しっとりとした秋の風情を醸す花!シュウメイギクの育て方

  • 15
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

シュウメイギクは「秋明菊」。名前に秋の文字を冠する、秋にふさわしいしっとりとした雰囲気を醸する草花です。花苗も多く出回り、入手も容易。ぜひ庭やベランダで育ててみませんか?

和庭にも洋庭にも似合うシュウメイギクをきれいに咲かせるコツ

いかにも和庭の花のように思えるシュウメイギクですが、、モダンな洋庭のアクセントにもなり、ナチュラルガーデンのコーナーにも似合います。栽培適地や育て方のポイントをおさえて、たくさんの花を咲かせましょう。

 
【シュウメイギクとは?】

和のイメージが強いシュウメイギク(キンポウゲ科)。英語でも「ジャパニーズ・アネモネ(Japanese anemone)」と呼ばれますが、原産地は意外にも中国。古い時代に日本に伝わり、広まって、いまや日本各地で自生する姿も見られます。

シュウメイギクは、草丈50~100㎝。8~11月が花期ですが、花びらに見える薄紫や白の部分は萼片(がくへん)。細い茎の上に付き、秋風に触れる姿が優美です。

シュウメイギクはしっかり根付くと、太い地下茎を伸ばしてよく増え、あまりの手のかからない多年草です。耐寒性に優れ、冬は地上部が枯れますが、地中で根は生きています。春になるとまた芽吹き、夏の暑さがひと段落するころに花茎をのばし、秋に開花…というサイクルです。

シュウメイギクは、比較的日陰にも耐える性質のため、シェードガーデン(日陰の庭)に植栽されることもあります。鉢植えでもよく育つので、ベランダガーデンにもどうぞ。

 
【シュウメイギクの栽培適地】

シュウメイギクは、日当たりのよい場所よりも、半日蔭の場所を好む植物です。あまり日が強く照りつけるところだと、葉が乾燥し、草丈が伸びず、生育不良になりがちです。特に夏の高温や、ひどい乾燥は大敵!

ただし、一日中日のささない日陰になると日照不足に。花が咲かなくなりますから、ある程度の日差しは必要です。庭に地植えする場合には、フェンスや生垣の側、庭木の株元などがおすすめ。

また、水はけのよい土壌に植えることも大切です。水はけが悪いと、根腐れを起こして枯死することもあります。地植えする際には、腐葉土などをしっかりとすき込み、水はけを改善させましょう。

 
【シュウメイギクの水やりと肥料】

庭にシュウメイギクを地植えする場合、しっかりと根づけば定期的な水やりは必要ありません。もし長く雨が降らず、非常に乾燥した状態が続くようなら、そのときだけ水やりを。

鉢植えは乾きやすいため、鉢土が乾いた段階で、しっかり水やりをします。水やりは、鉢底穴から水が滴るまで、たっぷりと与えましょう。水が切れると、最悪の場合は枯死してしまいます。日々、鉢土の乾き具合のチェックを欠かさずに!

地植えのシュウメイギクへの肥料は、春と秋に与えます。鉢植えのシュウメイギクは、肥料切れしないように注意を。肥料が足りないと、花つきが悪くなります。芽吹く春先や秋には、置き肥や液肥を規定量与えましょう。

なお地植え・鉢植えに関わらず、夏の高温シーズンには、肥料を与えないでください。根を痛めてしまいます。シュウメイギクの開花が終わった頃には「お礼肥」を。来年も美しい花を咲かせるために、油粕や化成肥料を与えるのが、シュウメイギク栽培のコツです。

 
【シュウメイギクの植え付け・植え替え】

シュウメイギクの植え付け・植え替え適期は、3~5月、または9~10月です。地植えにしたシュウメイギクは、地下茎を伸ばしてどんどん増えていきます。しばらくはそのままにしておいてよいのですが、植え付けから数年を経ると、どんどん窮屈に。生育不良になるようなら、株分けをして植え直しましょう。

鉢植えのシュウメイギクは、毎年植え替えをしないと根詰まりが心配です。鉢を大きくするか、株分けして一株ずつ鉢に植え替えます。

なお、鉢植えの花付きのシュウメイギクを買ってきて、地植えにする、または別の鉢に植えなおす場合には、根を痛めないように根鉢を崩さず植えるのがコツです。

 
【シュウメイギクの育て方のコツ】

シュウメイギクは直射日光が苦手です。特に株元に強い日差しが当たると、地温が上昇し、株が弱ってしまいます。ワラやバークチップなどでマルチングしておくとよいでしょう。寒さには強いので、冬の防寒は必要ありませんが、霜柱で株が浮き上がるのを防ぐ目的ではマルチングが有効です。

シュウメイギクはいくつもの茎が発生して、こんもり茂る性質。株の風通しを良くするためにも、花が枯れたら花だけではなく、花茎ごと切り戻しましょう。また、開花に関係なく、株が込み合いすぎたり、予想外に地下茎が伸びて広がったりするようなら、適宜間引きを。

ベランダガーデンでもよく育つシュウメイギクですが、シーズンごとに鉢を移動させるのが栽培のポイントです。夏は直射日光を避けて、半日陰になるところに。どんどん成長する春になれば、日向でしっかり日に当てるとよいでしょう。

 
【おわりに】

いかがでしたか? シュウメイギクは毎年花を楽しめる多年草です。難しい栽培テクニックも不要なので、ぜひ育ててみてくださいね。

おすすめ記事

秋冬からでもはじめられる!好きな野菜と果物を自給自足でまかなおう!

採れたてのおいしさはもちろん育てる楽しみも味わえる家庭菜園。心配な害虫対策は、新発売の「ベニカAスプレー」で!

「秋冬からでもはじめられる!好きな野菜と果物を自給自足でまかなおう!」を読む

この記事を書いたのは

暮らしの冒険Webマガジン Pacoma


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード