リフォーム前にこれだけは知っておきたい「心地よいインテリアの作り方」

「せっかくリフォームするなら」こんなことを事前に知っておいてもらったら役に立つかなぁということ
インテリアの力で暮らしを心地よくするためのコツやノウハウ

  • 5723
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

インテリアの視点から 心地よい暮らしをつくるための3つのヒント

ヒント1 自分らしくリノベーションしよう

ヒント2 どれだけ知っている?自然素材のこと 

ヒント3 リメイク リサイズ リフレッシュ

ヒント1: 自分らしくリノベーションしよう

自分らしくリノベーションするためのキーワードは

リノベーション そして DIY

リノベーションにしてもDIYにしても、「自分が主体」
そんな時代になってきました。
昔のようにその土地の大工の棟梁さんに、「おまかせ」して、
その地域はだいたい同じような間取りや仕上げの家が建っている。という時代ではありません。
何かを決めるとき、そこには必ずいくつかの選択肢があるので、
自分の価値観に応じて自分らしい選択ができるようにしていくと、
心地よい暮らしに一歩近づくことができると思います。

では、
自分好みのリノベーションをめざしていく具体的なアドバイスなんですが、
これは必ずしたほうがいいということがあります。


 

自分のリノベーションのテーマを最初に決めておくことが、成功させるコツです。

テーマはたとえば
はやりの「北欧っぽくしたい」とかいうイメージでもいいですし、「床にごろごろしてくつろげる部屋にしたい」とかの暮らし方でも、なんでもいいです。

自分が心地よくなれるテーマを決めましょう。

ヒント2 どれだけ知っている?自然素材のこと 

ナチュラルテイストな新築物件の写真。
さて、この内装仕上げで自然素材の部分はどこでしょうか。

こんな風にいっけん、木質感あふれるナチュラル系のインテリアでも、
実は本物の木は使っていないというのが現代のおうちの多くの現状です。

では、つぎに、自然素材にこだわってリノベーションした事例

この写真のLDK自然素材の部分はどこでしょうか。

自然素材の代表の木材なんですが、
これはその塗装仕上げ方法で性質がずいぶん変わってきます。
家具だけではなく、床の仕上げでも塗装方法で迷われる方はとても多いと思いますので。
今日はウレタン塗装とオイル塗装 についてぜひ覚えてください。

まり、いくらふんだんに内装に木を使ったとしても、
すべてウレタン塗装で仕上げてしまっているものだと、
木の本当の良さを享受できないということです。


天然素材のよさは「いい香りがする」とか「手触りがいい」そして
「使えば使うほど風合いがよくなる」と五感が心地よくなるものです。

それらは、調べていくといろいろな観点から身体にも、環境にもいい素材だとわかります。


私の持論なんですが、
身の回りからプラスチックのものを減らしていくと、
なぜだか居心地のいい空間となり、本物の素材が放つ存在感のおかげで、
勝手におしゃれさを感じさせる空間になっていくものです。

ぜひ、お試しください!

もうひとつ、大切なポイント。
自然素材をどこに取り入れるのが一番効果的か。

ぜひ、これからリフォームされる方には、
よく触れるところにほど、たとえば床壁天井でいえば、断然、床を。
家具でいえば毎日朝晩家族が絶対に手でふれるだろうダイニングテーブルを、
さらにご予算がゆるせばあっちもこっちも、
「自然素材」をインテリアに取りいれてみてください。

きっと心地いいインテリアを作ることができると思います。

ヒント3 リメイク リサイズ リフレッシュ

うちはオーダー家具の工場を併設しているので、
家具を作って販売しているのですが、せっかく工場があり、
家具を作って半世紀以上という超ベテランの職人もいますので、
「家具を直してほしい」というニーズにこたえて、家具の修理も積極的にやっております。

家具の修理と言えば、多いのは、丁番がこわれた、椅子の張りかえ、
さきほどのはなしのウレタン塗装のテーブルが20~30年たったら塗装がはげてくるので、
その再塗装 この3つのニーズが圧倒的に多いです。

いわゆる、壊れたものを元通りになおすリフレッシュです。

ところが、ここ数年。とても増えてきたニーズが、リサイズ、リメイクです。

この二つは家の新築やリフォームなどのお引っ越しがらみで多く発生するニーズです。



こんなことができるんだ~と知っておいていただくだけで
選択肢が増えると思うので、いくつか事例をご紹介します。

リフォームの際に家具やキッチンなど大型のインテリアを構成する要素は、
買い替えももちろん気分一新いいのですが、

まだ使えるもの、思い入れのあるものなどはリメイク、リサイズ、リフレッシュなど
施しながら家族の歴史の一部として残していくのも
自分らしくて住み心地のいい住まいづくりの一案かなぁと思い、
今回、事例をご紹介させていただきました。

最後に、思い入れのあるリメイク例をもう一つだけ。

さぁ、これはなんのリメイクだと思われますか?

せっかくリフォームされるならこの機会にぜひ、
自分らしいインテリアで心地よい暮らしを手に入れてくださいませ。


すまいづくりは決めること、迷うこと、自信がないことがたくさんです。
プロの意見を聞いて安心してすすんでいくためにインテリアコーディネーターに
ご相談されたい方がおられましたらぜひお声かけくださいませ。

  • 5723
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

工場併設のインテリアショップ「ミヤカグ」いい家具は全国から探してくる、どこにもない家具は作る、そして使い続けたい家具はリメイクする!をめざすインテリアのプロショ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード