ご自宅のインテリアを『フレンチ風』にしませんか?本格DIYアイデア5選

フレンチ風で清潔感のあふれるお部屋には憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしインテリアを買い換えるのはやはりお金もかかる……。そこでおすすめなのがDIYでフレンチ風のインテリアをリメイクしていくことなんです◎ 今回はそんな方に向けて本格的なフレンチ風インテリアをDIYするアイデアを5つご紹介していきます。

  • 31278
  • 126
  • 0
  • いいね
  • クリップ

寝室の窓を、モールディングとルーバーでリメイク

P*J*さんは、寝室の窓をモールディングやルーバー、カーテンを使って改造したそう。可愛らしい雰囲気の窓から、大人っぽくシックな寝室に変身させています。

こちらが、完成した窓枠。チュールカーテンの繊細な雰囲気と、モールディング付きの窓枠が印象的ですね。

カーテンを取り外していきます。この後、横に取り付けているルーバーも一旦取り外して埃を拭いたり、軽く水洗いをしたりしてケアをしたのだそうです。

取り外したルーバーをサッときれいにした後、白くペイントし直しました。その後再び窓の横に取り付け、上部にはモールディングを装着しています。

格子の縦棒だけを残して、窓枠の内側にモールディングを貼って窓枠を作っていきます。白い塗料で全体を塗ったら、窓枠は完成です。

窓枠をはめ込み、チュールカーテンを飾って出来上がり!ヴィンテージでありながらも、優雅な雰囲気の窓に仕上がっています。

▼P*J*さんのアイデアはこちら▼

手作り飾りドアで、収納スペースもフレンチ風に

こちらも同じく、P*J*さんのアイデア。ベニヤ板や塗料、タッカーなどのアイテムを活用して、子ども用の押入れベッドをフレンチなクローゼットに改造されたそうです。

小さな子ども用ベッドが、白を基調としたフレンチ風のクローゼットに変身。

まずはドアを作っていきます。基本はベニヤ板を適切な大きさにカットして、板を組み合わせていくのだそう。タッカーや木工用ボンドを活用すれば、接着も簡単に行えるとのことです。

形が出来上がったドアを、白くペイント。P*J*さんの場合、程よいヴィンテージテイストを出すために、塗料をハサミの刃で削るなどしていろいろと手を加えているとのことです。

1枚目と同じ手順でドアを作り、右側と真ん中の扉を固定していきます。P*J*さんが使用したのは、ダイソーの蝶番だとのこと。

ドアを折戸になるように組み合わせて、蝶番で固定しています。こうすることで収納物の出し入れがしやすくなっているそうです。

▼P*J*さんのアイデアはこちら▼

フレームと板で作る、アンティークな棚

tane-tanaさんは、本や小物が置けるような棚作りに挑戦されたようです。

こちらが、tane-tanaさんの作ったフレンチ風の棚。程よく古びたフレームが、フレンチカントリーなテイストを演出していますね。

tane-tanaさんが用意した材料は、フレームとホームセンターの板。この二つを組み合わせたり接着させたりして、棚を作っていきました。

フレームの大きさに合わせることを忘れずに、板を組み合わせていきます。tane-tanaさんはカラーボックスの要領で組み立てました。

白色の塗料で、棚をペイントしていきます。

アンティーク風のフレームが、エレガントな雰囲気の雑貨棚になりました。フレームと板を蝶番で接着しています。

▼tane-tanaさんのアイデアはこちら▼

ダイソーのリメイクシートでお手軽フレンチカントリー

petit Maggieさんは、ダイソーのリメイクシートを使ってキッチンパネルのリメイクに挑戦されたようです。

こちらが完成したキッチンパネル。素朴で温かみのある、フレンチカントリー風のキッチンに仕上がっています。

元のキッチンパネルは、茶色いパネルでした。そこに、板壁風ナチュラルウッドのリメイクシート(ダイソー)を貼って、木目調のパネルへ変身させたとのことです。

リメイクシートを貼ったら、茶色かった枠を白色の塗料でペイント。何度か重ね塗りすることで、どこかシャビーシックな雰囲気のパネルに仕上がりました。

キッチンパネルに貼ったのが、こちらのタイルステッカー。ツヤあり凸凹ありで、本物のタイルのような手触りを楽しむことができるのだとか。

貼ってはがせる便利なシートで、カラーやデザインもさまざまな種類から選べてフレンチ風インテリアにもぴったりなアイテムです。通販などで探してみてください。

こうして、petit Maggieさんのキッチンがフレンチカントリー風に変身しました!

▼petit Maggieさんのアイデアはこちら▼

ひび割れ感がポイントの引き戸リメイク

neige+手作りのある暮らしさんは、サニタリー引き戸をヴィンテージ感のあるドアにリメイクされたようです。

程よいひび割れ感がシャビーシックな雰囲気。まずは下地にブルーの塗料を塗って、程よくくすんだ白色を出すことに成功しています。

こちらのドアは引き戸なのですが、neige+手作りのある暮らしさんは蝶番をプラスして扉風に見せています。
こういったポイントを加えることで、よりアンティークな表情を引き出せています。
100円ショップのグッズで、ドアにさりげなくナンバーを入れているのもポイントです。

▼neige+手作りのある暮らしさんのアイデアはこちら▼

まとめ

清潔感とエレガントな雰囲気を備えたフレンチ風インテリアは、コツをつかめば意外と簡単に実現できます。ぜひ、上記で紹介したアイデアを参考に、お家のインテリアを変身させてみてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 31278
  • 126
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード