床が変わると、雰囲気がガラッと変わります♪


床はお部屋の面積の半分ほど占めているので、
ここのイメージが違うと、インテリアの雰囲気も崩れてしまうんですよね~。

賃貸マンションでも原状回復出来るようにリメイクした方法をご紹介いたします。

  • 6194
  • 40
  • 2
  • クリップ

元々はこんな感じでした



Whiteが好きになり、持っている家具たちも
白に塗りなおしたのですが、
どうにもこうにも・・・・・この床のオレンジっぽい色が
インテリアに馴染まず、もう毎日がガッカリする日々でした。






材料を用意します



そんな日々とも今日でお別れです。
早速、床材を購入しました。

こちらはフロアタイルになります。








マスキングテープは5cm幅。
両面テープは1.5cm幅にしました。








棚や物たちは、端の方に寄せておきます。






床材をカットします



まず、凹凸している場所の寸法を測ります。








鉛筆でラインを書き、数回カッターで切り込みを入れます。








完全にカットしても良いのですが、けっこうな力を使うので、
数回の切り込みのあと、パキッと半分に折り、
そこにカッターを入れると








スムーズに切れますよ。






貼ります



あらかじめ床材を貼る場所にマスキングテープを貼ります。
そして床材の方に両面テープを貼ります。









両面テープの紙をはがして貼っていきます。
この繰り返しをしていきます。








お家の中によくある凹凸・・・・
こちらも、








寸法を測ってカットして貼ります。






便器の型紙の取り方



いらない紙などを便器の曲線に合わせて、
爪などで折り線をつけていきます。








紙をカットして、それを鉛筆などで印をつけます。








カットして両面テープで貼っていくと、








上手く貼れますよ。






統一感のないキッチン



せっかく白に統一したのに、
なんだかバラバラに見えてしまうキッチンが・・・・・






お洒落になりました



とっても素敵になりました。
色味を変えるだけで、こんなにもスッキリまとまり
お部屋の印象がガラッと変わりました。








床を変えるだけで、








見違えるほどお部屋のイメージが変わり、
毎日が楽しく、笑顔いっぱいになりました。




*  *  *  *  *  *  *  *  *

ご覧下さいまして、ありがとうございます。

お部屋の面積を占める床の色がどうしても気になったのが
きっかけでリメイクしました。

フロアシートは厚さ2.4mmあり、両面テープを貼らなくても
しっかりした素材なので、使い心地が良いのと
重いモノを置いても、クッションフロアのように跡が残りにくいのが
選んだポイントでもあります。

何かの参考になりましたら嬉しく思います*


  • 6194
  • 40
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード