狭い洗面所にオススメ!カゴじゃない、わが家の洗濯カゴ

狭い洗面所の場合、その中に置くものは最小限にしたいですよね。
中でも場所をとるのが、大きな洗濯カゴ。

あると便利だけど、置く場所がない。
洗濯の時には使うけど、他の時は邪魔になる。
そんなお悩みないですか?

わが家で使っている洗濯カゴは、「カゴ」ではありません。
使う時だけ出して、使わない時はコンパクト化。
とても便利です。

洗濯カゴは「カゴ」じゃなきゃ、という思い込みを外してみました。

  • 25724
  • 57
  • 2
  • いいね
  • クリップ

わが家の洗濯カゴはコレ!

わが家で使っている洗濯カゴは、「カゴ」ではありません。
こちらの「TARP BAG」という商品です。
このバッグ、パッケージに「for LAUNDRY BAG」とあるように、防水仕様で丈夫に出来ています。

わが家も以前は一般的な洗濯カゴを使っていました。
しかし、洗濯物を干す時以外使わない割には場所を取り、他に洗面所に置いておきたいものが置けない状態でした。

そこで、たまたま目についたこの商品を試しに使ったところ、使わない時にコンパクトになるというところがわが家にピッタリでした。

広げると自立

このTARP BAG、写真のように広げると自立します。
これまでは、カゴを床に置いて洗濯機から取り出した衣類を入れていました。

カゴの代わりにバッグを使っても、自立するタイプなので問題なく使えます。
さらに、バッグには持ち手がついているので、洗濯物を運ぶ時も便利です。

使わない時はコンパクト

使わない時は、このようにパッケージを利用してコンパクトに収納しています。
元々ついていた折り目に沿ってパタパタとたたみ、バーに引っ掛けて置いたパッケージに差し込むだけです。
一見面倒なようですが、慣れるとそうでもありません。

このように、洗濯カゴをコンパクトなものにすると、洗面所がスッキリして使いやすくなりました。

何を優先させるのか?

いかがでしょうか、わが家の「カゴ」ではない洗濯カゴ。

でも、これは何を優先させるかによって、使いやすい商品かどうかは違います。

わが家の場合は本当に狭い洗面所なので、カゴをコンパクト化してスペースを広げることを優先しました。
カゴがポンと置いてあるだけの方が、使う時には格段に使いやすいです。
しかし洗面所は、私が洗濯物を干す時に使う時間より、他のことに使っている時間の方が圧倒的に長いのです。
そこで、洗面所を使う度にストレスを感じているよりも、たたむ手間をかけてでもスペースを広げることを優先したのです。

みなさまのお宅の洗面所は、何を優先したいですか?
そのことを考えて、使うものや収納用品を選びたいですね。

  • 25724
  • 57
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

私は「片づけられない女」から「ライフオーガナイザー」になりました。 子どもの頃からお片づけがとっっても苦手で、 そのまま「片づけられない女」へと成長し、 部屋の…

おすすめのアイデア

話題のキーワード