重曹とクエン酸の違いとは?洗浄力を徹底比較!2つを混ぜる効果も紹介

重曹やクエン酸は「環境にやさしい洗剤」といわれているのを知っていますか? 赤ちゃんがいる家庭でもお掃除に使うことができるんです♪ 今回はそんな重曹とクエン酸の特徴や2つを混ぜたときの働き、セキス炭酸水を使った代用方法など盛りだくさんな情報をお届けします!

  • 58481
  • 808
  • 0
  • いいね
  • クリップ

重曹とクエン酸の違いとは?それぞれの特徴を知ろう!

掃除に重曹とクエン酸を使いたいけど、そもそも2つは何なのか、どんな違いがあるのかよくわからないという方へ! 重曹とクエン酸の違いについて、それぞれの特徴をまとめてみました。

まずは汚れ落としの基本「中和」を理解しておこう

重曹とクエン酸の特徴を知る前にまず、汚れ落としの基本は「中和」であることを理解しておきましょう!

汚れには性質というものがあり、汚れ落としとは汚れの性質を中和させることです。性質は酸性とアルカリ性の2種類に分かれ、どちらが強いのかという指標で判断されます。

そして、中和とは反対の性質をぶつけること。つまり、酸性が強い汚れにはアルカリ性のものを、アルカリ性が強い汚れには酸性のものをあてるということです。

「反対の性質のものがぶつかることで性質が中和され、汚れが落ちていく」というのが汚れ落としの基本的な構造です。

重曹とクエン酸を使った汚れ落としも、この基本構造に則ったもの。この点を踏まえた上で、それぞれの特徴を見ていきましょう♪

重曹の特徴

重曹は炭酸水素ナトリウムからできており、弱アルカリ性で、水に溶けにくい性質を持っています。粉末状で売られている姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

ベーキングパウダーとして食品に使われていたり胃薬に含まれていたりと、幅広い場面で使われています。最近では重曹は掃除にも使えることが広まり、環境にも人にもやさしい掃除用品として多くの家庭で使われるようになりました。

天外天 シリンゴル重曹(1kg)
商品情報を楽天で見る

クエン酸の特徴

クエン酸は柑橘類にも含まれている成分で、酸性の性質を持っています。カルシウムを溶かす働きがあり、アルカリ性のものを中和させることができます。また、無味無臭なので、お酢のようなツーンとくるニオイもありません。

自然にやさしいクエン酸(360g)
商品情報を楽天で見る

重曹とクエン酸はどんな汚れに強い?

重曹やクエン酸はどんな汚れでも落とせるほど万能というわけではありません。上手に使わないと「思ったより落ちなかった」なんてことにも……。重曹やクエン酸が力を発揮しやすい汚れはどんなものがあるか、あらかじめ確認しておきましょう!

重曹が有効的な汚れ

重曹が力を発揮する汚れは、油汚れや焦げつき、茶渋、シミ、水垢など。洗浄、研磨の働きが期待できます。さらに、生ゴミなどの脱臭も期待できますよ♪ 水に溶けにくく粒子が細かいため、クレンザー代わりに使用することができます。

しかし、油やたんぱく質汚れに力を発揮してくれる重曹でも、その作用は弱く、しつこい油汚れやトイレのアンモニア汚れなどは苦手。あまりにも強い酸性の汚れには力を発揮しづらいということを覚えておきましょう。

クエン酸が有効的な汚れ

クエン酸には油やたんぱく質汚れを落とす力はないため、重曹のような使い方はできませんが、ポット内側の白いミネラル汚れや尿汚れ、石鹸カス汚れなどに力を発揮してくれます! また、トイレのアンモニア臭などにも有効的ですよ。

しかし、大理石が使われているところには注意が必要です。大理石は酸に弱く、クエン酸を使うと溶けてしまいます。

重曹とクエン酸の代用に使えるものとは

最近では、100均やスーパーなどでも見かけるようになった重曹やクエン酸ですが、重曹やクエン酸がなくても、同じような働きをしてくれる代用品を紹介します。

どちらも身近に手に入れることができるものなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

重曹と似た成分の”セスキ炭酸ソーダ”

重曹と似た成分のものに、"セスキ炭酸ソーダ”があります。アルカリ性であり、環境に負担をかけないことは重曹と同様なのですが、重曹と比べて水に溶けやすいのが特徴です。軽い皮脂汚れの洗濯や油汚れの下処理、血液汚れのつけおきに便利です♪

しかし、石鹸や市販洗剤などがもつ界面活性剤に比べると力は弱く、ガンコな汚れには向きません。

セスキ炭酸ソーダ 5kg アルカリ洗浄剤 [02] NICHIGA(ニチガ)
商品情報を楽天で見る

クエン酸と似た成分の"お酢”

知っている方も多いと思いますが、お酢も酸性が強いもののひとつ。クエン酸と同様に汚れを落とすことができますが、ツーンとしたニオイが残ってしまうことがあります。気になる場合はクエン酸を使用するようにしましょう。

掃除前に知っておきたい!重曹とクエン酸の使い方

100均やスーパーなど、市販で販売されている重曹とクエン酸はほとんどが粉状のものですが、用途に合わせてさまざまな使い方ができるんです♪ 具体的にどうやって使うのか、どのように使えるのかをチェックしておきましょう!

重曹の使い方

【粉のまま使う】

重曹は粉、重曹水、重曹ペーストなどさまざまな使い方ができる上、掃除の幅が広がります。重曹を"粉”のまま使うときは汚れに直接振りかけて油汚れを吸い取らせ、ボロ布などで拭き取りましょう。

【水に溶かして使う=水1L:重曹大さじ4】

また、重曹を"水に溶かして”使うときは1リットルの水に対し、重曹大さじ4を溶かします。拭き掃除、つけ置きに使える洗剤です。スプレーの容器につめて使うと便利ですよ♪

【ペースト状にして使う=水1:重曹2】

そして、重曹を"ペースト状にして”使うときは重曹が2、水が1の割合で混ぜてペースト状にして、クレンザー代わりに使うことができます。食器やシンクなどの掃除に使ってみてくださいね。

クエン酸の使い方

クエン酸はさまざまな場所の水垢や湯垢の掃除におすすめです! 

【電気ポットやお風呂の白い汚れ】

たとえば、電気ポット内側の白い汚れ。これは水道水に含まれるカルシウムなどのミネラルが固まったものです。ポットに水を入れて、クエン酸を2~5g入れます。沸騰させたあと、2時間ほど放置して置いておくと、汚れ落ちがしやすくなりますよ。

また、キッチンやお風呂の白い汚れも、同じようにカルシウムやミネラルが付着したものなので、クエン酸を含ませた布で拭き取りましょう。

【柔軟剤として使う】

そして、クエン酸を柔軟剤として使う方法もあります。すすぎの終わりごろに30リットルの水に対し、小さじ3分の1のクエン酸を入れます。洗剤のアルカリ性が中和され、いつもより洗濯物がふんわり仕上がりますよ。

重曹とクエン酸を混ぜるとどうなるのか

重曹とクエン酸を混ぜ合わせ、そこに水を加えるとシュワシュワと泡立ち始めます。泡立つ理由は「二酸化炭素」が発生しているから。酸性とアルカリ性が混ざり合ったときに起こる中和の反応で、身体に害はありません。

この泡そのものは中性なので汚れを落とす力はありませんが、泡の勢いを利用して汚れを浮き上がらせることができます。ちょっとしたヌメリ汚れくらいなら、泡の力だけで汚れを浮かせられますよ。こすったり拭いたりしなくても、水で洗い流すだけで汚れを落とせます。

【実践】油汚れに対する重曹とクエン酸の洗浄力を徹底比較

重曹とクエン酸で油汚れがどのくらい落ちるのかを比べてみました。今回使用したのは、魚焼きグリルの受け皿。使っているうちに油でギトギトの状態になってしまい、油汚れを落とすのに苦労してしまいそうです。

このくらい油汚れがひどいと、お湯で油を洗い流したり、洗剤を何度もつけたりしなければなかなか汚れが落ちそうにありません。

画像ではわかりにくいのですが、左側が重曹のみをつけてスポンジでこすった状態です。右側はクエン酸のみをつけてスポンジでこすってみました。クエン酸では汚れをなじませることができず、油がまったく落ちていません。

全体を重曹で洗ってみると、最初の状態に比べて、明らかに油汚れが落ちています。普通の食器用洗剤を使用すれば、洗剤をつけてすすぎ、また洗剤をつけてすすいで、というふうに何度か洗わないとここまできれいにはなりません。

ところが重曹をつけたときは、泡がなくてもすっと油が浮いていくのがわかりました。食器用洗剤を何度も使う必要もなく、排水も汚しません。

重曹とクエン酸を使い分けよう|キッチン周りの掃除

キッチンのシンクや蛇口周りで、重曹とクエン酸の洗浄力を実践してみました。重曹はクレンザーの代わりとしても使えるため、軽い汚れなら落とすことができるでしょう。ガンコな白くて固まった汚れには、クエン酸が適しているといえます。

掃除①重曹を使ってキッチンのシンク汚れを落とす

【BEFORE】

この画像は何もしていない状態のキッチンシンクです。洗い物を毎日しているため、どうしても洗剤のカスがつきやすく、少しずつ黒ずみや水垢もついてしまっています。シンク特有のツヤ感がなく、まさに汚れがこびりついてしまっている状態です。

【AFTER】

こちらは重曹を使ってシンクを磨いてみた状態です。重曹がクレンザーの代わりになって、ステンレスの黒ずみや水垢を取り除くことができました。どことなく、シンクも明るくなったような気がします。重曹の粒子は細かいため、シンクを傷つける心配も少ないですよ。

掃除②クエン酸を使ってキッチンの蛇口汚れを落とす

【BEFORE】

こちらはキッチンにある水道の蛇口。こちらも毎日の洗い物で蛇口に白っぽい水垢がこびりついてしまい、ステンレスのツヤ感がない状態になっています。この白っぽい水垢を落とすために、今度は重曹ではなくクエン酸を使ってみました。

【AFTER】

クエン酸を使ったことによって、蛇口の白っぽい水垢もすっきり取れて、ステンレスが輝くほどきれいな仕上がりになりました。ツヤ感が戻ったことで、蛇口や蛇口周りの清潔感もアップ! きれいになると気持ちも上がりますね。

重曹とクエン酸を使い分けよう|お風呂やトイレの掃除

次に挑戦してみたのはお風呂とトイレの汚れ。お風呂の水垢汚れや、目地のカビなどには、クレンザーとして使える重曹がおすすめです! キッチンのときと同様に、お風呂の蛇口や蛇口周りの白い汚れにはクエン酸を使いました。プラスで、トイレの消臭にも使用してみます。

掃除①重曹を使ってお風呂の床汚れを落とす

【BEFORE】

お風呂の目地にある黒い汚れはカビ。お風呂の溝にびっしりとあります。また、お風呂床には水垢に加えて、足垢や手垢など人の肌が触れて、黒っぽくなっています。そんなカビや水垢、足垢などの汚れには重曹を使ってみました。

【AFTER】

重曹をクレンザーのようなペースト状にし、目地につけて、歯ブラシでこすっただけで、画像のようにきれいになりました。

カビは表面だけなら重曹でもこすり落とすことができます。カビ取りスプレーは刺激臭があるうえに、体にも良くありません。重曹で目地のカビを落とす方法であれば、お子さまがいる家庭にもおすすめです。

掃除②クエン酸を使ってお風呂の蛇口汚れを落とす

【BEFORE】

こちらはお風呂にある水道の蛇口。キッチン同様、シャンプーやリンス、石鹸を毎日使うため、蛇口の白い汚れが目立ってしまうほど、びっちりこびりついてしまっています。こちらもキッチンのときと同様に、重曹ではなくクエン酸を使いました。

【AFTER】

お風呂の蛇口はクエン酸をつけてから歯ブラシで磨き、乾いた布で拭きあげるだけ。見違えるほどまでに、蛇口のステンレスが輝くような仕上がりになりました。クエン酸を使えば、簡単にお風呂の蛇口もきれいになりますね。

掃除③クエン酸水を洗剤代わりに!

トイレはクエン酸を使って、水垢汚れの除去とアンモニア臭の消臭を行いました。クエン酸は水に溶かして、クエン酸水を作ってスプレー容器に入れておけば、トイレ掃除用の洗剤代わりに使用することができます♪ 

身体に害がないので、小さいお子さんや赤ちゃんがいても安心ですね。

重曹とクエン酸を混ぜる!排水溝汚れの掃除方法を伝授!

排水溝汚れの掃除には重曹とクエン酸を混ぜたものを使うのがおすすめ♪

先ほども説明した通り、重曹とクエン酸を混ぜると勢いよく泡立ち始めます。発泡する勢いを利用して汚れを浮かび上がらせられるので、排水溝の汚れのようなヌメリが気になる箇所に有効なんです。

掃除の方法を写真つきで解説していきます。

排水溝汚れの掃除方法①クエン酸水の作り方

排水溝汚れの掃除に入る前に、クエン酸を水に溶かします! スプレー容器に入れると使いやすくなりますよ♪ クエン酸と水の割合は500mlの水に対し、クエン酸を20g入れましょう。

クエン酸の濃度は基本的に2.5%なのですが、発砲させる場合は濃いめに作る必要があるため、4%くらいに調節します。

排水溝汚れの掃除方法②『重曹(粉)×クエン酸(スプレー)』の使い方

排水溝に直接重曹の粉末を振りかけます。汚れが覆い隠せるくらい、たっぷりと振りかけてください。ここにクエン酸水をかけると、シュワシュワと発泡してきます。しばらく放置すると、手が届きにくい奥の汚れも浮いてきますよ。

汚れが浮き上がってきたら、使い古しの歯ブラシやたわし、スポンジなどを使って軽くこすれば汚れをきれいに取り除くことができますよ。キッチンの排水溝だけではなく、お風呂や洗面所の排水溝などにもぜひ試してみてくださいね!

環境にも人にもやさしい重曹とクエン酸で掃除を

重曹とクエン酸は、環境にも人にもやさしい洗剤として使うことができる、うれしいアイテムなんです! 重曹とクエン酸はそれぞれ性質が異なるため、適した場所に使うことがポイントですよ♪ 

家族や地球のことを考えて、エコな洗剤として重曹やクエン酸を使ってみたいという方は、紹介した掃除方法や活用方法を参考にぜひチャレンジしてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 58481
  • 808
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード