ガスコンロのこびりついた汚れは重曹で撃退!お掃除方法を実践紹介

キッチンのガスコンロは、日々お掃除しないと汚れがこびりついてしまいます。そんな頑固な汚れに、「重曹」を使ったお掃除方法を紹介! 五徳やバーナーキャップなど、普段手を抜きがちなパーツのお掃除を、すみずみまで実践しました。日頃あまり掃除をきちんとしていないという方は、一度スッキリきれいにしましょう。

  • 94838
  • 1118
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ガスコンロの汚れの種類

毎日の料理で、汚すことなくガスコンロを使うのは至難の技。調味料をこぼしてしまったり、沸かしていたお湯が吹きこぼれてしまったりと、日々汚れてしまいますよね。しばらく放置してしまうと、頑固にこびりついて落とすのが大変に......。

今回は、そんなこびりついてしまったガスコンロの汚れを、すみずみまできれいにする方法を紹介します。お掃除の前に、まずは汚れの種類を知ることが大切。どんな「汚れ」があるのかを見てみましょう。

食品汚れ

食品や調味料の汁がこぼれて汚れになります。付着してすぐなら、水拭きでサッと落とせるため、頑固な汚れになる前に掃除をしましょう。付着した汚れは時間がたつと、器具の変色や変質、さらにはこびりつきにもなります。

焦げつき

食品の吹きこぼれにより、煮汁や油が熱によって炭化したものです。こびりつきは、長時間放置したときによく見られます。こうなった場合は、ヘラなどを使ってこそげ落としたり、洗剤を染み込ませたりといった工夫が必要。なかなか落とせないこともあるので、できるだけ汚れを放置しないことが大切です。

油汚れ

調理のときに飛び散る油や油煙の汚れのこと。その都度、水拭きなどで対応すればすぐに落とせます。放置して油汚れが積み重なった状態は、「こびりつき」となってしまうので要注意です。

ガスコンロの汚れには「重曹」がおすすめ

●油汚れを落とすのに便利な「重曹」
ガスコンロの汚れを落とすのに便利なのが「重曹」です。ここ数年、合成洗剤を使わないナチュラルクリーニングが広く知られるようになり、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。お手頃価格で購入でき、人にも環境にやさしく、掃除のアイテムとして非常におすすめです。

●ナチュラル素材の「重曹」で汚れが落ちるの?
重曹は人体に無害な物質で、昔から食品添加物や医薬品として使用されてきました。別名「炭酸水素ナトリウム」といって、水に溶かすと弱アルカリ性を示します。アルカリ性が得意なことは、「酸性」の汚れを落とすこと。油汚れや手垢などがその代表例です。

また、熱すると二酸化炭素の泡が発生し、その泡の力でガンコな焦げを落とせるのです。汚れの性質をきちんと知れば、掃除の効率も大幅にアップしますよ。

お掃除前の注意と準備

それでは、実際に重曹を使ってガスコンロを掃除していきます。その前に、ガスコンロを掃除する上での注意点と準備するものを確認しましょう。

注意点

ガスコンロは、天板や五徳など付属品がたくさんあるので、掃除する際は必ず取扱説明書を確認し注意事項を守りましょう。以下は、どのコンロにも当てはまる注意点です。

必ず元栓を閉める
掃除中に誤って点火してしまうと、髪や衣服に燃え移る危険があります。

機器が冷え切っていることを確かめる
ついうっかり熱い五徳に触ると火傷してしまいます。注意してください。

使用する掃除道具

続いて掃除で使う道具はこちら。

・重曹
・スプレーボトル
・古布
・クッキングペーパー
・手袋
・歯ブラシ
・使用していない不要なカード(スクレーパーでも可)

重曹水の濃度は、水100mlに対し重曹を小さじ1の割合で溶かします。お掃除の前に作って、スプレーボトルに入れておきましょう。

ガスコンロのお掃除を実践紹介

ここからは、ガスコンロのお掃除を写真で実践紹介します。

【ガスコンロのお掃除1. 】バーナーキャップ

バーナーキャップは五徳を外した上で取り出さないと、細かい汚れを確認できません。そのため、忙しくて日常的な掃除ではなかなか手が回らない箇所です。

バーナーキャップの目詰まりなどを放っておくと、点火不良や不完全燃焼の原因となります。こまめに掃除することを心掛けましょう。

まずは、歯ブラシを使って裏面の目詰まりを取ります。細かい溝がたくさんあるので、歯ブラシを前後に動かして掃除しましょう。

次に、重曹水を古布に吹きかけます。

古布でしっかりバーナーキャップの表面を拭き取りましょう。

最後は水洗いして完了です。しっかり乾燥させてから、元の場所に戻します。

【ガスコンロのお掃除2. 】五徳

続いて五徳です。五徳とは鍋やフライパンなどの調理器具を置く台のこと。素材はホーローがほとんどですが、最近はステンレスのものも増えてきています。こちらは、昔からよく知られているホーロー製の五徳。

飛び散った油や吹きこぼれによるシミがついていますね。このような油汚れに重曹が効果を発揮します。

軽い汚れには重曹水スプレー

軽い汚れは、重曹水を直接五徳にスプレーし、スポンジで洗います。汚れが落ちたらしっかりと水洗いし、最後は乾拭きして乾かしましょう。

ひどい汚れには重曹のつけおき

「汚れがきれいに落ちない」という方は、汚れがついてずいぶん時間が経っているのかもしれません。スポンジで洗っても落ちない頑固な汚れには、「つけ置き」がおすすめです。

重曹水に長時間つけ置くことで汚れを緩ませ、固まっていた古い汚れを簡単に落とせます。温度は45℃に設定してお湯を張り、重曹を溶かし入れましょう。

30分以上つけ置きしたあと、汚れが緩んできたら五徳を取り出します。素材が傷つかないようカードなどで、汚れを削りましょう。細かい部分は歯ブラシを使って磨いてもよいでしょう。

汚れが落ちたら、しっかり水洗いしましょう。乾拭きして乾燥させれば完了です。

洗い流すと、たくさんの焦げが浮いていました。

【ガスコンロのお掃除3. 】トップレート(天板)

次は、ガスコンロ本体です。天板は五徳をセットするベースになる部分で、素材はガラス・フッ素加工・ホーローなどがあります。

素材によって掃除の仕方が異なるので、取扱説明書をよく読んで確認してください。こちらの天板は、ホーローがベースの「プラチナカラートップ」。

五徳同様、天板は油や食品汚れが多いです。天板自体が熱くなることはないので、火から離れた場所であればその都度布巾などでサッと拭き取るとよいでしょう。

カードを使った削り取りの方法

火に近い部分や忙しくてすぐに拭けないときは、汚れがこびりついてしまうこともあります。そんな場合におすすめなのが、カードを使った「削り取り」です。

まず、45℃のお湯をキッチンペーパーに含ませ汚れの上に置いておきます。

5分ほど経ったら、カードを前後に動かし、汚れを削り取ります。カードがない場合は、「スクレーパー」を使用するのもおすすめです。

【ポイント最大29倍 3月25日限定 要エントリー】4977292169646 ソフトGスクレーパー Y型 4977292169646
商品情報を楽天で見る

それでも取れない場合は、熱い濡れタオルなどを汚れの上にしばらく置いて、汚れを緩めます。汚れが取れたら、乾いた布で水気をしっかり拭き取りましょう。

なお、天板に対して直接洗剤をスプレーするのは避けてください。機器内部に洗剤が入り、作動不良を引き起こすことや、安全性を損なうおそれがあります。

【ガスコンロのお掃除4. 】魚焼きグリル

もっとも掃除しにくい場所のひとつである魚焼きグリル。魚を焼いたあと、受け皿や焼網は洗う方が多いかもしれませんが、グリルの庫内までしっかりと掃除できていますか?

庫内にも魚を焼いたときの脂やコゲなどの汚れが蓄積します。掃除が疎かだと、においが残りさらにやるべき掃除が増える結果に。使用するたびに掃除することが、簡単にきれいな状態を保つコツです。

受け皿や焼き網

グリルを使用したあとは、常に洗剤で洗いましょう。受け皿は汚れたまま使用すると、こびりついた脂汚れが発火するおそれがあります。また、焼網に汚れが残っていると、魚などの調理物がくっつきやすくなるので注意してください。

フッ素コーティングされている場合は、必ずスポンジや布などやわらかいもので洗いましょう。固いタワシなどの使用は、フッ素コートが傷む原因になります。

グリル扉や取っ手

やわらかい布などで汚れを拭き取るようにしましょう。放置したままにしておくと、写真のように焼き魚などの油と熱で茶色く変色してしまいます。

汚れがひどい場合は、キッチンペーパーに重曹水をつけて、扉部分に湿布のように貼りましょう。

30分経過したのち、スポンジでこすってみました。下半分は汚れが落ちましたが、しばらく掃除をサボっていたためすべてを落としきることはできませんでした。

グリル庫内

汚れてすぐの場合は、キッチンペーパーなどで水拭きすれば、たいていの汚れは落とせます。使用直後はとても熱いので、少し冷ましたり厚手の手袋を装着したりするなど、火傷には十分気を付けましょう。

庫内をまったく掃除していなかったため、水拭きだけでは汚れは落ちませんでした。そこで重曹水をキッチンペーパーに十分沁み込ませ、湿布のように貼り付け1時間ほど待ちます。

剥がしてみると、汚れが浮き出ているのがわかります。

古布などで、しっかり汚れを拭き取っていきます。布が届きにくい角などは、歯ブラシを使うと便利です。

汚れが長年蓄積しているせいか、すべての汚れをきれいに落とすことはできませんでした。やはり「汚れたらすぐ掃除!」が原則です。

【ガスコンロのお掃除5. 】排気カバー

排気カバーも日常のお手入れでは見逃しがちではないでしょうか。コンロが近いので料理するたびに油で汚れてしまいます。

カバーを取り外し、重曹水をスプレーしやわらかいスポンジなどで丁寧に洗いましょう。汚れがひどい場合は、五徳と同様しばらくお湯につけて、汚れを緩めてください。

カバーを外した内側の汚れは、重曹水を含ませたキッチンペーパーで汚れを拭き取ります。細かい部分は歯ブラシや綿棒などで磨きましょう。

排気口の中に、食べ物のカスが溜まっている場合もあるので、同時に取り除きましょう。
しっかり水気を拭き取って完了です。

実践結果!ガスコンロはここまできれいに

掃除を一通り終えたガスコンロがこちらです。ピカピカになりました! ここまで徹底して掃除をすると、気持ちがいいですね。一度きれいにしてしまえば、今後のお手入れも楽になります。

濡れたまま使用しないように、各パーツをきちんと乾かしてからセットしましょう。

食べ物を扱う場所であるガスコンロだからこそ、ナチュラルな重曹が使い勝手がよく、大活躍してくれます。ぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。

日頃からのこまめな掃除が難しい場合は?

日頃のこまめな掃除が大切だとわかっていても、忙しい毎日の中で掃除を後回しにしてしまうこともありますよね。そんなときは、業者さんにお掃除してもらうのもひとつの手。

家事代行サービス『CaSy(カジー)』では、ガスコンロの掃除はもちろん、水回り全般、お部屋のお掃除・お片づけまで依頼が可能。重点的に掃除してほしいところを伝えればリクエストに応えてお掃除してくれるので、「家事代行サービスを使ったことがないから不安……」という方も一度チェックしてみてくださいね。


※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行なってください。
※画像は全てイメージです。

  • 94838
  • 1118
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード