業務スーパーのチュロスはトースターで手軽に作れてアレンジ自在

業務スーパーで販売されている『チュロス』ご紹介します。トースターで作れるので揚げる手間がなく、食べたいときにすぐに食べられる冷凍チュロスです。甘みがつけられていないシンプルなチュロスなので、お好みに合わせてはちみつをかけたりアイスをのせたりとアレンジが楽しめます。

  • 2455
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

業務スーパーのチュロスとは?コスパに優れた冷凍食品

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:冷凍チュロス
  • 価格:267円(税込)
  • 内容量:200g
  • 産地:スペイン
  • カロリー:329kcal(100g当たり)

普通のスーパーではあまり見かけない、安くておいしいものが集まる業務スーパー。数ある人気商品の中でも、注目したいのがこの冷凍チュロスです。

パッケージには200gで8〜9本入りと書かれていて、購入したものは下段に4本、上段に5本入って9本入りでした。1本当たり、税込で約29.6円とコスパ抜群です。

提供:LIMIA編集部

業務スーパーのチュロスの作り方はトースターで温めるだけ!

提供:LIMIA編集部

作り方は、凍ったままのチュロスを予熱したトースター(1200W)で5本あたり約7分加熱するだけです。1、2本食べたいというときは、加熱時間を調整してみてくださいね。

冷凍庫からサッと取り出して、10分くらいで作れるので、忙しいときの子どものおやつにもぴったりですね。まずは自分用に1本トーストしてみました。

提供:LIMIA編集部

焼きあがると、ふわっとドーナツのような香りに興奮してしまいました。チュロスの表面には砂糖などがついていないので、そのまま食べるとシンプルな生地そのものの素朴な味わいです。スープやシチューと一緒に食べても相性がよさそうです。

指定された7分だと、それほど見かけは変化がありませんでした。もう少し加熱時間が長くてもよかったのかもしれません。加熱時間はお好みにあわせて、調整してみてください。

業務スーパーのチュロスの味は?シナモンシュガーやはちみつでアレンジ!

提供:LIMIA編集部

焼きたてのチュロスは外側はカリカリなのに、中はもちっとしています。

甘いのがお好みの方は、グラニュー糖やシナモンシュガーがおすすめ。耐熱性のあるビニール袋にグラニュー糖やシナモンシュガーを入れ、袋の口を閉じてシャカシャカと振るだけでチュロスの表面にまんべんなく味つけできます。

また、はちみつやバニラアイス、溶かしたチョコレートなどと合わせればアレンジレシピも楽しめます。

1本目はシナモンシュガーでチュロスを食べてみましたが、チュロスの表面はカリッとしていて軽い食感。あっという間に食べ終えてしまうほど。

2本目ははちみつにディップしてみました。ザクッとした食感にはちみつの優しい甘みがマッチして同じチュロスとは思えないほど違った味わいが楽しめます。食べる時にアレンジできるので好みに合わせて食べられるのもいいですね。

業務スーパーのチュロスは子どものおやつに朝食に大活躍!

提供:LIMIA編集部

子どもでも食べやすい細長いスティック状のチュロス。長さも長すぎず短すぎない、手で持って食べるのにちょうどいい約18cmです。

グラニュー糖を少なめにしたり、はちみつを使って甘さを調整したりとご家庭で味つけできるのも魅力です。

冷凍庫に常備しておけば、食べたいと思ったときにすぐトースターで簡単に調理できるので突然の来客のおもてなしやお子さまのもっと食べたいというリクエストにも安心です。


話題の業務スーパーの商品をもっと知りたい、マニアのリピ買いランキングや便利な冷凍食品をチェックしたい方はこちらの40選もおすすめです。

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

  • 2455
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

グルメのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード