茂木健一郎氏、タトゥーのNG化に異議 「意味のない禁止は全廃しませんか?」

脳科学者の茂木健一郎氏が、1日に自身の公式ツイッターを相次いで更新。日本で“NG扱い”されるタトゥーに関しての持論を述べ、「意味のないタトゥー禁止は全廃しませんか?」と提起した。■五輪を機に問題提起茂木氏は「ぼくは、以前から、タトゥーに対する日本社会の偏見は正当化できないと考えています」と、以前から感じていたという見解を表明。「東京オリンピック で海外の選手にタトゥーをされている方がたくさんいると...

  • 6
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

脳科学者の

氏が、1日に自身の公式ツイッターを相次いで更新。日本で“NG扱い”されるタトゥーに関しての持論を述べ、「意味のないタトゥー禁止は全廃しませんか?」と提起した。

■五輪を機に問題提起

茂木氏は「ぼくは、以前から、タトゥーに対する日本社会の偏見は正当化できないと考えています」と、以前から感じていたという見解を表明。

「東京オリンピック で海外の選手にタトゥーをされている方がたくさんいるということを認知された方は多いでしょう」と開催中の五輪も絡めつつ、「この際、温泉やプールでの、意味のないタトゥー禁止は全廃しませんか?」と提起する。

■軽蔑まで表明

理由については、続くツイートで「日本の歴史、文化的背景において、タトゥーをされている方々の一部に特定の傾向があったことは、海外から来た方には全く関係ありません」と指摘。

「温泉やプールで『タトゥーお断り』という張り紙を見る度に、私は、そのマネジメント、及びそこに苦情を寄せられているだろう人々に対して軽蔑の意をいだきます」と続け、軽蔑まで口にしている。

■寄せられる意見はさまざま

タトゥーへの理解を求めた茂木氏だが、自身については「なお、私自身は、タトゥーをしていませんし、これからもする予定はありません」と否定。

一連のツイートには、「よそはよそうちはうち」「日本はそういう古い価値観から脱却できない」「根本的に、タトゥー=反社会というイメージが強いからですよね」などとさまざまな声が寄せられている。

■女性と高齢世代ほどタトゥーに忌避感?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,880名を対象に調査を行なったところ、「刺青やタトゥーに恐怖感を覚える」と回答したのは全体の45.6%。

性年代別に見ると、女性と高齢世代が特に忌避感を抱いていることがわかる。一方で、最も低いのは20代女性という結果も現れている。

過半数を下回ったとはいえ、半数近くがネガティブな印象を抱いているタトゥー。茂木氏が指摘するように、未だ社会では許容されていないのかもしれない。


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

月間1500万ユーザーが読むニュースサイトしらべぇの公式アカウント。 8万人を超える調査パネルを元にしたデータや独自取材で、 世の中の話題や気になるニュースを報…

sirabeeさんの他のアイデア

おすすめのアイデア

話題のキーワード