おしゃれなダストボックスをDIY!100均材料で作れるものまで幅広くご紹介

ダストボックスをDIYする方法をご紹介します。ダストボックスをDIYすることで、好みのサイズ・デザインのものを用途に合わせてお部屋に置くことができますよ!100均材料で作るものから大型のものまで幅広く公開していきます。

  • 46960
  • 157
  • 0
  • いいね
  • クリップ

100均材料で男前ダストボックスをDIY

我が家さんがDIYしたのはストーブ風の男前ダストボックス。100均材料をおしゃれ雑貨に早変わりさせた、驚きのアイデアをご紹介します。

完成画像はこちら!
アラジン(Aladdin)という伝統のあるおしゃれなストーブのデザインを意識してDIYしたそうです。こんなおしゃれなダストボックスが雑貨ショップにあったら、迷わず購入してしまいそう。

我が家さんが使用したのは黒いゴミ箱と鉢皿、アイアンのフラワースタンドです。ゴミ箱の色に合わせて鉢皿を黒く塗装することで、クールにまとまっています。

また、キャスター付きの黒い花台も使用しています。
まず花台にアイアンのフラワースタンドをセットし、ダストボックスの土台の部分を作ります。土台ができたら、ゴミ箱をセット。

男前風デザインを施したゴミ箱に、黒く塗装した鉢皿を逆さまにかぶせます。蓋を取り付けることでゴミが見えなくなり、とっても衛生的!
我が家さんはペットボトルのキャップや持ち手などを取り付け、よりおしゃれに仕上げています。移動させやすいよう、チェーンを付けるのもよいアイデアですね♪

こちらは同じ工程で作られた別バージョンのダストボックスです。男前風もよいですが、アンティーク風も素敵ではないでしょうか。
我が家さんは、デザインの異なる4パターンのダストボックスをDIYしたそうです。ぜひ参考にしてみてくださいね!

▼我が家さんのアイデアはこちら▼

木箱をリメイクしておしゃれなダストボックスを!

サトボンママさんおすすめの、木箱と端材を使ったお庭用のダストボックスのDIYアイデアをご紹介します。

完成画像はこちら!
大容量でありながらもおしゃれで、お庭のインテリアにもぴったりですね。

サトボンママさんが使用したのは、もともとりんごが入っていた木箱とSPF材の端材です。端材で囲うことで高さを出し、より使い勝手のよいダストボックスに仕上げます。
白く塗装した端材が、どことなくカントリーチックでキュートです♪

ダストボックスを動かしやすいよう、底にはキャスターを取り付けています。
さらに、片面が黒板風になった扉を利用して蓋を作ります。ちょうどよいサイズの扉がない場合は、端材と蝶番を代用するとよいかもしれませんね!

サトボンママさんのように、フックでホウキとチリトリを引っ掛けておけば、いつもきれいなお庭をキープできます。100均などで好みのデザインのフックを探してみてくださいね!
あとはダストボックスを好きな位置に設置すれば完成です。

▼サトボンママさんのアイデアはこちら▼

100均材料でキャリー風ダストボックスをDIYするには?

我が家さんのDIYは、100均材料を使ったキャリー風ダストボックスです。詳しい作り方を、手順を追ってご紹介します。

完成画像がこちら!
モノトーンでまとめているため、インテリアを損なう心配もなさそうです。男性はもちろん女性にもおすすめですよ。

我が家さんが使用したのは、ダイソーで購入したプラスチック製の黒いカゴ(取っ手あり)。カゴのサイズに合わせてダンボールで蓋を作り、本体から外れないように黒いゴムで取り付けます。
ワイヤーではなく、開閉しやすいようにゴムを使うのが我が家さん流です♪

蓋には、開閉のしやすさを考えて取っ手を取り付けています。
中央部分に開いた四角い穴は、蓋が閉まっていてもゴミを入れられるようにという工夫なのだそう。
そして、シンプルになりすぎないようステンシルシールや布ラベルなどでデコレーション!本体の底にキャスターを付けたら本体の完成です。

続いて登場するのがセリアの木製フェンスです。ワックスを使いアンティーク風に加工し、本体に合わせて英文字をプリントしています。
本体の裏側にビスで固定すれば、キャリー風ダストボックスの完成です。

本体のカゴにもともとあった取っ手部分には、金具を取り付けています。これで中にゴミ袋を入れたとき、金具に引っ掛けるだけでゴミ袋を広げたまま固定することができるのだそう。
ぜひ挑戦してみてくださいね!

▼我が家さんのアイデアはこちら▼

すのこ端材でスリムなダストボックスをDIYしてみよう

あこ*さんの100均材料を使ったスリムなダストボックスのDIYアイデアをご紹介します。

完成画像がこちら!
100均のすのこ端材だったとは思えないほど味のあるおしゃれなダストボックスです。ナチュラルテイスト、北欧テイスト、カントリーテイストなどいろいろなテイストのお部屋にマッチしてくれそうですね。

あこ*さんが使用したのは100均のすのこ端材と有孔ボード、セリアのプラスチック製のゴミ箱です。
すのこ端材と有孔ボードは、ゴミ箱の高さに合わせてカット!これを2組作ります。

ゴミ箱をすっぽりと覆うイメージで、ボンドと細身の釘を使い、すのこ端材と有孔ボードを組み立てます。「ゴミ箱が入らない」なんてことがないように、組み立てる前にサイズをきちんと測っておきましょう。

続いてダストボックスの蓋と底を作ります。
ボンドと釘を使い、すのこ端材3枚を固定したら、底の部分に2本の横棒が下向きになるように取り付けます。蓋は取り付け後にスイングできるよう、両サイドにビスを埋め込みます。

有孔ボードの両サイドの中心部分に、ビスがぴったりとはまる深さの溝を掘ります。
あとは蓋と底を固定し、全体をブライワックスで塗装してヤスリで表面を整え、上から「POUBELLE」の文字を描いたら完成です♪

▼あこ*さんのアイデアをもっと見る▼

まとめ

今回は100均材料などを使用した、おすすめのダストボックスのDIYアイデアをご紹介しました。工夫次第で印象がガラッと変わるので、世界にひとつだけのダストボックスをリメイクしてみてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 46960
  • 157
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYを愛する方に参考になるDIY実践記事を中心にご紹介致します!工具や素材などDIYにまつわるものをリミア視点でお届けいたします。

LIMIA DIY部さんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード