キャンプ初心者必見!持ち物リストにのってないけどあると便利なもの

  • 34
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

キャンプの持ち物リストにはあまりのっていませんが、あると便利な道具を紹介します。キャンプ初心者の方でも用意しやすいように、日用品で役立つものに注目してみました。他にも、キャンプ初心者の方が気になる、虫対策についても紹介しています。

 

キャンプで役立つ!あると便利な日用品

キャンプ初心者のうちは、キャンプ道具も揃っていないと思います。家にあるものや、100均やホームセンターで手に入るもので、持ち物に加えておくと便利なアイテムを紹介します。

 
【洗濯バサミ】

キャンプ中の「ここをちょっと止めておけたら…」に役立つのが洗濯バサミです。斜めのロープに、物を干したくても、滑ってしまい、うまく干せない。風が強くて、すぐに物が飛んでしまう。横からの日差しが眩しい。などなど…

 

ちょっとしたときに洗濯バサミは役に立ちます。ただ、小さいので行方不明になりがちです。すぐに使えるよう、手に取りやすい場所にまとめておきましょう。

 
【ハンガー】

ハンガーがあると、寝袋を干すのに使えます。しっかり乾かしてから片づければ、家で干す手間を省けます。他にも、濡れた衣類を干したり、手拭き用のタオル掛けにしたり。キャンプ中は色々行方不明になりがちです。よく使うものなどは、ハンガーで吊るしておくのもおすすめです。

 
【マスキングテープや養生テープ】

テープはゴミ袋をとめておくのに便利です。地味ですが、毎回ゴミ袋を広げて捨てるのと、とめてあるものに捨てるのでは、使いやすさが格段に違います。テーブルなどに貼っても、跡が残りにくいのでマスキングテープや養生テープは使いやすいです。

 

しかし、ロープなどにつける場合は洗濯バサミの方が手軽かもしれません。テープは他にも、食べかけのお菓子の袋をとめたり、見えにくいロープの目印にしたりできます。テープを長めに切って、ロープを挟んで二つ折りにすると目印になります。

 
【手ぬぐい】

手ぬぐいはタオルよりコンパクトになるうえに、早く乾きます。家族の分のタオルを、お風呂用や汗拭き用として揃えるとかさばってしまいます。手や汗を拭くものは、手ぬぐいに変えてみるのもおすすめです。

 

 

持っていてよかった!キャンプが快適になるおすすめの持ち物

【汗拭きシート】

そんなに暑くないから大丈夫と思っていても、日差しの下でのテント設営は、思った以上に汗をかきます。着替えはもちろんですが、汗拭きシートがあるとさっぱりするのでおすすめです。

 

初心者のうちは夕食の準備や片づけに時間がかかってしまい、お風呂の時間に間に合わなかった…なんてこともあります。そんなときでも、汗拭きシートがあればさっぱりして寝ることができます。

 
【使い捨てカイロ】

冬のキャンプ以外でも、場所によっては昼と夜の寒暖差が激しいため、思った以上冷え込むことがあります。用意した長袖では薄すぎて寒い、なんてことは初心者のうちはよくあります。キャンプ道具に使い捨てカイロを常備しておくと安心です。

 
【使い捨て三角コーナー】

キャンプ場では三角コーナーが設置されていないことがあります。残飯をそのまま流してしまうと、詰まってしまい、洗い物がはかどりません。共有スペースなので、次に使う人のためにも詰まらせないように気を付けたいですね。

他には、テーブル用のコンパクトなゴミ箱としても使えます。

 

 

キャンプの虫対策、必要な持ち物と対策

暖かくなってくると、虫も活発に活動を始めます。キャンプを楽しむ方の多い、春から夏にかけては虫も活発です。キャンプを楽しむためにしっかりと対策して、楽しい思い出を作りましょう。

 
【香りで対策、虫が好きな香り、嫌いな香り】

虫が特定の人の周りを飛び回って、なかなか離れないのを目にしたことはありますか?虫には、好みの香りがあります。フローラル系の甘い香りを好む虫は多いです。キャンプに行くときには、避けた方がよいでしょう。

 

逆に虫が嫌う香りもあります。虫除けでも使われる、ハーブ系の香りです。ハッカ油が虫除けになるのは有名ですが、他にもラベンダーやレモングラスも虫が嫌いな香りです。

 

見落としがちな香りのチェックポイント

シャンプー

整髪料

化粧品

制汗剤

柔軟剤

 
【キャンプでは、虫除けも選びも重要】

キャンプ場には蚊の他にも、アブやブヨなど様々な虫がいます。虫除けを選ぶときは、どんな虫に効果があるのか確かめて選びましょう。普通の蚊取り線香の効能は、蚊の駆除です。

 

蚊には効果がありますが、他の虫には効果がありません。キャンプ場では『パワー森林香』という、防虫線香を合わせて使うと効果的です。

 

殺虫成分はありませんが、防虫効果の高いディートが使われています。林業や農業用に開発された、ロングセラー商品です。注意点は普通の蚊取り線香の受け皿では火が消えてしまうので、専用のケースか、宙に浮かせるタイプの受け皿が必要になります。

 

蚊やブヨは涼しくなってくると活発になります。日が落ちてきてきたら、長袖長ズボンを着用し、できるだけ肌の露出を控えましょう。日中でも草の茂った木陰などは、虫が潜んでいます。

 

茂みに入るときも肌を露出しないようにするのと、ムカデなど地面にいる虫の対策も必要です。サンダルではなく、靴と靴下を履いていきましょう。虫除けスプレーも忘れずに!

 

豆知識ですが、黒は虫が寄り付きやすい色なので、明るい色の服がおすすめです。

 

 
【おわりに】

キャンプ初心者は慣れていないので、色々と時間がかかります。日用品を上手に使うと、アイデア次第で便利になります。それを考えるのも楽しい時間ではないでしょうか。是非キャンプで楽しい思い出を作ってください。

おすすめ記事

BBQメニューはこれで決まり!事前準備のポイントも紹介

BBQといえばメニューが肝心。食材の調達や調理方法により、楽しみ方も多岐にわたります。しかし事前準備や素材の選び方がわからずに悩んではいませんか?今回はBBQを楽しむための準備や具体的なメニュー、自宅でのBBQにおける注意点を紹介します。

この記事を書いたのは


LIMIAからのお知らせ

楽天スーパーSALE半額!ポイント最大43倍✨
半額以下アイテムが約200万点!!
期間限定の大特価クーポンをはじめ、 お得いっぱいの150時間♡

  • 34
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Webマガジン Pacomaのテーマは「暮らしの冒険」「毎日の生活を楽チンにしながら、暮らしをもっと楽しんじゃおう!」というテーマで毎日記事を発信しています。

Webマガジン Pacomaさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード