生活感のない洗面スペースを作るには、見せる、隠すをバランス良く

理想のすっきりした生活感のない洗面スペースを作るには、見せる、隠す
をうまく使い分ける事がポイントになります。いくつかのポイントを
ご紹介します。

家族だけではなく、家に遊びに来た友人やお客様も使うことの多い洗面スペースは
なるべく生活感をなくしたいですよね。
そうは言っても家族のモノを収めておかなければならない家の洗面台ではなかなか難しいところですが
少しでも生活感のない洗面スペースを実現するべく、生活感の出る歯磨き粉や
化粧水などは隠す収納に徹しています。

鏡裏の収納棚を活用する

洗面台の鏡は裏が扉になっていて、開けると棚があります。

この中に出しっぱなしにしておくと生活感の出るモノを
収納しています。

出しっぱなしにするものは機能的でデザインの良いモノを

鏡裏の扉に必要だけれど出しっぱなしにしたくないモノを収めて
扉を閉めた状態です。

ハンドソープとハンドクリームは香りとボトルのデザインが大好きな
イソップを使っています。シンプルでシックなボトルデザインは
洗面台の良いアクセントになっています。

以前購入したキットが入っていた黒い缶は
石鹸のストックや試供品などを収納しています。1つこうしたモノ入れが
あると洗面台がすっきりと保てます。

ティッシュボックスは真っ白なセラミックのモノを。アルコールスプレーは
レストランのオープンキッチンで使われているというデザインの良い
アルコールスプレーを置いています。

洗面台に見せたいモノだけを置いて、あとは隠す収納を徹底すると
生活感のない洗面スペースを作ることができます。すぐにモノが
溢れがちな場所ですが、いつも気持ちよく使えるよう心掛けていきたいです。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト