習い事バッグにも”片づけの仕組み”を?!継続には根性よりも「思ったときにすぐ行ける!」の環境が必要!

ジム、ヨガ、お料理教室、モノづくり…子育てがひと段落したら、子供と一緒にと何かと憧れる習い事。
はじめたはいいけど続かない…という方もいるのでは。
そんな時に「あ~、続ける根性がないのよね」と思うこともあるかもしれませんが意外と大事なのは続けるための”仕組み”かもしれません。

  • 8527
  • 25
  • 0
  • いいね
  • クリップ

習い事をはじめました!

去年の末から健康のためジムに通うことになりました。
健康のためなので(去年入院したので)ストイックにするのではなく”続ける”ことが目的です!

そんな中続けるためには、片づけの仕組みつくりと似ているところがあるなと感じたのです。

用意はひとまず1パターンにする

ジムに必要なものはすべて1つのバックにまとめてクローゼットに置いてあります。

ジムに行って洗濯をして乾いて畳んだら、クローゼットの引き出しではなくバッグへしまう。
クローゼットにもどこにもジムグッズスペースはありません。
ジムグッズはバッグに収まる1パターンのみです。

なので、毎回同じウェアということになりますが、そこは気にせず(笑)
「今日ジムいけるかも?」と出発間際に思ったとしても何も考えずバッグを持っていけばジムに行けるという状態にしています。

ウェアやシューズ以外に絶対必要なものは?

ひとまとめにするときに気を付けたいのがウェアやシューズ以外にも必要なものがあるということ。

例えば、私の場合、会員証は入る時・出る時の両方で必要になり
戻ってくるけれど、靴箱と更衣室のロッカーのために100円玉が2枚必要です。

なので、バッグの小さなサイドポケットに会員証と200円を入れてあります。


こうしておくと、到着時…
車で到着→車のカギをサイドポケットにしまう時に100円玉を出す→靴をしまう→靴のロッカーの鍵をサイドポケットにしまうときに会員証を出す→会員証をしまうときに100円玉を出す→着替え。

「100円、100円」と探す手間もないし、スムーズ。
しかも、鍵もいつもサイドポケットという習慣になるので「鍵、鍵」と探すこともないです。

これを単独で鍵はここのポケット、100円はこっちのポケットとすると、習慣にしたいことが1つにまとまらず習慣にならないんですよね(笑)
習慣にしたいことはぎゅっと1つの流れにしてしまうのが一番です!

+αで楽しみを作るとさらに”続ける”に繋がる

さらに、私はいつもバッグに”美ポーチ”を入れています。

ジムでお風呂に入り、髪を乾かす時間。
パックをしながら髪にもトリートメントをしっかりつけて乾かします。
家では子どもがいるのでバタバタとパックをすることなんてなし!!

健康のためだけでもなく自分へのご褒美タイムにもなると思えばさらにモチベーションも上がります。

何かを続けたいとき・習慣にしたいときは、そのことを思い立ったときにすぐに取り掛かれる仕組みと
自分ならではのモチベーションの上げ方を見つけられるといいですね。

根性・気合いでは続かないお年頃でもあるので(笑)大事です!

  • 8527
  • 25
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

9月27日初著書発売!『男の子がひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)家族の“できる”が広がるやさしい収納□□□□□□□□□□□□□住宅メーカー勤務を経…

おすすめのアイデア

話題のキーワード