「オーガニックとは?」を簡単にレクチャー!有機や無農薬とは違う?認証される条件は?

オーガニックとは、簡単に言うと天然や自然の肥料を使った栽培方法です。今回は、むずかしく混同しやすい有機や無農薬との違い、オーガニック認証される条件、オーガニック食品の種類などを、分かりやすく簡単にレクチャーしていきます。さらに、オーガニックの成分を扱った化粧品ブランド、無印良品で買えるオーガニックコットン製品の特徴も紹介しますので、最後まで要チェックですよ♪

  • 2142
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

オーガニックとは?簡単に言うと天然や自然の肥料を使った栽培方法

提供:LIMIA編集部
  • 化学的に合成された農薬や肥料を使用しない
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

オーガニックとは、上記のような決まりを守り植物や野菜を育てること。食用や鑑賞用、加工品などの生産業に用いられる栽培方法です。

生ごみや落ち葉などの有機物(生命体)を発酵させ、自然の肥料として再活用。環境への負担を減らしながら土に栄養を与え、植物、野菜などが自然にいきいきと育ちやすくなるように利用。野菜には特に、本来の甘さや味わいが期待できるメリットがあります。

オーガニックとは同じ意味?有機栽培や有機農業とは一緒?無農薬との違いは?

提供:LIMIA編集部

ここからは、オーガニックと混同しやすい「有機栽培」「有機農業」「無農薬」について紹介していきます。

オーガニックとは同じ意味を持つ有機栽培と有機農業

  • オーガニックは日本語だと有機栽培(農業)に言い換えられる

実は、「有機栽培」と「有機農業」はオーガニックを日本語に言い換えただけ。先述した、オーガニックの意味と違いはありません。しかし、栽培と農業には下記のような意味と目的があり、生産する対象に違いが。

  • 栽培:植物や野菜などを育て収穫し利用する
  • 農業:植物の栽培や、動物を飼養し畜産物にする

ですが、基本的には有機(オーガニックの)肥料で植物や野菜、動物を育て生産しています。そういったことから、同じ意味として使われることが多いです。

オーガニックとは違う意味を持つ無農薬

  • 栽培している期間は農薬(殺虫剤、除草剤など)を使用しない
  • 栽培前の土づくりの段階では農薬を使用している場合もある
  • 栽培している期間、ほかの田畑から農薬が飛散してくる場合もある

「無農薬」とは、栽培している期間中に農薬を使わないことを指します。しかし、無農薬と表示されながら、栽培前の土づくりでの使用や、栽培期間中に近くの田畑から農薬が飛散してくる場合があることも。

そういったことから、誤解させないように現在では無農薬の表示が禁止に。その代わり、農薬を使用していない農作物には「農薬:栽培期間中不使用」の表示が、よしとされています。

オーガニック商品には認証が必須!食品は3種類にだけ付けられる

提供:LIMIA編集部

食品でオーガニック(有機)商品と名乗るには、平成12年に日本でスタートした『有機JASマーク』の表示が必須。過去に偽物の有機商品が出回ったことから、消費者を混乱させないようにするのが目的です。

雲(雨)が植物を育むようなイメージでデザインされた、有機JASマーク。このやさしい中にも、生産過程での強い信頼を感じられるマークを付けられる食品は、JAS規格をクリアした3種類のみ!

ここからは、そんな3つの食品の種類とルールについて説明していきます。

オーガニック認証される食品1.有機農産物

  • 栽培前の土(2年間)と栽培期間中に、化学的に合成された農薬や肥料を使っていない
  • 周辺から使用禁止の資材が流入しないように対策(柵の設置)する
  • 遺伝子組み換え技術を使用しない

「有機農産物」とは、おもに上記の決まりを守り田畑で生産された作物(野菜や果物など)のことを指します。また、使用禁止資材とは有機JASが決めている、農薬や肥料などのこと。以前は禁止されていたものでも、改正により使用が認められるケースもあります。

オーガニック認証される食品2.有機畜産物

  • 有機飼料を餌として与える
  • 動物用の薬剤に頼らない
  • 組み換えDNA技術を用いて繁殖させない
  • 行動を制限するなどのストレスを与えず飼育する

「有機畜産物」とは、おもに上記の決まりを守られて飼育された家畜や家きん(肉や卵を利用するために飼われる鶏)のことです。有機牛や有機卵などが当てはまります。

オーガニック認証される食品3.有機加工食品

  • 水と食塩を除いた原料の95%が、有機農産物や有機畜産物である
  • 化学的に合成した食品添加物を避ける

「有機加工食品」とは、上記の決まりを守って加工された食品のことを指します。有機栽培の青汁や有機栽培されたリンゴのジュース、有機納豆などが当てはまります。

オーガニックとはコスメ(化粧品)の成分にも利用されている

ヴェレダ
ワイルドローズ モイスチャーローション
4,180円(税込)
内容量
100ml
分類
化粧水

オーガニックは、コスメ(化粧品)の成分にも利用されています。コスメブランドの『WELEDA(ヴェレダ)』は、成分の原料の栽培から製品になるまでオーガニックにこだわりを持っているとして有名。

オーガニック化粧品の、厳しい基準を維持する目的として設立された『NATRUE(ネイトゥルー)』からの認証も受けています。

人気の化粧水『ワイルドローズ モイスチャーローション』は、オーガニック成分のモスカータバラ葉エキスを配合し、美容液のようにこっくりした使い心地が特徴。ほかにも、乳液やアイクリーム、美容液などのスキンケア商品が揃っています♪

無印でも買えるオーガニックコットン製品の特徴

  • オーガニックコットン:栽培や加工の工程で化学に頼らずつくられた綿

オーガニックコットンとは、栽培や加工の過程で化学の力に頼らずに作られた綿のこと。身近なブランドの無印良品では、オーガニックコットン生地のシーツや枕カバーなどのリネン製品を販売しています。

シーツには、やわらかく肌馴染みがよくなる洗いざらしの加工を。枕カバーは、ガーゼを3層に織り空気を含み、ふっくらとするような生地に仕上げています。

また、無印にはリネン製品だけではなく、思考の整理収納塾 田川瑞枝さんが紹介している厚さが選べるタオルも存在。手軽に買いやすい無印良品のオーガニックコットン製品を、暮らしに取り入れてみるのもグッドですよ♪

オーガニック商品を取り入れて自然のありがたさを感じよう!

提供:LIMIA編集部

自然や天然の肥料をもとに野菜や植物、牛などの農産物を育てる方法と加工品の意味を持つオーガニック。化学の力に頼らず育った食材は、本来の甘味やおいしさを感じやすくなります

オーガニックの野菜や果物を食べたことがない方は1度、普段の食事に取り入れてみると◎。口に入れた瞬間、自然に感謝したくなるはずですよ♪

※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2021年7月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。

  • 2142
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード