H邸-3LDK+和室を、ゆったり2LDKに

東京郊外の築10年のマンション。100平米の広い空間に使わない部屋があったことと、キッチンを新しくしたいということで、リノベーションをすることに。大きく間取りは変えていませんが、使わない空間をなくし、それぞれの部屋を少しずつ大きくさせています。

お子さんが2人いらっしゃるので、将来的には主寝室は真ん中で2部屋に分けられるようにしました。遊ぶ子どもを見ながら料理ができるリビングには、奥様が好きなお皿をオープン棚で見せて収納。向かいは新しく造作したキッチンとダイニングを配置。ダイニングテーブルと棚は既製品ですが、キッチンやフローリングの色に合わせてご主人が塗装しました。

部屋の間取りとしては、3LDK+和室だった部屋を2LDKにしたため、それぞれの空間が広くなり、全体的にゆったりとした空間に。既存の配線や建具を生かした素敵なお家が出来上がりました。

  • 2218
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
光がたっぷり入る広々としたLDK
家族がいつも過ごすリビング。左手奥は子どもたちが遊べるキッズスペース
ダイニングテーブルは、キッチンに色を合わせてご主人が塗装
オープンタイプのキッチン。奥には器好きの奥様が希望した飾れる収納棚
シューズクローゼットも余裕をもって取ったので収納たっぷり
寝室はネイビーブルーの壁がアクセントに
トイレは既存を生かし、壁一面だけタイルを張った
  • 2218
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード