【魔女の小瓶】妖精をボトルに閉じ込める魔法、公開します

海外のDIYサイトで流行っているフェアリーライト、ジャーのタイプ。難しいことはできないけれど、日本でも手軽に入手できる材料で、作ってみましたよ。

  • 34482
  • 577
  • 9
  • いいね
  • クリップ

身近なもので妖精を作ってみる!

とはいえ。
海外のDIYサイトで見たものは、ガーデン向きだからソーラーLEDライトだったり、防水仕様になってたりと結構大変そうな雰囲気でして。

うーん、なんとか身近なものだけで(できれば新たな材料を買い足さずに)できないもんかなーと考えた私の用意したものが、こちらです。

材料:
ージャムの空き瓶
ー木工用ボンド
ーセリアのつまみ
ーネイル用のグリッター(キラキラの粉です)
ー厚紙(カード的な厚さならなんでも)
ーマステ
ーLEDキャンドル(セリア)

道具:
ー筆
ー紙コップ
ーほーんの数滴の水
ープラスドライバー
ーキリ
ーペン
ーカッターとハサミ

以上の、どこにでもありそうな材料ばかりを使って、(魔法陣すらも使わずに)異次元ファンタジー空間から妖精さんを召喚して見たいと思いますっ!

どこのご家庭にもありそうなものばかり。

作り方:

1)ボンド

紙コップにボンドを出します。すこーし緩めになったかな、というくらいまで水を数滴入れて筆で扱いやすくなったらオッケー。水で伸ばしたボンドを、空き瓶の内側に塗ってゆきます。
万遍なく塗れたら大丈夫です、ムラがあっても乾きゃわかりませんから。

2)グリッター

塗ったら、グリッターを瓶の中にぶちまけます。
ここはもう、思い切っていきましょう! そして、蓋をしてシャカシャカポテトの要領でぐーるぐると回してあげれば良いのです。グリッターが瓶の内側に付着しますので、あとは蓋を開けて乾かしてください。

こんな感じ。ムラがあってもいいんです。
外側から見たらこんな感じ。ムラあるし色も偏ってますが気にしません。

3)妖精を切り抜く。

テキトーに厚紙に(ここはジャム瓶の高さにも合わせてくださいね)妖精らしきものを描きます。これを、ハサミもしくはカッターで切り抜いてゆくのですが、あんまり細かいところまで気にしなくても大丈夫です。
ライトアップされた時に、細かいところはかなりごまかしが効くのです。

テキトーでいいんです。絵が描けない!という方は、切り抜きとかから形をトレースしてもいいかなと思いますよ。

4)ジャムの蓋をデコる

蓋をデコってみるとより「魔女っぽさ」とか「魔法っぽさ」を演出できるかもしれません。
私は前回のジャム瓶デコと同じく、まずは蓋そのものをデコり(今回はマステで手抜きをしてます)蓋にキリで穴を開け、そこにセリアのつまみをドライバーで固定しました。たったこれだけなのですが、ガラス瓶が「何かの空き瓶」から別のものへと表情を変えるんですよね、不思議なものです。

5)妖精とLEDキャンドル

さあ、グリッターも乾いた、蓋もできた、となれば……あとは妖精を配置!そしてLEDキャンドルを入れるのみで完成でございますよ。
瓶の内側に切り取った妖精を配置し、LEDキャンドルのスイッチを入れて、瓶の中へそうっと入れて見てください。すると……

あら、妖精さん。いつの間にそんなところに?

囚われの妖精さん。

悪い魔女の魔法にかかってしまったのでしょうか。
妖精さんは小瓶の中に、閉じ込められてしまいました----

と、作る工程も全てを見ていたはずの娘(6歳)だったのですが、この完成した姿には何度も「早く出してあげたいよ、妖精さん……お家に帰りたいよ……」と瓶を開けております。
結構、このテキトーな作りの割にリアルにできました。

(何度も娘が開け閉めして、本物に変わっていないかと確認するためにグリッターが落ちそうになってはいますが……)

身近なもので、絵本の世界から素敵な景色を呼ぶことができますよ。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • 34482
  • 577
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

Hometalk(アメリカのDIYサイト)のTutorial Team(個別指導チーム)メンバー。こまどりや: 英語関連(英語講師、通訳・翻訳)と創作関連(イラ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード