子どもの急な嘔吐に即!対応できるセット

お子様が小さいと急に体調が悪くなり、嘔吐してしまう、、、ということありますよね。
そんな時にあわてずすぐに対応できるセットを作っておくと、いざという時安心です。

夜中に寝ていて、咳き込んだと思ったら急に吐き戻す。
息子はそういうことがたまにありました。

起きているときならすぐに洗面器やタオルを取りに行くことができます。
ですが自分も寝ていたときは、起きているときのようにすぐに対処することができない。

それを解消するためにこのセットを作ることを思いつきました。

セットにするもの

●吐くためのバケツ

あらかじめバケツにビニールを二重にしてセットしておきます。
破れないように、少し厚めのビニールがおすすめです。
そして底にキッチンペーパーを敷いて、吐しゃ物を染み込ませるようにしています。
なんとなくですが、そうしておいたほうが捨てやすいかなと思っています。
 

●ティッシュ

少なくなっていたら、忘れずに補充を。

●使い古しのタオル 数枚

吐しゃ物で汚れた子どもをふいたり、掃除に使います。
使ったタオルはそのまま捨てます。

●介護用防水シート(使い捨て)

また吐くかもしれないので、布団を汚さないために念のため敷いて寝かせます。

我が家では体調が悪いときは、この介護用シートを敷いておくことが多いです。
シーツなどの寝具はすでにセットしているものしかないので、汚れると替えがないのです。
なのでできるだけ汚さないようにするための工夫です。

もちろん予備のシートもこのセットのすぐそばに置いてあります。

置いておく場所は?

寝ている和室の押し入れの中です。
これもひとつ工夫をしていて、ふすまを全部開けてしまわないと取れないのではなく、少し開ければすぐに取れる場所に置いています。

この場所は主人はもちろん、娘にも教えています。
万が一、昼間の起きているときに必要になったときにも「とってきて~」と頼むとすぐに持ってきてもらえるように。


ちなみに我が家ではこのセットのことを「ゲボセット」と呼んでいます^^;

こんなふうに起こりうることのためにあらかじめ準備をしておくと安心ですね。
常には使わないけれど、いざという時にすぐに対処できればあわてずにすみますし、体調の悪い子どものケアも心に余裕をもってすることができます。

本当はここにビニール手袋や次亜塩素酸を置いておけばもっといいのかもしれませんが、寝ているところから目覚めてすぐに手袋をはめて、、、というのはどう想像してもできそうにないので、このセットには入れていません。
もちろん落ち着いたらすぐ取りにいける場所には準備をしていますよ。

お子さんが小さい方はぜひ参考になさってくださいね。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー