D.I.Y.のプロ集団!世界で『街を変えている』カッコイイ職人達

  • 4680
  • 37
  • 1
  • いいね
  • クリップ

世界には、いろんなスタイルで、そして自分たちの力で「街を変えている」カッコイイD.I.Y.集団がたくさんいます。『D.I.Y.』に特化して、電動工具を100年以上前から作り続けてきているブラック・アンド・デッカー。そんな新たなD.I.Y.ムーブメントやその活動に興味津々です! 今回は、そんなとってもワクワクする活動をご紹介します。

制限時間は72時間!公共スペースに奇跡を起こす、D.I.Y.プロ集団『72HUA』。

イスラエル発祥!制限時間を72時間に定め、世界各国から集まったDIYer (DIYをする人)が街を変えるプロジェクト「72 HOUR URBAN ACTION (セブンティツー・アワー・アーバン・アクション)」。オレンジ色のお揃いのオーバーオールで活動する彼らは、それぞれのクリエイティビティを発揮しD.I.Y.に取り組んでいるプロ集団。本格的な建築のプロから、組み立て家具を組み立てた経験しかない人まで、志願者にはいろいろな方がいるそうです。

発祥のイスラエルのほか、ロシア、モロッコ、アメリカ、韓国、イタリア、トルコ、ブルガリア、ドイツ…などなど多国籍なメンバーで構成される集団が、そのスキルを存分に発揮して、公共スペースに起こす奇跡の発端は、やはりその地域に暮らす人々の「市民の声」。現地のニーズに徹底的に応えるプロ意識があってこその活動で、さまざまな場所に「ミラクル」を起こしています。

作業進行中のこちらは、ビエンナーレ受賞のプロジェクト。※「ビエンナーレ」…2年に1回開かれる美術展覧会。イタリア語で「2年に一度」の意。

こちらが完成作品。

彼らの熱意やクリエイティビティに賛同し、活動を受け入れ、そして支援する「街」。その街に暮らす「人々」の心意気もとっても素敵です。「D.I.Y.」+「人」で、街が素敵に変わっていく様子、これからも目が離せません。

路上で収集したガラクタを再利用。世界中が大注目の若き6人の建築家・職人集団『cigue(シグー)』。

cigue(シグー)は、「自分たちは職人である」をモットーにフランス・パリを拠点に活動する建築家・職人集団。次々と使い捨てられる消費スタイルを嫌悪し、アップサイクリング(元あるものに価値を与える)な『モノ作り』を行っています。彼らが生み出す廃材や古いマテリアルを使った家具や建築が、今、世界中で注目を集めています。

作品「CARRIOLE モバイルキッチン」

『cigue(シグー)』が手がける作品には「手作り」や「再利用」など、意識の高い"美しさ"が溢れています。廃材のリサイクルや住宅のリノベーションで、新しく素敵なものを生み出すアイデアからは、たくさんのインスピレーションを受けること間違いナシ。「D.I.Y.ゴコロ」が大いにくすぐられてしまうはずです。

その活動には、ハイブランドも注目。こちらはフランスを代表するメゾン「Celine(セリーヌ)」のショールーム。

パリ郊外の古い倉庫を改装した『cigue(シグー)』のオフィス。資材置き場と作業場が付いた、現場感の溢れる雰囲気が新鮮です。

真似したいアイデアの宝庫、『cigue (シグー)』。見本帖のような彼らの作品の数々を、ぜひご覧になられてみてください。

世界中のワクワクするD.I.Y.活動に、これからもアンテナを張ってご紹介していけたらと思っています。みなさんも、素敵なD.I.Y.を~♪

  • 4680
  • 37
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード