VOL1.モルタル造形フェンスDIY! レンガ柱編

我が家の北側、道路沿いのフェンスですが、毎年の冬の除雪によってアルミフェンスが倒され直しても翌年また倒され・・・
とうとうフェンス柱が折れてしまいました。
そこで丈夫でオシャレなフェンスを造ってしまおうという訳で、モルタル造形でフェンスを造ることにしました。

お庭側の塗り壁フェンスに続き、シリーズとしてご紹介したいと思います!

  • 8110
  • 31
  • 0
  • いいね
  • クリップ

フェンス間のレンガ柱DIY!

まずは問題のアルミフェンスを撤去しました。
ここに3分割に分けてレンガとブロックでモルタル造形のベースを立てていきます。
最初に1区画目にあたるブロック塀のワンポイントとしてレンガ柱を建てました(^_-)/

レンガ柱のベース造り!

この場所はアルミフェンスが建ててあり、しっかりした基礎があります。
この基礎を使ってブロック積をしようと思いますがここには鉄筋がありません((+_+))
レンガ柱はともかくブロック積には鉄筋は必要ですね!
そこで!!
道路沿いの塀なので既存の基礎端から半分ほど建物側にオフセットして、フェンス幅に足りない半分は新たに基礎を造りその基礎にブロック積み用の鉄筋を入れようと考えました。
と言う事で・・・
レンガ柱も既存の基礎端から半分後ろに下げて建てました。

既存の基礎にレンガ柱の積み始めが揃う様に既存基礎の天端からレンガ1個分を引き、残った隙間をスライスしたレンガを入れて地下から積んできた様ベースを造りました。

既存の基礎の端は乱張りの枠に作ったレンガに合わせる為カットしておきました!

レンガ柱積始め!

今回(1区画目)は3本のレンガ柱を最初に立て、このレンガ柱の間にブロックを積み塀を造ります。
1本目のレンガ柱の積始めは途中画像が撮っていなかったので、2本目のレンガ柱の積始めの様子です。

レンガ柱用の鉄筋と基礎

2番目以降のレンガ柱の建てる位置の半分は土の場所なので、ここに鉄筋を入れコンクリート基礎を造ってから積みました。

レンガ柱の積み方

レンガ柱で積むレンガは1段毎に10mm の目地を開けて積んでいきますが、モルタルが固まり始めるまでは次の段が積めません。
なので私はいつも10mm 角の角材をスペーサーにして積んでいます。
角材はモルタルが固まり始めてレンガが動かなくなる頃外していきます。

角材を外した後も念の為小石等を挟んで、次のレンガを積んでいきます。
こうする事でモルタルの固まる時間を気にせずにどんどん積んでいけますので、時短になりますね!
目地スペーサーみたいな治具もあるのですが、DIYですので有るものを使って工夫しました。

3本のレンガ柱の完成です!

この場所で建てるフェンスは低めのフェンスです。
車で道路に出る際、見通しがあまり良くないので左側の視界を確保する為にもチョット低めの650mm強の高さにしました。



レンガ柱は完成しましたが、目地はいつもカラーを変えて後入れなので、この時点では入れず次に進めていきます。
次回はブロック積み用の基礎の造り方をご紹介していきますね~♪

花壇内の植物移動~

ブロック積み用の基礎造りにあたって、大きく育ったコニファーやお花達は一旦鉢植えにして移動しておきました!

  • 8110
  • 31
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

ガーデニング、外構エクステリア等々すべてDIYで楽しんでいます(*'▽')スタイルにこだわらず自由にイメージしたものを形にしています!安全性とデザイン性を考え楽…

おすすめのアイデア

話題のキーワード