リビングを広く使う為に、半楕円テーブルでダイニングをコンパクトに提案

限られたスペースを有効活用するために道具の使い方、サイズはとても重要なファクターです。
今回は横長のリビング空間を活かすためにダイニングスペースをコンパクトにし
リビング空間に大きなソファで寛げる提案をさせて頂きました!

お部屋の有効活用は道具選びで決まります!

今回のリビングダイニング空間はリビングスペースが広めでダイニングスペースが狭めなリビングダイニング空間でした。
幅150㎝ほどの長方形のダイニングテーブルを置いてしまうとリビング空間に影響を及ぼし、ソファが小さくなってしまいます。

横に長いリビング空間を最大限に生かした家具の配置提案をしました

今回のコーディネート提案したリビングダイニングはリビング空間が横に長く、4m90㎝×2m90㎝、横が約5mほどある大空間、テレビボード、ソファ、収納家具スペースと家具を配置しても余裕のある空間に対して、ダイニングスペースは1m20㎝×2m70㎝ほどしかございません。
幅150cmの4人掛けのダイニングテーブルであればリビング空間に出っ張るため
ソファは幅180㎝弱がちょうどよい大きさとなるでしょう!

今回はダイニングテーブルを半楕円形とすることで幅2m20㎝のカウチソファを提案させて頂きました。
リビングでの寛ぎ方を優先した家具選び、家具の配置を提案させて頂きました!

ダイニングテーブルを半楕円形とすることでスペースを有効利用する提案をしました。

今回は奥行き100㎝ほどのダイニングテーブルを提案し、テーブルの直線面をカウンターにつける形で配置しました。
テーブルの出を抑えることでリビング側が広々と使用できます。

ご夫婦、お子様一人の場合であればこのようなダイニングの使い方もありではないでしょうか?家族の人数、ライフスタイルに合わせて家具の置き方を考え、道具を選んでもらえればと思います。

実は・・・このレイアウトだけではなく、将来的に異なる家具の配置も考えております。

ダイニングテーブルの設置場所を従来の位置ではなく、ソファ後ろに設置することも可能です。ソファを少々前に出して、ソファ後ろにあるワークスペース兼収納を現在設置しているダイニングスペースにもってきます。
ソファの後ろに空けたスペースにダイニングセットを持っていく提案もございます。
家族の人数が増えた場合はソファを少々前に出して
ソファ後ろにダイニングセットを置く提案も事前に考慮しながら道具をチョイスさせて頂きました。

ソファの後ろの空間を活用しましょう!

今回のリビング空間は5m弱の大空間の為、ソファ後ろのスペースを有効活用する提案をさせて頂きました!
上の写真はソファ後ろの壁面にワークスペースと子供のおもちゃなどを収納するオープンラックを提案。奥行き40㎝ほどのコンパクトな収納家具ですが、ソファとの間を70㎝ほどあけてソファの奥行きは90㎝、テレビボードの奥行きは45cmほどのなのでソファ前のスペースは2m40cmほど空いている計算となります。
広いリビング空間となり、ソファ前のスペースでお子さんがしっかり遊べるスペースを確保し、大人はカウチソファでゆったりと寛ぐというのが実現可能です。

ソファ後ろのワークスペース兼収納スペースはもちろんソファのすぐ後ろに背合わせで配置することも可能です!
小学生のお子さんが学校の宿題をしたり、勉強するスペースであればデスクを壁にくっつけるのではなく、デスク前のスペースがソファの背中となり、開放的な空間で勉強ができる最適な使い方となるのです!

ワークスペースとダイニングスペースを入れ替える提案もできます!
あえてダイニングスペースをワークスペースとするものユニークな使い方ですよね

細身で丸脚のデザインがおしゃれな北欧スタイルの家具・コーディネートを提案

今回はナチュラル色の床、カウンターの色に合わせてオーク材・タモ材の家具をチョイスさせて頂きました。
ナチュラルコーディネート空間は北欧のエッセンスを感じる家具をセレクトさせて頂きました!特にダイニングセット、リビングテーブルは足先が細身で丸脚というデザインでまさに北欧スタイルにピッタリな家具をチョイス!素敵なナチュラルコーディネート空間となりました。

お部屋の広さに合わせて家具を選び、使い方に合わせて家具を選ぶことでそれほど広くない住空間でも快適なリビングダイニングとすることができます!
建坪が100坪を超えるような広い家の場合であれば
家具の大きさはあまり考える必要がございません。しかしながら30坪~40坪ぐらいのマイホームであれば、家具選びがとても重要です。
予算中心で選ぶのではなく、使い方中心で家族にとって理想的な使い方のできる家具をチョイスすることがとても重要であると考えます!
是非、参考にしてください!

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー