バケツと買い物カゴを使ったスリッパラック

どこの家にも大体置いてあるスリッパラック。いろんなタイプのスリッパラックが販売されていますが自分好みの物が売っているとも限りません。そこでバケツや買い物カゴを使って代用したスリッパラックをご紹介します。

  • 17016
  • 55
  • 0
  • いいね
  • クリップ

バケツと100均ワイヤーバスケットを使ったスリッパラック

スリッパもインテリアの一つ。バケツにスリッパを入れただけだとスリッパがすっぽり隠れてしまい、ただバケツが置いてあるだけのように見えてしまいます。そこでまず、バケツに100均のワイヤーバスケットを入れて底上げをします。




そこにスリッパを入れればバケツスリッパラックの完成です。バケツに入れたワイヤーバスケットの下は空間になっているので隠したい物やちょっとした小物などを収納することもできます。




ワイヤーバスケットで底上げしていることで来客からもスリッパが確認でき、スリッパラックということがわかります。また、ディスプレイとしての役目も果たしています。




買い物カゴとワイヤーバスケットを使ってもスリッパラックになる

こちらの買い物カゴに、同じく100均のワイヤーバスケットを今回は2つ入れ、カゴの中を前後で仕切ります。




カゴの中が仕切られていることで前後に分けて収納することができますし、前部だけにスリッパを収納すれば後部は小物などの収納スペースにもなります。




カゴの中の仕切りによって来客からもスリッパが確認できます。買い物カゴでも違和感なく使えることができます。


お手軽簡単にできるスリッパラック、お試しいただけると嬉しいです。


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 17016
  • 55
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

mtokさんの他のアイデア

インテリアのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード