簡単!失敗なし!?バルコニーから花火をきれいに撮る方法

スマホでも、もっときれいに撮れる! 日本の夏と言えば、何といっても花火です。全国各地で花火大会が催されますが、ご自宅のマンションバルコニーから花火が見られる、なんて方も多いのではないでしょうか。花火を眺めながら、プライベートなバルコニーでちょっとしたおつまみとビール……最高の贅沢ですね。そんなバルコニーからの眺め、できれば写真に残したいもの。一眼レフは持っていないし、スマホからだとなかなかうまく撮れないな、とお悩みの方に、バルコニーから花火の写真を撮る際のちょっとしたコツを伝授します。

  • 304
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

■ 大事なのは「ブレない」こと

提供:積水化学工業株式会社

夜の暗い中で写真を撮るため、花火写真はどうしてもブレがちです。そこで、三脚は必須アイテム

人がたくさんいる花火会場で三脚を立てるのは大変ですが、自宅のバルコニーなら卓上サイズの小さい三脚をテーブルの上に置くだけでもきちんと固定されます。三脚を使うのは、写真がブレないよう固定されることが目的

三脚がなくても、テーブルやプランターなどバルコニーにある高さのある家具などにスマホを置いて撮影することで、ブレを低減させることができます。

■ 「暗め」の設定がポイント

提供:積水化学工業株式会社

撮影時には、カメラの設定をできるだけ暗めにしておくとよいでしょう。夜なので明るくするべき? 思うかもしれませんが、レンズに必要以上の光が入ってしまうと白飛びして花火の模様がきれいに映りません。もしISOが設定できる場合は100程度に。

iPhoneの場合はピントを合わせたい場所をタップすると光の調整バーが現れるので、それをぐっと下げて暗めに設定します。もちろん、フラッシュも厳禁! オフになっているか、あらかじめ確認を

■ とにかく撮る! 画像確認は後にして。

提供:積水化学工業株式会社

それだけ準備ができたら、あとは花火のタイミングに合わせてとにかくパシャパシャ!一発で狙い通りのカットを撮るのは難しいもの。何枚かトライして、ベストショットを後から探すとよいですよ。シャッターを押す際には、固定したカメラが動かないように気を付けてください。

また、最近のスマートフォンは動画もハイクオリティなので、固定したカメラで動画撮影してもよいでしょう。動画から静止画を切り出すアプリなどもありますので、そうしたツールを駆使するのも手!

提供:積水化学工業株式会社

写真が残っていると、後から見返したときにその場の雰囲気まで思い出すことができ本当にうれしいもの。一方で気を付けたいのが、花火の写真を撮ることに必死になりすぎて、ライブの迫力を見逃してしまうことです。撮った写真の確認は後回しにして、一瞬しかない美しい時間を、ぜひ心の目にも焼き付けてくださいね。

提供:積水化学工業株式会社


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 304
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

クレガーレさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード