話題の不動産投資RENOSY(リノシー)の評判・口コミは?メリット、注意点を解説

この記事では『RENOSY(リノシー)』の不動産投資サービスの評判や口コミ、メリットや注意点まで解説しています。RENOSYの不動産投資は物件を銀行からの借入金で購入し、入居者の家賃を返済に充てるシステム。早いうちから資産形成を考えている人に注目のサービスです。興味があっても、リスクや利回り、返済プランなど不安なことはたくさん。この記事を参考にして、RENOSYの不動産投資サービスのポイントを押さえていきましょう。

株式会社GA technologies
  • 980
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【結論】RENOSYは忙しくても投資ができる。条件が合えば検討がおすすめ

提供:株式会社GA technologies

RENOSY(リノシー)の不動産投資はローンを組んで不動産を購入し、家賃収入を返済に充てることで少ない負担で不動産投資を行う投資のシステムです。返済後には不動産資産と家賃収入が見込めます。

不動産購入に収入面の制限はありませんが、銀行からの資金を借り入れローンを組むには審査に通る必要があります。条件に合っていれば早くから資産を形成したい人は、検討してみる価値のあるサービスだといえます。

以下から、気になる口コミや特徴など詳しく投資内容を説明していきます。

RENOSYは儲からない?評判・口コミを調査

まずは、リノシーの不動産投資オーナーや面談を受けた人の口コミを調査。ネガティブなもの、ポジティブなものをそれぞれ紹介し解説していきます!

RENOSYのポジティブな評判・口コミ

続いてはポジティブな口コミについて紹介します。SNSやインターネットに投稿された口コミを調査した結果、以下のような内容が見られました。

  • アプリで常に情報連携ができる
  • マンツーマンでわかりやすく説明、質疑にこたえてくれる
  • 強引な営業がない

良い口コミの中では、リノシー独自のアプリが高評価でした。契約状況や収支、返済プランのシミュレーションを確認できる上、カスタマーサクセスチームや担当営業とも気軽にやりとりができる魅力的なサービスです。

RENOSYのネガティブな評判・口コミ

リノシーに関する口コミを調査した結果、以下のようなネガティブな内容が見られました。

  • 利回りがあまりよくないと感じた
  • 不動産投資に関するある程度の知識が必要

1つはサービス内容に関するもの。リノシーが提示する利回りでは魅力を感じなかったという意見も見られました。また、不動産投資に関してある程度知識がないと想定できるリスクや費用がわからず、判断が難しいと思った人も見受けられました

不動産投資とは?

不動産投資とは、購入した不動産を賃貸にしたり、売却したりして収益を得る投資のこと。家主として長期的な家賃収入を見込むことが可能になり、『じぶん年金』としての積み立てを考えることもできるでしょう。

多くの人は銀行からの融資を利用して投資を開始しますが、家賃収入を月々のローン返済に充てることが前提のため、負担を抑えて投資を開始できます。ローンを組むリスクがありますが、株やFXと比べると収入の見込みが立てやすいミドルリスク・ミドルリターンの投資です。

RENOSYの不動産投資サービスの特徴・メリット

リノシーのサービス特徴・メリットについて解説します。大きな特徴を4つに分けて簡単に説明しているので、他サービスとの比較にも役立ててくださいね。

AIを利用した不動産価値の評価・選定

提供:株式会社GA technologies

リノシーが紹介する不動産は都市部の中古マンションを中心に毎月5000件ピックアップし、AIを利用してふるいにかけて選出したものです。選出の条件は以下の通り。

  • 主要エリアまで電車で15分以内
  • 新耐震基準に準拠
  • 総戸数20戸以上
  • 最寄り駅徒歩10分以内※

そこからプロが物件のスペックだけではなく、過去の建物管理トラブルまで考慮して選びます。

※ 10分以上かかる物件でも、安定需要が見込める物件は紹介する場合があります。

賃貸管理はRENOSYが代行!プランも充実

提供:LIMIA編集部(参照元:RENOSY(リノシー) https://www.m-standard.co.jp/lease/plan/)

※2021年09月現在のプランです。プランの内容は予告なく変更する場合もございます

不動産の購入後も、原状復帰から入居者募集、クレーム対応(※)まで、リノシーがすべて代行してくれるので手間なく家賃収入を受け取ることが可能です。万が一家賃滞納者が出た場合は、リノシーがオーナーの負担額の軽減を行ってくれます。

そのため、普段会社員として忙しく働いていても不動産運用ができます。料金は物件やプランによって異なるため、契約の際に確認しましょう。

※賃貸管理業務の範囲内のクレーム対応のみ

入居者の有無に左右されないRENOSYマスタープラン

提供:株式会社GA technologies

“RENOSYマスタープラン”は、リノシーに物件を貸し出すことで一定の賃料が得られる(※1)プラン。入居者の有無に左右されないため、より安定した収入が見込みやすいです。また、備え付けられたエアコンや給湯設備などの故障・修理にもリノシーが対応(※2)してくれます。

※1 契約期間に従い家賃の見直しがある場合があります。また、借地借家法第32条の規定により家賃が減額となる場合があります。
※2 備え付け家電(洗濯機・床暖房・冷蔵庫など)、ユニットバス、トイレは除きます。

RENOSY専用アプリから運用・管理が可能

提供:株式会社GA technologies

入居者の情報や契約書の確認、月々の入出金状況などをアプリ“OWNR by RENOSY”から一括で確認できます。また、気になることがあった場合はアプリ内のチャットからカスタマーサクセスチームおよび担当営業と直通やりとりすることが可能。忙しい方でも問い合わせや状況確認が簡単です。

以下がアプリ1つですべて確認できます。

  • 物件の基本情報、入居者の情報、賃料、賃貸契約時の各種書類
  • 購入時の契約書類
  • 月々のキャッシュフロー
  • 確定申告支援ツール
  • チャットサポート
  • 新規おすすめ物件の確認
  • 限定おすすめ情報の配信
  • 資金計画シミュレーション

まだオーナーになっていなくても、サンプル物件でどのようなものか確認することができるので、興味のある人はダウンロードしてみましょう!

RENOSYなら不動産紹介の仲介手数料が0円

提供:株式会社GA technologies

基本的に、不動産紹介には契約金や手付金、事務手数料などのほかに仲介手数料が発生します。相場は物件の費用の3%のため、1400万円の物件を購入すれば50万円以上の手数料が発生します。

しかし、リノシーなら不動産紹介手数料は無料! コストを抑えて不動産を見つけることができます。

※ RENOSYで実際にあった取引をもとに作成されています。一部金融機関では諸費用のうち固定資産税の精算金と管理費の精算金はローンに含められません。

RENOSYの不動産サービスのリスク・デメリットは?

ここまでリノシーの魅力的な点について紹介しましたが、リスクもあわせてチェックしておきましょう。

ランニングコストがある

リノシーだけでなく、不動産投資は月々にかかる税金や管理費などがランニングコストに。物件のローン返済は家賃収入をあてることができますが、管理のための諸費用で完済前は月々マイナス収支になります。ある程度の貯蓄がある上で始めると安心です。

空室による収入減のリスク

空室期間は家賃収入が得られないため、支出がそのままオーナーの負担になってしまいます。そのため、空室期間が長期に渡ったり複数の空室が起こると、オーナーにとって大きなデメリットになります。

リノシーでは空室になる2カ月前から新規入居者の募集をかけ、準備をしてくれます。

短期での収益は期待できない

不動産投資は先述の通り、ローンを返済し長期的な不動産資産と家賃収入を得る投資。ローン完済後に家賃が全額入ってくる計画です。売却時も買い手が見つかるまでは待たなければならないので、すぐにお金が欲しい人には向いていません

RENOSYの不動産投資サービスの注意点

実際にリノシーで不動産投資を開始する前に知っておきたい注意点について紹介します。

年収・職業など一定の制限がある

リノシーの利用自体に制限はありません。ですが仕組み上、銀行からお金を借りてローンを組む必要があるため、銀行の審査に通る必要があります

銀行のローン審査では勤務先や雇用形態、年収、信用情報や健康状況までさまざまな調査項目があります。平均して1000万代~2000万円前後の不動産を取り扱うリノシー。元手が少なくても始められるのが利点ですが、収入や社会的信用などがある程度必要です。

初期費用が必要

不動産投資をはじめる際には物件にもよりますが、50〜100万円とある程度のまとまったお金が必要になります。

不動産登記費用や各種税金、ローンの手数料、不動産業者を介す際に発生する仲介手数料などの諸費用に加え手付金がかかるためです。

リノシーでは、物件紹介の仲介手数料がないことと、手付金が相場の約10分の1ほどの10~20万円となっています。さらに諸費用については、一部ローンに上乗せすることもできるため、一般的な不動産投資よりは少ない元手で投資を始められる可能性が高いです。

【キャンペーン】RENOSYの初回面談でamazonのギフト券3万円分がもらえる

提供:株式会社GA technologies

2021年10月31日までにリノシーの資料請求から初回の面談を受けるとAmazonギフト券5万円分がもらえるキャンペーンを実施中! 資料請求、面談は無料なので、まずは問い合わせてみましょう。

amazonギフト券がもらえない場合も!?条件をチェック

資料請求、初回面談でAmazonギフト券を受け取るには条件を満たしている必要があります。下記条件に当てはまってしまうと受け取ることができないので確認してみましょう。

  • キャンペーンお申込内容に不備・不正・虚偽・重複・いたずら、キャンセルなどがあった場合
  • 面談に応じなかった場合
  • 面談前及び面談中の質問事項にすべて回答しなかった場合
  • 不動産投資に興味がないなど明らかに特典目当ての場合
  • 融資を受けられない疾病がある場合

そのほかにも職業や収入など、条件が多数存在します。またキャンペーン申込後1週間以内に日程調整、60日以内に面談の実施が必要で、資料請求後にも条件があります。

自分がAmazonギフト券を受け取れるかどうか、ホームページからあらかじめチェックしてみてくださいね。

RENOSYを始めるには?手順を紹介

リノシーを始めるための手順を紹介します。手順はかなりシンプルです。

  1. 1.資料請求
  2. 2.面談
  3. 3.申し込み
  4. 4.契約

資料請求を申し込むと担当者から連絡が届くため、そこで面接の日取りを調節しましょう。その後プランや具体的な投資についての説明を受け、ローンや実際の物件の契約へと移行していきます。

基本的にはリノシーがサポート・案内をしてくれるので安心です。大きなお金が動き、自分の将来につながってくることなので「やめとけばよかった!」なんてことにならないよう、きちんと納得してから不動産投資に踏み切りましょう

RENOSY 会社概要

最後に、リノシーを運用する会社情報を以下にまとめました。

提供:株式会社GA technologies

<会社名>
株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

<役員>
代表取締役社長 CEO 樋口 龍 専務取締役執行役員 清水 雅史
取締役執行役員 樋口 大 取締役執行役員 藤原 義久
社外取締役 久夛良木 健

執行役員 COO 野口 真平 執行役員 CSO 飯田 修三 執行役員 CAIO 稲本 浩久
執行役員 CMO 田吹 洋 執行役員 CTO 遠藤 晃 執行役員 CCO 川村 佳央
執行役員 CFO 福冨 友哉 執行役員 CAO 松川 誠志 執行役員 CBO 吉村 拓

監査等委員取締役 常勤 中島 和人 社外 松葉 知久 社外 猿渡 裕子

顧問 五味 廣文 顧問 清水 修司


<所在地>
Headquarters(東京本社)
〒106-6290
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
Tel.03-6230-9180 Fax.03-6230-9181

Osaka Branch(大阪支社)
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 12F
Tel.06-7777-9310 Fax.06-6346-3340

Sapporo Sales Branch (札幌営業所)
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西5-1-1 桂和大通ビル38 5F
Tel.011-211-0869 Fax.011-211-0969

Yokohama Sales Branch(横浜営業所)
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸1-1-1 JR横浜タワー21F
Tel.045-595-9208 Fax.050-6865-3080


Nagoya Sales Branch(名古屋営業所)
〒451-6090
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー5F
Tel.052-990-9103 Fax.052-766-3318

Fukuoka Sales Branch(福岡営業所)
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡12F
Tel.092-791-9866 Fax.092-791-9908

<設立>
2013年3月12日

<事業内容>
PropTech(不動産テック)総合サービス「RENOSY」の運営(不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
AIを活用した不動産ビッグデータの研究
中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営


<資本金>
72億1436万916円(2021年8月末時点)

<免許登録>
宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9135号
建設業 東京都知事許可(特-3)第145636号
建設業 東京都知事許可(般-3)第145636号
一級建築士事務所 東京都知事 第61581号
マンション管理業 国土交通大臣(1)第034425号
小規模不動産特定共同事業者 東京都知事(1)第1号

まずは気軽にRENOSYの資料請求を!

資料請求は簡単なアンケートや住所・氏名を記入すれば完了し、資料もwebで確認できます。自分の情報から実際に不動産を運営したらどのような返済、収支プランになるかシミュレーションも見ることができますよ。

この記事を読んで興味が出てきた人は、まずは以下のURLから資料請求を申し込んでみてくださいね!

※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2021年9月)に基づいたものです。
※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2021年9月)に基づいたものです。

  • 980
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード