庭づくり?観葉植物?今は水耕栽培でしょ!全自動制御のすごい新作

冬でもガーデニングを楽しみたい!という方におすすめしたい、室内専用の水耕栽培器「Plantui」。コンピューター制御でほとんど手のかからない新感覚のグリーン関連ツールのフェアが六本木のリビング・モティーフで開催中(2月7日まで)。フェア期間中には、収穫したばかりのハーブを使ったオープンサンドを試食できる実演会も開催されます。

2月7日まで開催。スタイリッシュな水耕栽培器「Plantui」フェア

日照時間の短い国、北欧のフィンランド。この地で開発された室内専用の水耕栽培器が日本に上陸。冬でもガーデニングを楽しみたい! 庭がないけれど摘みたてのハーブを味わいたい! といった方にぴったりの新商品だ。

六本木にあるインテリアショップ「リビング・モティーフ」では、水耕栽培器のフェアを2月7日まで開催している。実際に、ショップ内でハーブを育てて、食べてしまおう、というフェア。コンピューターで給水も光の調整もすべて自動で行うという水耕栽培ツール。一体どんなものなのだろうか?

プラントカプセルをセットするだけ。光も水も自動制御!

室内専用の水耕栽培器「Plantui 6 Smart Garden」は、冬が長く、日照時間も短いフィンランドだからこそ生まれたアイテム。使い方は簡単。本体に、専用のプラントカプセルをセットするだけ。あとは、コンピュータ制御によって給水やLEDライトの照射を行うという新感覚のガーデニングツール。植物栽培に関する特別な知識や技術がなくても、季節を問わずハーブや食用花を育てることができるのだ。

キットには、それぞれ3つの種子入りプラントカプセルと、栽培に最適に配合された栄養剤が入っている。本体には最大6つのPlantui Plant Capsules(別売り)をセットすることが可能。

カプセルの種類は、バジルなどのハーブ、ルッコラなどの葉物野菜や今、注目を集めているエディブルフラワー(食用花)まで全24種類。成長が早いグリーンなら、セットしてから約3〜5週間で収穫できるそう。

農薬は使わず、外気に触れることもないので、収穫した野菜は、摘んだ直後にそのまま調理してOK! 我が家で育てた新鮮なハーブや野菜が食べられる、ロハスでウェルネスなアイテムなのだ。

加えて、セットアップ時に本体のボウルに3Lの水と栄養剤を入れるだけで、3〜4週間は全く水やりの必要がない。LEDライトが青色に点滅したら給水のタイミング。定期的に水を循環させるため、水が腐ったり、根腐れを心配もないそう。

もし、植物の葉や茎が成長し始めてきたら、付属のハイトブロックを立てて高さ調節をしよう。グリーンの成長に応じてLEDライトの色や強さ、水の供給のタイミングを自動的に調整するという、手のかからなさ!

これらの充実した機能に加え、北欧インテリアらしい、シンプルなデザインも魅力。丸みを帯びた形状がキュート。場所を選ばずに設置することができ、家のどんな場所でも植物を育てる楽しさが感じられる。

通常、ホワイトのみの取扱いのところ、2月7日までのフェア期間中はレッド・グレーの色も展開。日本に上陸して間もないPlantuiを全色チェックできる。さらに、実演会も開催。いち早く最新グリーンツールを試したい人は、リビング・モティーフに急いで!

【商品概要】
Plantui 6 Smart Garden 
¥51,840

φ29×H21〜37㎝ (ハイトブロック使用時)
重さ/2.6kg
照明方式/LEDライト18灯

※Plantui Plant Capsules 各¥1,512

【イベント概要】

◆Plantuiフェア

期間/1月13日(水)〜2月7日(日) 
場所/リビング・モティーフ
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル B1F, 1F, 2F

電話/ 03-3587-2784
時間/11:00〜19:00
休日/なし


◆実演会

場所/リビング・モティーフ 1F
日程/1月24日(日)、2月7日(日) 13時〜16時
時間/13:00〜16:00

Plantuiで育ったハーブを収穫し、オープンサンドで試すことのできる実演会を開催。Plantuiのある生活を疑似体験できる。

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー