【やるなら今!】梅雨前にやっておきたい家事3つ その①洗濯編

梅雨に入る前の気候のよいこの時期に、やっておくとよい家事があります。今回は洗濯編ということでご紹介します。

  • 9469
  • 45
  • 0
  • いいね
  • クリップ

もうすぐ梅雨。6月になると徐々に梅雨入りする地域が出てきますよね。

そこで、梅雨の時期になる前のこの気候のよい今!やっておきたい家事をまとめてみました。

まずは『洗濯編』です。

大物・厚手の物の洗濯は今のうちに!

初夏のこの時期は大物・厚手のものを洗濯するのにもってこいの季節。真夏は真夏で洗濯物がすぐ乾いていいんですが、暑すぎて干すのが大変。この季節は、タイミング的にも冬物から春夏物に切り替わるときなので、ぜひ大物の洗濯をしておきましょう。

どんなものを洗濯しておくとよい?

家の中にはいろんな布製品がありますが、まず取り掛かっておきたいのはコートやアウターなどの衣類。

この時期、お客様のところに片づけ作業にお伺いすると、衣替えでこれから着る服は既に出してあるのだけれど、クリーニングや洗濯をしてからしまいたい冬服がそのままで、衣替えがなかなか終わらない、という状態に出会います。

少々めんどうではありますが、この時期を逃すと洗濯してもなかなか乾かなくなるので、是非今のうちに洗っておきましょう。

衣類のほかにはシーツやカバーなどの寝具も季節によって入れ替えしますし、カーペットなどもそう。クリーニングに出すものは今のうちに出してすっきりしておきましょう。この時期は、クリーニング屋さんでもアウターや寝具の割引キャンペーンをやっていたりしますから、お得にクリーニングできるかもしれませんよ。

あと、忘れがちなのが、カーテン。
洗濯可能なカーテンなら家で水洗いするとすっきりします。

カーテンは意外とほこりやにおいを吸っています。全然洗濯していない人は、洗濯してみると水の黒さにびっくりするかも!?

冬の間、窓の結露がひどかったりすると、レースカーテンにもカビが生えている場合があります。その時は酸素系漂白剤などを使って漂白してみて下さいね。ワントーン明るくなって部屋の空気が変わりますよ。

家で洗うときの注意点

上でご紹介したカーテンもそうなんですが、洗濯をするときは『洗えるかどうか』必ず洗濯タグを確認してくださいね!

私は以前はクリーニング派だったのですが、最近節約を兼ねて(笑)洗えるものは家で洗っています。皮脂汚れは水洗いのほうが落としやすいこともありますが、子どものユ○クロの服とかをクリーニングに出すと値段によっては買った方が早くない?みたいな値段だったりするんですよね・・・(^_^;)


洗濯はわが家は洗濯機のドライコースを使っています。なので洗い方は洗濯機まかせですが、干すときは必ず平干しです。

こんな感じで平干ししています。室内で乾かすので、下からサーキュレーターを当てて早く乾かします。

ちなみにこの物干しラックはIKEAのもの。

使わないときはこんな感じでコンパクトにたためます。

おわりに

いかがでしたか?

四季のある日本では、その季節に合った家事があります。

梅雨前の、気候のよい季節は絶好の洗濯チャンス。普段やる家事とは違って、この手の家事は取り掛かるまで腰が重いですが(苦笑)、他の季節にやるよりは断然楽なんですよ。

  • 9469
  • 45
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東京・神奈川を中心に、一般家庭向けにオーガナイズ(整理収納)サービスを提供しています。また、日本ライフオーガナイザー協会の認定講師として、ライフオーガナイザーの…

おすすめのアイデア

話題のキーワード