

カラーボックスなど、ごちゃごちゃ見えてしまいがちな棚の中身も、デザインの揃ったぴったりのボックスに入れれば、こんなにすっきり。

6. ごちゃごちゃした場所は布で隠す

キッチンなど、日用品な食品のストックでごちゃごちゃしている棚は、布をかけて隠してしまうのもありです。

テレビなど、部屋のインテリアに合わない家電にも使わないときは布をかけておくことで、部屋の雰囲気を統一できます。

こちらもおすすめ

もはやどう手をつけていいかわからない人のための「片付けの基本ステップ」まとめ

散らからない部屋づくりのために。賃貸の収納の基本を知ろう

おしゃれなインテリア実例いっぱい。 goodroom journal

  • 1000
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸情報サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど…

goodroomさんの他のアイデア

コラムのデイリーランキング

おすすめのアイデア